ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

高知東生 エステ開業理由は覚醒剤使用を隠す為ではなかった?

      2016/06/29

高知東生の「逮捕前に独占告白」が女性自身に記載され、今月3日逮捕前の高知東生の様子、そしてなぜエステを開業したのか、またエステ経営に対する意気込みなどについて、書かれてあります。

その記事には、高知東生のエステ開業理由が、高知東生が覚醒剤使用を隠す為ではなく、むしろ覚醒剤使用者の典型的特徴の一つであることが、分かります。

高知東生のエステ開業理由と覚醒剤使用者の特徴について、まとめました。

Sponsored Link

覚醒剤使用者の特徴

高知東生や清原和博が、覚醒剤所持で逮捕されたとき、その肌の色の浅黒さが注目されました。

覚醒剤を長期使用すると、目の周りにくまができ、虫が皮膚の下を這いずり回っているような感覚になることから、よく皮膚を掻いたり叩いたりつねったりして、引っ掻き傷や肌が赤かったりするそうです。

そういったことを貸すために、日焼けサロンで肌を浅黒くするそうです。

また覚醒剤使用者の別の特徴として、健康意識が高まることが上げられるのです。

覚醒剤を長期間使用すると、体がボロボロになります。

ですから、健康に気を使うのです。

また体がボロボロになっていけば覚醒剤を使っていることがバレますから、それを隠すために、健康に気をつけているのです。

ちょっと矛盾しているように見えますが、健康な人が風邪を引いたときだけ、「栄養のあるもの食べなきゃ」とか「早く寝て体休ませよう」と思うのと同じなのでしょうか。

高知東生と覚醒剤使用者の特徴

女性自身の「高知東生 逮捕前に独占告白」によると、

「僕は若いときから、母親や祖母など、いてほしい人が早くいなくなった。
そんな経験から、体温が下がると免疫や抵抗も下がる、体温が大切と思い、昨年体温管理士の資格を取った。
家族や頑張っている女性を守りたいと思い、そのためには体温の大切さを伝えたい。」

というのが、高知東生がエステを開業したきっかけだそうです。

高知東生が若い頃から、健康意識が高かったわけではないと思います。

若い頃は、元嫁のあいだももと共演したりしていて、決して医療関係の職業に従事していたわけではないですし。

年齢を重ねれば、自然と健康意識は若いときよりは高まるでしょう。

51歳の高知東生が、年齢的なものから健康について考えるようになった、と考えられなくもありません。

しかし、テレビや雑誌の取材で少し健康について話すのではなく、体温管理士の資格を取り、エステを開業するほど意識を高めたのは、よぼど強く健康について考えさせられる出来事があった、と推測できるのはないでしょうか。

Sponsored Link

最後に

こういった理由から、高知東生がエステ開業をし、エステ経営に意気込んでいるのは、覚醒剤使用をごまかしたり隠す為というより、覚醒剤を使用していたことによる結果、と考えられます。

高知東生のエステは先月オープンしたばかりで、既に高知東生は経営に携わることができない状態になってしまいました。

このエステ、どうなるんでしょうか。高知東生の体温管理への情熱は、どこへ行くんでしょう。

以上、高知東生がエステ開業した理由は、覚醒剤使用を隠すためではなく、覚醒剤使用者の特徴だった、という話題でした。

こちらもお勧め
↓ ↓ ↓
「高知東生の元嫁は、あいだももで驚き!そして離婚再婚介護引退」

「【画像】高知東生逮捕場所の横浜南永楽町ホテルが超豪華」

五十川敦子がホステスをしていた店は「V」!?
↓ ↓ ↓
「【画像】五十川敦子のクラブ店「V」はVIP向け!隣は教会」

 - 芸能・文化