ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

宮村優子ツイッターで旦那関隆行と離婚報告 理由や原因は?

   

声優宮村優子がツイッター上で、夫関隆行と離婚することを発表しました。

関隆行はこの離婚によって元旦那になるわけですが、宮村優子はなぜ離婚を決意したのか、その理由や原因を宮村優子のtwitterから検証しました。

Sponsored Link

宮村優子の離婚ツイッター

宮村優子が、あまりにもさらりとツイッターで旦那関隆行との離婚をツイートしているのことに驚きです。

その離婚ツイートがこれ。
↓ ↓ ↓

宮村優子は12年前の2004年に、夫関隆行と再婚しています。

関隆行は、宮村優子と同じJAE所属の男性スタントマンで、1978年生まれ、宮村優子より6歳年下ですから、現在38歳ということですね。

実は宮村優子にとって関隆行との結婚は2度目、つまり再婚です。

最初の結婚は1998年に漫画家のナカタニD.とでしたが、翌年離婚しています。

で、関隆行との離婚で、2度目の離婚。

関隆行となぜ離婚?

宮村優子が関隆行と2004年に結婚したのは、明らかにできちゃった結婚、つまり長女を妊娠したからでした。

2009年に関隆行の仕事の都合とバセドウ病の治療も兼ねて、オーストラリアへ移住し、2011年に第二子を出産しました。

子供のために離婚?

宮村優子は今回の離婚報告後のツイッターで、

と、2人の子供たちの為に、旦那との離婚を決意したと述べています。

よく、夫との夫婦生活は破綻しているけれど、子供のことを考えて、夫との離婚を踏みとどまっている妻の話は聞きますが、宮村優子は逆なわけです。

妻が経済能力が無い場合、やはり離婚後お金のことなど、現実的な生活のことを考えて、夫との離婚よりこのまま結婚生活を続ける方が、自分と子供たちのためと判断する。

しかし宮村優子は有名人ですから十分な収入源はあるでしょうし、夫関隆行の稼ぎに頼らなければいけないことはないでしょう。

もちろん宮村優子のツイッターから、子供は宮村優子が引き取るようなので、旦那は養育費を払うことになるでしょうね。

とにかく、子供の為に離婚しようと離婚を踏みとどまろうと、”子供のため”という言葉が出てきた時点で、宮村優子は関隆行との夫婦生活は破綻していたわけでしょう。

バセドウ病悪化

2007年5月に宮村優子は、バセドウ病と診断されたことを発表しました。

最近はバセドウ病が悪化し、朝晩服用する薬のせいで眠たいとツイッターで述べています。

ここでも宮村優子は6月20日のツイッターで、

「子のためにも応援してくれてる皆さんのためにもがんばるね。」

と、旦那の関隆行のことば、一切含まれていません。

夫婦仲が良ければ「支えてくれる家族のために頑張る」とツイートするでしょうが、夫は既に蚊帳の外の人間であることが分かりますね。

関隆行は既に旦那でもなければ、家族でもない。

宮村優子は、声優として仕事を続けていきたいと願っています。

しかしバセドウ病の悪化、橋本病への移行で、甲状腺摘出の手術を勧められましたが、喉の手術により声優生命が脅かされるわけで、宮村優子は他の治療法を模索しているようです。

宮村優子のツイッターを読むと本当に大変な時期なんだなということが、ひしひしと伝わります。

子供を抱えながら、病気と闘うなんて。

ここに旦那の関隆行のことが一切書かれていないということは、この病気への理解やサポートが無いのかな、と推測してしまいますね。

病気への理解やサポートが全くないわけではないでしょうが、少なくともそれが、宮村優子の期待値に達していないとか。

あるいは、宮村優子が病気である分、せめて子供たちの面倒を積極的に見てくれないとか。

病気が直接あるいは間接的に、宮村優子が関隆行との離婚に至った、一つの要因ではないかなと推測します。

関隆行については、こちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓
「【画像】関隆行 宮村優子旦那のオーストラリアで弾ける姿」

Sponsored Link

最期に

病気の悪化、離婚、声優生命の危機、声優への復帰願い・・・、宮村優子は今が一番辛い時期なのでしょうね。

その証拠に、宮村優子は離婚ツイートの後に、

「大阪に住んでるとき、『無鉄砲』大阪店にはよく行ったよ〜。京都の木津にはいったことないなぁ。」

と、海外に居るとき日本を思い出すのは、辛いときと相場が決まっています。

これからたくましく、シングルマザーとして生きていくわけですね。

以上、宮村優子がツイッターで夫関隆行と離婚を発表、理由や原因をツイッターから検証する!という話題でした。

 - 芸能・文化