ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

NEWSに決定!24時間テレビ 7年前はどうだったの?

   

NEWSファンには朗報!毎年ジャニーズの誰かが選ばれる傾向があるが、今年の24時間テレビのパーソナリティはNEWSに決定した。毎年ジャニーズが選ばれるが。そして彼らにとっては2009年に続きこれで2度目の起用である。実に7年ぶりである。ここで2009年時のNEWSがどのような様子だったのか、復習しておこう。

Sponsored Link

賛否両論、意見分かれる

もちろんNEWSファンならひいき目で高評価を与えただろう。しかし批評もそれなりに多かった。結構叩かれたりしたのだ。例えば、24時間テレビと聞いて、やはり視聴者が求めるのは、「愛」「感動」「平和」「勇気」だったりする。この24時間テレビも愛は地球を救うとメッセージを送っているのだから。しかし当時は「今回の24時間テレビは、感動が無かった」という残念な評価を下す人がいたわけだ。視聴者が求める「感動」をNEWSは与えていなかった、ということになる。NEWSのxxが態度が悪かった、やる気が感じられない、と言った割と主観的な意見もあったが、これは本当に個人の好き嫌いの範囲である。しかし24時間テレビの視聴者が一番求めているものを十分に与えることができなかったのは、NEWSにとって大きな失態だったかもしれない。

もちろんNEWSは頑張った

24時間テレビ

2009年に起用が決まったときは、もちろんこの歴史ある番組のパーソナリティを務めるということで、NEWSはNEWSなりに頑張った。それはきっとみんなが認めるところだろう。番組を盛り上げるため、自身のサイトに一生懸命アピールしていたのだ。パーソナリティに決まった喜びも書いていた。とても名誉あることはNEWSはもちろん知っていた。2009年の24時間テレビのベッキーとのコマーシャルを見ても、NEWSがこの仕事にかける意気込みが伝わってくるではないか。歴史ある番組である。プレッシャーもあったと思う。その中で初挑戦だったNEWSは、NEWSに頑張ったという、肯定的な評価も、また多かったのだ。

 

最後に

個人的には当時のNEWSは頑張ったと思う。そして2度目となる今年、経験を積んだNEWSがどうのようにパーソナリティを務めるのか、楽しみである。

 - 芸能・文化