ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

川谷絵音弱音ツイッター炎上?俺不器用言えないことツイート

      2016/10/05

ゲス川谷絵音が18日夜、弱音ツイートを立て続けにツイッターにアップ。その内容が「俺不器用」「気持ち伝えるの下手」「言いたくても言えないこと」などととても意味深なんです。

ベッキーの不倫騒動や最近の一般女性との熱愛など、何かと話題が尽きないゲス川谷絵音のtwitterは、度々炎上の的となりがちですが、今回の弱音ツイートについても、既にネットでは批判の嵐。炎上の一歩手前か?という状態です。

川谷絵音の胸中吐露?の弱音ツイートと、ネットの反応をまとめました。

Sponsored Link

ゲス川谷絵音のツイッター

9月18日の夜、ゲス川谷絵音が自身のツイッターで弱音ツイートを次々に投稿。

普通のツイートがいくつか続いた後、

indigo la Endとゲスの極み乙女。で何やりたいんだろ俺、とかたまに考えるけど、結局このメンバーと一緒に音楽やりたいんだよなって思った。それだけ。

から始まって、川谷絵音はとっても感傷的になったのか、自分に酔ったような内容のツイートが続きます。

ここ何年か音楽しかやってないし自分が音楽に飲み込まれそうで怖かった。(略)1年前と今じゃ音楽の捉え方も違う。これからずっと変わってくと思う。

俺は普段誰にも吐き出さないし相談もしない方なんだけど今日は何かみんなに吐き出したくなった。聞いて欲しかった。そういう日もあるよね。全く尊敬に値しない人間かもしれないけど俺の音楽を聴いてくれてるみんなには全力で音楽を浴びせ続けるから。ゲスの次のアルバムは俺らの音楽が全て詰まってる。

俺の音楽が好きだって言ってもらえるのがたまらなく嬉しい。逆の言葉なんてたくさんある。でも1000の心ない言葉があっても、1好きな気持ち伝えられたら俺は嬉しい。音楽は俺の人生だから。(略)

俺不器用だしさ。気持ち伝えるのも下手なんだわ。次のゲスのアルバムに全部詰まってるから。あと3本MV公開するから。(略)俺らの本気見せるわ。

言いたくても言えないことたくさんあったわ。本当に。全部音楽にしたよ。(略)

ちょっと暴走しているようにも見えます。すっかり自分に酔っているような。

なぜ弱音ツイート?理由は?

ベッキーとの不倫騒動や最近の新しい一般人女性の恋人で叩かれ、さらにちょっと感傷的な(自分に酔った)内容のツイートをすると、これまた叩かれ。さすがに自業自得といえど、川谷絵音も弱音になっているのでしょうか。

個人的には川谷絵音への同情は全く無いのですがね。

まあ、人ってどんなに自分に非があっても、他人のせいにしがちだしですよね。不倫騒動ではベッキーだけじゃなく、自分だって大変だったんだ。実際そのことが収まった後でも、別のことでも批難されてしまうし。なんて勝手に川谷絵音の頭の中では自分は被害者だったとなっているのでしょうか。

以前川谷絵音はツイッターで、

「後悔とか嫉妬みたいな負の感情は背負い込む前に嘘にしちゃって、正の感情は本当のままにすればいい」

とつぶやいていました。

これも大変反感を買ってしまいましたね。このツイートは明らかにベッキーに向けたものですが、何だか自分勝手な内容だなと思ったのは、私だけではないと思います。負の部分にきちんと目を向けることなく、無かったことにしてしまう川谷絵音の態度はちょっと社会人としては無責任では?

今回の弱音ツイートも、このときと同じだと思います。早い話、特に意味はない。

炎上か?ネットの反応

ネットではとても厳しい声が目立ちます。やはりみんなが川谷絵音に対して思うことは同じですよね。

「不器用な奴が不倫なんかできるか!」

「逆にやる事はしっかりやって逃げ足も早いが。」

「この人の自分に酔ってる感じただただ嫌いです。」

「不器用だったら妻子持ちが、ベッキーを実家に連れていったりしません!」

「全く尊敬に値しないかも。 かも? 少しでも尊敬される可能性があると思っているのか?」

「「言いたいことを言えない」のではなく「言うべきことを言わずに逃げ回った」」

「自分も被害者だと思ってるんでしょう。」

厳しい意見が続きます。

こんな男にふらりしてしまう女っているんですね。悲しい、情けない。

最後に

何をしても何を発言しても、批判の的、そして炎上してしまう人っていますよね。川谷絵音もその一人なのでしょう。

それでもツイートを続けているのは、川谷絵音の根性は座っているのか?音楽で食べていくためにと割り切っているのか?と勘ぐってしまいました。

以上、ゲス川谷絵音の弱音ツイッターが炎上?「俺不器用」「気持ち伝えるの下手」「言いたくても言えないこと」「尊敬に値しないかも」などと意味深ツイート、という話題でした。

 - 芸能・文化