ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

フラノデリスの新作スイーツに大泉洋も絶賛!【嵐にしやがれ】

   

北海道物産展と言えば、今回の「嵐にしやがれの」ゲストの大泉洋さんと人気を2分するものですよね。
年間1000万人が訪れ、100億円規模だそうです。北海道は遠いですが、そこまで行かなくても気軽に北海道の味をを楽しめるのが、北海道物産展のいいところ。
たくさんのおいしい物が紹介されましたが、その中でもスイーツ、伝説の洋菓子名店「フラノデリス」をここで取り上げたいと思います。

Sponsored Link

この「フラノデリス」とは日本で初めて牛乳瓶詰めのプリン「ふらの牛乳プリン」(315円)を作った洋菓子店です。北海道物産展ではこのプリン1000個を28分で完売させたとう、伝説の商品なのです。

そして来週から池袋で行われる北海道物産展に、「フラノデリス」の新作が並ぶそうです。軽く焼いたシュー生地に北海道産のカスタードクリームを乗せ、またシュー生地を乗せて、その上にパルメザン、マスカポーネ、クリームチーズ、フロマージュブランの4種類を使ったクリームを乗せ、トップにシュー生地を乗せてできあがり。上から、シュー生地、クリーム、シュー生地、クリーム、シュー生地です。

その名も「雪どけチーズシューミルフィーユ」(1296円)です。

たった300個の販売なので、物産展に行っても買えるか買えないか、分かりませんね。もっとたくさん用意すればいいのに、と思いましたが、クリームを使用しているので量産させないのかもしれませんね。早く食べてしまわないといけない生物ですから。

番組では、大泉洋さんが試食し、

「おいし〜〜〜〜い!」

と右手を上げてガッツポーズをとりながら、雄叫びをあげていました。
「パイのさくさく感とクリームの甘さのバランスが、甘過ぎず、甘さなさ過ぎず」と、甘さがちょうどいいことを絶賛していましたよ。
値段を見て、シューケーキで一個1296円?と思いましたが、直径12センチくらい、高さも5〜6センチはありそうな、ボリュームのあるもので、番組内でもデカっ!と口を揃えていました。
それを豪快に手づかみで食べていた大泉洋さん。羨ましいですね。

「フラノデリス」は北海道富良野市にある、2001年に開店した洋菓子店です。番組で紹介されたプリンの他にも、フロマージュ、チーズケーキ、マドレーヌなど、どれも地元の恵みをたっぷり使ったスイーツを販売しています。

そんな北海道の恵みを、北海道まで行くことなく(北海道遠いですから)味わえる北海道物産展は、やはり行くに限りますよね。

 - 芸能・文化