ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

渡部豪太の結婚相手 あの理想の女は実は彼女だったと言える理由

   

Marriage

渡部豪太が一般女性との結婚をしたということで、相手は誰なのかが騒がれています。これまで渡部豪太は熱愛報道などとは無縁でしたが、以前ある番組で、理想の女性について話していて、当時は彼女はいないとのことでしたが、その時の「理想の女性」と付き合っていたことは間違いなく、今回の結婚相手であろうと言えます。その理由について書きたいと思います。

Sponsored Link

理想の女性は年上

実際結婚相手は4歳年上だそうです。

これで既に「理想の女性」発言をした時点で、その人と付き合っていたなと推測できます。

理想ではなく、既に実現していた?

以前番組で
「理想は年上で、ご飯を美味しそうに食べてくれる人」
と話していたことが分かりました。

このことを話していた時点で、この理想の女性と付き合っていたのは間違いないでしょう。

渡部豪太は男性で、普通男性なら
「理想はご飯を美味しそうに食べる女性」
と表現するのではないでしょうか。

なぜなら一般的に女性が料理をして、男性が食べる人だからです。

「美味しそうに食べてくれる人」というのは、料理を作る人から目線です。
自分の作った料理を、美味しそうに食べてくれる人。

渡部豪太はカナダに留学経験があるので、現地では自炊していたと想像します。
つまり料理をするのではないでしょうか。

「美味しそうに自分が作った料理を食べてくれる人」と解釈することができて、
これはもうこの発言を番組でしたときに、実際美味しそうに自分の手料理を食べてくれる人がいたということで、
ほぼ間違いないと言えます。

理想の女性発言の時期

渡部豪太が理想の女性発言をしていた時期を特定することはできませんでした。

しかし今回の結婚報道で、お相手の女性とは3年間付き合ったということですから、理想の女性発言と重なっていると思います。

Sponsored Link

結婚相手が理想の相手

もともと理想があって、その理想にぴったりの女性が現れたから結婚した、という人は、世界で何人いるのでしょうか。

ほとんどの場合、付き合って好きになったら、その相手が自分の理想になったのではないでしょうか。

これは心理学的にも当てはまっていると断言できます。

ですから渡部豪太も、当時その「理想の女性」と付き合っていて、彼女だったから「理想の女性」だったのでしょう。

しかも年上の女性と話していたことから、積極的に年上の女性を探して付き合ったのではなく、好きになった彼女がたまたま年上だったのだと言えます。

結婚を意識していた「理想の女性」発言

渡部豪太が「理想の女性」発言のときには、既にその「理想の女性」との結婚を意識していたと考えられます。

というのも、ご飯を食べるということは、一緒に生活をするということです。

結婚生活と聞いて、何を思い浮かべますか?

食事と答える人は多いのではないでしょうか?

よく芸能人が好みのタイプの女性を話すとき、性格とか、料理上手とか、外見とか、仕草とか、そういったことをあげるのではないでしょうか。

それがご飯について話していることから、渡部豪太が「理想の女性」発言の当時、その女性と結婚を意識していたことが考えられます。
単にお付き合いしているのではなく、相手との結婚生活を想像できていたのです。

最後に

渡部豪太の結婚相手は一般人なので、これからも公で発表されるかどうかは分かりません。しかも籍だけ入れただけで、披露宴とかの情報もありません。

以上が、以前番組で話していた「理想の女性」と当時付き合っていたことは間違いなく、その彼女が結婚相手であると言える理由でした。

 - 芸能・文化