ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

同性愛ゲイとばらした【LINE画像】一橋大訴えられる

   

一橋大学ロースクールの男子学生Aくんが、同性の同級生に告白したところ、AくんがゲイであることをLINEで他の同級生に暴露し、それを苦に自殺した事件で、Aくんの両親がこの同級生と一橋大学を相手に裁判を起こしました。

その同級生がAくんは同性愛者であることをばらしたLINEの画像を見ると、胸が痛みます。

Aくんはなぜ自殺したのか、この同級生の責任はいかなるものか、考えてみたいと思います。

Sponsored Link

Aくん、同性の同級生に告白する

一橋大学ロースクールに通う、当時25歳の男子学生だったAくんは、2015年4月3日に仲の良かった同性の同級生Zくんに、付き合いたいとLINEで告白しました。しかし「付き合うことはできないけど、これからも友達でいよう」という、相手を振るときの定番文句が返ってきました。Aくんは、Zくんに振られてしまったわけです。

振られた後でもAくんは、それまでと変わらず明るく振る舞っていましたが、それから2ヶ月後、ZくんがAくんは同性愛者であることを周囲にばらしたのです。

↓ ↓ ↓
2015年6月24日のLINEです。

Zくん「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのムリだ。ごめん」

Aくん「たとえそうだとして何かある?笑」

Aくん「これ憲法同性愛者の人権くるんじゃね笑」

このLINEには同級生9人が参加していたそうで、9人の同級生の前でゲイであることを暴露されたとき、そしてZくんに返信をするAくんの気持ちを考えると、胸が痛みます。

Aくんの言葉の最後に”笑”が入っていますが、人は強いストレスを感じたとき、スマイルになります。そうすることでストレスを逃がそうとしているのでしょう。もしAくんが大勢の前でばらされて、怒っていることをあらわにしたら、結果は違っていたのかもしれません。

暴露された後、Aくんは精神的に不安定になり、吐き気や動悸などのパニック発作を起こしたりして心療内科に通院するようになりました。

自殺と提訴

2015年8月24日に、一橋大学ロースクールでは「模擬裁判」が行われ、ここでもAくんを起こしてしまい、午前10時ごろ保険センターへ連れていかれました。しかしAくん本人の希望で午後2時頃授業へ戻りました。そして約1時間後、Aくんは校舎の5階から転落して亡くなりました。

Aくんは亡くなる前に、Zくんを訴えたいと言っていたそうで、Aくんの遺族はZくんと対応を怠った一橋大学を提訴、300万円の損害賠償を求めています。

Aくんはの遺族が裁判を起こしたのは、もちろんお金ではないことは明かです。

大学は何も詳しい説明はしてくれず、全く誠意が見られなかったとか。まあ、大学とか、そういう大きな組織がたいした説明もせず、自分たちの対応は間違っていなかったと主張するのは予想できたことです。だいたい組織なんてそんなもんですから。

Zくん側の主張は、

「恋愛感情をうち明けられて困惑した側として、アウティングするしか逃れる方法はなく、正当な行為だった」

アウティングとは、他人によって自分が同性愛者だとばらされることです。自分でばらすことはカミングアウトと言います。

Zくんは、アウティングするしかなかったと、自分のしたことを正当化してる!人ひとりを自殺においやった自分の行動を正当化してる!

あのLINEを見る限り、決して困惑してた、どうしていいのか自分の中で迷ってた、なんて感じられないと思います。どちらかというと、面白半分、こんな面白いこと黙っておくなんて、と噂話を広める奴のように見えるのは、私だけでしょうか。このZくん、こんなことも黙っておけないで、弁護士になったとき、どうやって依頼主の秘密を守るというのでしょうか。

しかし一番腹が立つのは、Zくんを含む同級生の態度で、「司法試験で忙しいので」と責任逃れをするばかりで、遺族の元に連絡は無いそうです。もしかしたら模擬ではなく、実際の裁判&法廷デビューができるのに。

Sponsored Link

Aくんはの自殺理由、こんなに偏見が根強かったんだ

この事件を通じて、まだまだ日本では同性愛に対する偏見って根強いんだなということを痛感しました。

私は学生時代、同性愛者の学生が主催するクラブに何度か参加したことがあり、同性愛者に対する理解を深め、偏見をなくす活動を見ました。自分が専攻していた学部の特質から、同性愛者なんて一杯いましたから、突然同性の人から付き合ってと言われたからといって、困惑することないですし、アウティングすることもないです。

同棲から告白されたら、Zくんのようにアウティングするしかないくらい、そんな困惑するようなことなんでしょうかね。

Aくんは、ゲイだとばらされて、社会からの偏見を受けることを非常に恐れていました。自殺するほど、偏見が怖かった。もし、社会が同性愛に理解あったら、Aくんは自殺することはなかったのかもしれません。

最後に

裁判の結果はどうなるんでしょうか。気になるので、ちょくちょく調べていきたいと思います。

以上、同性愛とばされたLINE画像と、ばらした同級生と一橋大学が訴えられる、という話題でした。

 - 社会・経済