ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

NHK紅白2016紅組優勝理由は?ガッキーが可愛かったのが勝因?

   

NHK紅白歌合戦2016が終了し、紅組が2年連続31回目の優勝しました。

さてこの紅組の勝因は、ガッキーこと新垣結衣が可愛かったことが理由でしょうか。

ガッキーだけでなく、宇多田ひかり、菅原小春のダンス、高橋真梨子、大竹しのぶなど、紅白関連でトレンド入りした出場者の名前は、ほとんどが紅組でした。

今回は、NHK紅白歌合戦2016でなぜ紅組が優勝したのか、勝利の理由を検証します。

Sponsored Link

紅組優勝はガッキーが可愛かったから?

今年話題をさらった恋ダンス。

その発信元であるガッキー本人が、NHK紅白歌合戦2016でダンスをちょっとだけ披露。

星野源が『恋』を歌っているとき、カメラがガッキーを捉えて、その際に新垣結衣が恋ダンスを座ったまま、手だけ動かし、歌に合わせて踊っていました。

ステージに登ることはせずに、座ったまま、控えめに恋ダンスをして、その控えめさがまた可愛い。

ネットではすぐに話題になり。

「原画あったら欲しいです!」

「幸せ」

との反響が。

ガッキーは審査員としての紅白出演でしたが、出演アーティストより、ずっと話題をさらっていましたね。

ガッキーが必ずしも紅組に投票したわけではないと思いますが、こんなに話題性のある人が女性であることは、やはり紅組に有利に動いたことでしょう。

菅原小春のダンス

坂本冬美が「夜桜お七」を歌っている後ろで、バックダンサーとして踊っていたのは、世界的ダンサー菅原小春でした。

しかも演出は、蜷川実花だったというから、豪華きわまりありせん。

ネットでは、これが今夜一番のメインではないか、と言われるくらい、豪華でした。

さらに宇多田ひかりのロンドン中継、松田聖子のYOSHIKIとのピアのコラボ。

また大竹しのぶに高橋真梨子と、とにかく紅白関連でトレンド入りしていきました。

また今年のレコード大賞を受賞したのも西野カナで、これもまた紅組です。

AKB48の紅白選抜の順位結果が今夜発表されたり、話題につきない紅組でした。

確かに、嵐が大トリで、ジャニーズからもたくさんのグループが出演しています。

しかしやはりNHKがSMAPの出演を実現できなかったとことは、白組にマイナスに響いたと思います。

最後に

紅白2016のSMAPの辞退が決定した時点で、どんなに嵐の大トリが話題になったとしても、やはり白組は不利だったと思います。

その点紅組には、そういったマイナスになるような要素はなく、紅白が始まってみれば、その豪華な演出で、テレビ画面に釘付けになってしまいました。

以上、紅白歌合戦2016紅組優勝の理由は、ガッキーが可愛かったから?という話題でした。

 - 芸能・文化