せななん誰?ボンビーガールだったプリ画像!wikiプロフィとQissQillブランド

   

せななんこと小西せなは、自撮りのカリスマで、原宿系カリスマショプ店員。以前はボンビーガールに取り上げられ、部屋のプリキュアぶりが映し出されました。

せななんのボンビーガールの様子には、ある意味驚きでしたが、現在は自身のブランドQissQill clothingを立ち上げ、それがまたかわいいんです。

今回はせななんとは誰なのか、wiki風プロフィやブランドQissQillのツイッターで紹介しながら、せななんについて取り上げます。

Sponsored Link

せななんwiki風プロフィール

せななんこと小西せなさんは、1991年8月14日生まれの三重県出身で、現在は、

反逆XIXボーカル担当
原宿系ファッションモル
自身のブランド「QissQill clothing」のデザイナー

として幅広く活躍しています。

自称自撮りのカリスマで、インスタには、確かに自分が中心の画像が多くアップされています。

せななんは21歳のとき、デザイナーを目指し上京しました。2012年のことで、わずか数年の内にここまで活躍するようになるなんて、きっと人知れない努力と苦労があったのでしょうね。

そのことを象徴(?)するのかのようにせななんは2013年に「幸せ!ボンビーガール」に出演したボンビーガールだったんです!

せななんボンビーガールだった!

せななんが「幸せ!ボンビーガール」に出演したのは、2013年11月放送分で、自身の部屋が映し出されました。

そこにはプリキュアやプリパラぶりがものすごく、こんな部屋で落ち着くんだろうか、と不思議なほどです。

こういったものにお金を費やしすぎて、結果ボンビーガールになってしまった、というわけです。

せななん本人もそのことは自覚しているのか、「幸せ!ボンビーガール」の撮影があったと思われる日のツイッターで、

とツイートしています。

しかし今の活躍ぶりから見ると、ボンビーガールだったけど、その後成功した、まさに「幸せ!ボンビーガール」のコンセプトを歩むせななんですね。例えばタイに渡り成功と幸せを掴んだボンビーガール達のように。

「幸せボンビーガール タイ移住での極楽生活ぶりが凄い!」
「タイ移住 日本人のハンパないセレブぶり!その4つの理由とは?」

QissQill clothingのブランドとツイッター

多彩な才能を発揮しているせななんは、自分で「QissQill clothing」というブランドを立ち上げました。

twitter画像を見ると洋服のデザインもプリキュアやプリパラ爆発か?と思いきや、普通に来てあるけるものです。

しかしせななんのこだわりが詰まった洋服やバッグなどは、一目見て、せななんと分かるデザインです。

またステッカーをデザインプロデュースしていて、それをスマホやパソコン、小物にペタペタ貼ると、とてもかわいい。

ノートパソコンが、自分のオリジナルデザインに早変わりします。

最後に

見た目からのんびりな性格なのかと思いきや、結構やり手のせななん。自分の夢を叶えるべく精力的に働いて、今があるのですね。

上京した翌年には「幸せ!ボンビーガール」に出演するなど、やはりカリスマがあるのでしょうね。

以上、せななんって誰?ボンビーガールだった!Wiki風プロフィールとQissQillブランドについてでした。

 - 芸能・文化