西野カナ紅白2016では「dear bride」なぜレコ大受賞曲と違う?

   

今年のレコード大賞2016を受賞した西野カナさんが、今年もNHK紅白歌合戦に出場しますが、そこで歌う曲は「dear bride」です。

レコ大受賞曲は「あなたの好きなところ」で、レコード大賞の発表後、ステージで熱唱していましたが、紅白ではなぜ「dear bride」と違う曲なのでしょうか。

理由はやはり西野カナさんの人気度、レコード大賞の裏事情と関係があるのでしょうか。

Sponsored Link

誰も知らない「あなたの好きなところ」

12月30日に発表された、今年のレコード大賞2016で、大賞を受賞したのは西野カナさんで、受賞曲「あなたの好きなところ」をステージで喜びと共に熱唱していました。

西野カナさんのレコ大大賞受賞は、実に女性ソロシンガーとして11年ぶり、平成生まれのソロシンガーとしては初という快挙という話題付きでしたね。

しかしながら、今年西野カナさんがそんなに話題になったか?と言えばかなり疑問です。

「あなたの好きなところ」は、今年4月に発売された西野カナさんの28枚目のシングルです。7月13日発売されたアルバム「Just LOVE」にも収録されています。

大塚食品「ビタミン炭酸MATCH」CMソングのタイアップもあり、十分話題になるための、ヒットするためのお膳立てはできていました。

しかしながら実際は、オリコンチャートでは2016年4月度月間18位というちょっと寂しい結果に。

しかも、年間売上チャートでは、アルバム「Just LOVE」は13位でしたが、シングル「あなたの好きなところ」は100位圏外・・・。

ダウンロード配信大手「レコチョク」によると、年間ダウンロードランキンは31位だったとか。

これでレコード大賞の審査基準である、

大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る

に満たしていると言えるのでしょうか。

実際ネットでも、西野カナさんの大賞受賞に疑問を持っている人は多く、受賞曲「あなたの好きなところ」について

「レコード大賞の曲、全然知らない。。。」

「この歌よく知らないし」

という反応が。

「あなたの好きなところ」って、そんなに流行ったっけ?しかも「大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映」しているかどうかといえば、答えはノーでしょう。

それでもなぜ西野カナさんが受賞したのか、理由は、
↓ ↓ ↓
「レコード大賞2016なぜ西野カナが受賞?AAAがとれない理由とは」

紅白の曲は「dear bride」の理由

7年連続出場となる今年の紅白では、西野カナさんはレコード大賞受賞曲ではなく、10月に発売された「dear bride」を歌いました。

衣装もかわいく、郷ひろみさんとのツーショットも、紅白ならでは。

「dear bride」は、フジテレビ『めざましテレビ』テーマソングに起用されていて、朝の曲として私の中では認知しています。

「dear bride」が「あなたの好きなところ」より話題性が高く、売上も凄かった、というわけではありませんが、最新の曲を紅白で歌うことによって、話題性を得ることもできるでしょう。

確かに、「大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品」であるはずのレコード大賞受賞曲を、2016年を代表する曲として、紅白でも歌うべきでしょう。

そういった意見も、ネットでは見られました。

しかし、誰も知らないレコード大賞受賞曲を歌うのって、やはりちょっと恥ずかしい気もします。

それなら一層、最新の歌を歌った方が、「dear bride」の売上につながるかも。

あともう一つ、これは私個人の意見ですが、NHK紅白で西野カナさんが全く違う曲を歌うことで、NHKとしてはレコード大賞の買収疑惑とは、全く無関係であることをアピールしたかったのかな、とも。NHK紅白に、事務所の力は全くおよんでいませんと。

あくまでも憶測ですが。

最後に

レコード大賞受賞曲を紅白で歌わないとなると、レコード大賞の価値って、想像よりよほど下がっているのかな、と深読みしてしまいました。

以上、西野カナが紅白2016では「dear bride」を熱唱、レコード大賞受賞曲ではなかった理由とは?についてでした

 - 芸能・文化