ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

上沼恵美子をバカにしたフォークシンガー歌手は誰?上沼・高田のクギズケ

   

12月25日放送の「上沼・高田のクギズケ!」で、司会の上沼恵美子さんが、あるフォークシンガー歌手にバカにされた過去を告白。

それが一体誰なのか、気になります。

関西の大御所上沼恵美子さんに暴言を吐くなんて、余程勇気があるのか、単なる無知なのか。

今回は、上沼恵美子さんをバカにしたフォークシンガー歌手が誰なのか、検証します。

Sponsored Link

上沼恵美子さん、バカにされる

「上沼・高田のクギズケ!」で、上沼恵美子さんは自身が毎年コンサートを開いていることを持ちかけました。

事実上沼恵美子さんは、大阪市北区中之島に所在する文化施設、フェスティバルホールで年に3回、コンサートを開いています。

ちなみに今年2016年は、7月4日(月)から7月6日(水)の3日間開催されました。

フェスティバルホールは、その構造から、非常に芸術性の高い演奏会ができて、まるでヨーロッパのシアターのような雰囲気です。観客収容人数は3000人で、そんな素晴らしいフェスティバルホールで上沼恵美子さんはコンサートを開いているのですね。歌っていてきっと気持ちがいいでしょうね。

さて番組では、

「年に一回、3日間コンサートをやらしてもらっている。君たち(番組のゲストたち)は知らないと思うけど。超満員です。
3日間やっても、1万人しか入らない。それを応募はたくさん来る。」

コンサートへの応募は多数で、これについては上沼恵美子さんはとても嬉しいそうですが、泥酔したフォークシンガーが上沼恵美子さんに向かって、

「はっ、歌手でもないくせに、単なるしゃべりのおばはんやないか。なんや偉そうに」

と、何も偉そうにしていない上沼恵美子さんに突っかかってきたそう。そしてそれを側で聞いていたアーティストは、すぐにそのフォークシンガーをつまみ出したとか。

しかしそんな経験は、上沼恵美子さんにとってはバネになり、

「みとけ。じゃあまたやってやろう」

と思うそうです。あんなことを言われて、家で琴でも弾いていようとくすぶるか、またコンサートやってやろうと思うか。そこがやはり、成功するか、大物になれるかの分かれ道なんでしょうね。

ひどいことを言われても、そこで悔しいと思い、それをバネにできるからこそ、関西芸能界の女王であることができるんでしょうね。さすが上沼恵美子さんです。

上沼恵美子さんをバカにしたのは誰?

さて気になるのは、やはり上沼恵美子さんをバカにしたという、フォークシンガーが誰なのか、ということです。

上沼恵美子さんが「上沼・高田のクギズケ!」で、このバカにされた経験を話しているとき、もう一人の司会者高田順次さんが、そのフォークシンガーは誰か尋きましたが、スルーされてしまいました。

大阪市でコンサートを開いている上沼恵美子さん。さらに泥酔していたとはいえ、上沼恵美子さんに暴言を吐くくらいですから、それなりにキャリアはあるのではないかと。確かに番組でも、上沼恵美子さんは、そのフォークシンガーにバカにされたからといって、決して腹が立ったとか、激怒した、とは言っていませんでした。まあ、近くにいた別のアーティストが、そのフォークシンガー歌手を連れ出したので、ケンカにならなかったのもありますが。

そしてもう一つ、これは男性ではないかと思います。なぜなら、上沼恵美子さんと同年代の女性なら、決して上沼恵美子さんを「おばはん」とは言わないと思いますし、かと言って若い世代の女性が上沼恵美子さんにそんな暴言を吐くとは思えません。それから女性が本業意外で活躍して、偉そうにしていると暴言を吐くのは、おそらく男性でしょう。

このことから分かることは、

関西を拠点とし、それなりに名が知られていたり、キャリアがあり、年齢も40代50代以上の男性のフォークシンガー歌手

ということではないかと予想します。

さてあなたは、上沼恵美子さんをバカにしたフォークシンガーは誰だと思いますか?

最後に

たとえ泥酔していたとしても、お酒の力を借りて、誰かに暴言を吐くようなことは、私は決してしません。後のことを考えたら、怖くてできません。

私は関西出身ではないですが、関西の芸人さんて、みんながみんな知っているようなとても濃い人間関係のように思うんですが、それが本当なら、このフォークシンガー歌手は、上沼恵美子さんをバカにして、その後どうしいるのか、気になりました。

以上、上沼恵美子さんに暴言吐いたフォークシンガー歌手は誰?という話題でした。

 - 芸能・文化