ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

小室哲哉骨折でkeikoと同じ病室だった!徹子の部屋で明かす

   

12月13日放送の「徹子の部屋」に出演した小室哲哉さんが、妻KEIKOさんの現状を明かすと共に、自身が今年3月に右足を骨折したときの様子を話しました。

入院した先は、KEIKOさんがくも膜下出血で入院した同じ病院、しかも同じ病室だったということで、ちょと信じられません。KEIKOさんの現在の病状が、「段々良くなってきている」と本人が話しているとはいえ、自分が大病を患い入院した同じ病室へ行ったKEIKOさんの気持ちを考えると、ちょっと怖くなりました。

Sponsored Link

小室哲哉が骨折

「徹子の部屋」に出演した小室哲哉さん。すっかり毒が抜けて、穏やかな表情だったので、一瞬これが小室哲哉さんなの?と目を疑ってしまいました。あの髪方だけは同じだったので、ちょっとほっとしました。

小室哲哉さんは今年3月に友人らとレストランで集まったとき、トイレへ行こうと立ち上がった際に右足首辺りを骨折したとか。

生まれて初めての骨折で、何が起こったか分からず、2ヶ所も同時に骨折したとか。

右足が「ぶらんぶらん」状態だったと本人談。

友人におぶってもらってその場を退散し、病院へ行ったそうです。

2ヶ月半ほど入院し、現在は右足にボルトが入っている状態なんだとか。

リハビリに励む小室哲哉さんのVTRが「徹子の部屋」で流され、松葉杖を使って一歩一歩慎重に歩く姿の小室哲哉さんは、ちょっと痛々しい感じがしました。

実は私も右足を骨折したことがあるので、とても人ごととは思えず、大変だったリハビリを思い出しました。全治3ヶ月半でしたが、その内リハビリ期間は1ヶ月半でした。

幸い私の場合はボルトは入っていませんが、小室哲哉さんの場合はボルトのお陰で普通に歩くことができるのでしょう。

「徹子の部屋」では現在も痛みがあるとか不自由があるとか、後遺症のようなことは一切話していませんでしたから、おそらく完治しているのでしょうね。

私の場合は気候によって、今でも何となく骨折した部分に違和感を持つことがあります。

同じ病院病室だった

「徹子の部屋」で小室哲哉さんが右足を骨折したと聞いて、大変だったんだなくらいしか思いませんでしたが、その後の話に耳を疑ってしまいました。

小室哲哉さんが骨折で入院した病院が妻KEIKOさんがくも膜下出血で入院したときと、同じ病院だった・・・、までは理解できますが、なんと病室までも同じだったのです。

信じられません。

現在の病状は「段々良くなっている」とKEIKOさん本人の肉声で、現状を話していましたが、あと1時間手当てが遅かったら脳梗塞になっていただろうと言われたほどだったんですよ。

とか人生とか絶望とか希望とか、そういった様々な思いや体験を乗り越えた場所。それがその病室で、もちろんできれば2度と体験したくないでしょう。誰だって経験したくないです。ある意味トラウマとなっていること。思い出したくもない。

そんな所にわざわざ小室哲哉さんを入院させて、そうなれば妻としてはお見舞いに行かざるをえませんから、KEIKOさんに辛い体験を再現させようとでもしたのかと、疑ってしまいました。

病室の空きがそこしかなかったわけではないでしょうから、なぜそんな酷いことをしたのかなと、不思議でたまりませんし、一体誰が何の目的でそんなことしたのだろうと、病室を決めた人の人格を疑いました。

KEIKOさんは2度ほどお見舞いに来たそうですが、病室ではそわそわした様子で、早々と退散したそうです。さっさと帰ってしまうのは、当然ですよね。

最後に

「徹子の部屋」でたっぷり小室哲哉さんの話を聞くことができたので、とても満足な30分でした。

KEIKOさんの現状など、あんな突っ込んだ質問に答えさせるところ、黒柳徹子さんだからこそですよね。

以上、小室哲哉骨折で入院した病院は、KEIKOと同じ病室だった、という話題でした。

 - 芸能・文化