ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

東山むつき[画像]真島ヒロトレースパクリは妄想?twitter大炎上

   

漫画家の東山むつき(とうじまむつき)さんが、菅野文さんや真島ヒロさんが自身の作品を無断でトレース(透写)したと、ツイッターで主張しています。

東山むつきさんが示す、トレパクされたとする画像を見ると、そう見えないこともないような。

しかし東山むつきさんのトレパク抗議のツイートには、「妄想に過ぎない」「精神を病んでいる」などのリツイートが。

実は東山むつきさん、以前にも自身の作品「炎人」でトラブルを起こしているのです。

トレパク疑惑画像と共に、東山むつきさんの抗議のツイッターから、検証してみました。

Sponsored Link

東山むつきって誰?

東山むつきさんの名前を、今回のトレパク騒動で初めて知った、という方も多いのでは?

確かに知名度は真島ヒロさんの方が、東山むつきさんより上だと思います。

東山むつきさんは1975年1月23日生まれ、神奈川県横須賀市出身の少女漫画家です。

東山むつきさんの代表作と言えば、「炎人」で、月刊「ミステリーボニータ」にて連載されました。2001年に単行本第1巻が発売され、全12巻の作品です。

物語は、精神科医・煌が、肉体的・精神的な病を抱える人々の身体に触れることにより、「潜水(ダイブ)」してその病を治療していくという内容です。

この「炎人」において、東山むつきさんは一悶着起こしているんです。

「炎人」の続編「炎人 UNDERWORLD」での最終回を、誌上で掲載させず、最終巻コミックの販売も断ったんです。

理由は「ミステリーボニータ」の発行元、秋田書店とのトラブルで、何でも編集長が変わり編集部の体制が変わってから、自分の作品は編集部からも担当者からもバカにされてきたとか。

しかもアシスタントである姪っ子のヒッキーに、「炎人 UNDERWORLD」の最終回の原稿は盗まれ、ヒッキーが勝手に編集者へ持ち込んだようですが、東山むつきさんは、もし勝手に掲載したら命を断つとまで秋田書店に話したそうです。

自分の作品をバカにした秋田書店に、最終回を掲載させない、という東山むつきさんの漫画家としての気持ちは理解できますが、ここまでドロドロなトラブルを見ると、同情を超えて正直引いてしまいます・・・。

真島ヒロのトレースパクリ疑惑画像

東山むつきさんが今回抗議している内容は、真島ヒロさんが無断でトレースしたというもの。

「真島さんがお描きになったキャラクターと東山が描いた双子の多門と嘉門のフェイスライン、キレイに一致します。 ネックライン(首)は描きやすい位置にズラしてトレースしてるだけです。 目は、東山が描いた多門&嘉門の目を描きやすい大きさに広げて描いたんです。 アイライン、上下一致します。」

またトレースチェックに関しては、

「ちなみコレ、刀剣乱舞アンソロジーに参加した作家の一人。 刀剣乱舞、東山むつき作品のトレース画わんさかでたぞ。 トレースチェック済みだから、そのうち宣戦布告すんな。 お楽しみに(о´∀`о)」

完全一致したと東山むつきさんは主張していますが、専門家から見たら、やはりそうなのでしょうか。

また東山むつきさんのツイッターには、真島ヒロさん自身を抗議するようなツイートも見られます。

「真島ヒロさんは何も言わずにパクッたりしないってトンチンカンなリプくれた子。 真島さんってパクるよって予告してからパクる人なんスか?」

菅野文さんの作品については、

トレース・・・、本当なのでしょうか。

東山むつきの妄想?ツイッターは炎上

真島ヒロさんのトレースパクリ疑惑について、東山むつきさんのツイッターに批判のツイートが多く見られます。

おそらく「炎人」でのトラブルもあって、東山むつきさんの抗議は妄想だとするコメントもあります。

また炎上商法だ、売名行為だと批判する声も。

「東山さんは、真島ヒロさんの画像の使用許可でも頂いてるんですか???漫画家が無断転載とかいいんでしょうか?」

「でも貴方の漫画 他人に意識される程売れてませんよね」

「貴女は今集団盗作されているという妄想に囚われています おそらくそれは精神的な病から来ています」

「あなたの絵をトレースするメリットがあるとは私には思えません」

精神を病んでいる・・・、という説まで飛び出して、「炎人」の時のように、今回のトレパク騒動もまた泥沼化するのでしょうか。

最後に

さほど知名度のないアーティストや作家の作品を盗作することは、ないこともないと思います。

それにしても東山むつきさんのトレース主張が本当だとするなら、大物人気漫画家訴訟となったりするのでしょうか。

以上、東山むつきがツイッターで真島ヒロのトレースパクリをツイート、これって本当?それとも単なる妄想?という話題でした。

 - 芸能・文化