ヨーデル石井健雄[wiki]Chicken Attack[動画]歌詞に海外の反応は

   

wikipediaがあるほどドイツで一番有名な日本人である、ヨーデル歌手の石井健雄さんを、ご存じでしょうか?

誰?と思われたかもしれませんが、石井健雄さんが出演しているYouTube動画「Chicken Attack(チキンアタック)鶏攻撃の術」が、再生200万回を越える人気ぶりです。

ピコ太郎さんの「PPAP」に迫る人気ぶりで、海外の反応が気になります。

今回は、石井健雄さんの「Chicken Attack(チキンアタック)鶏攻撃の技」のYouTube動画と共に、その歌詞内容や海外・世界の反応や評価・評判、そして石井健雄さんって誰?と思われた方のために、経歴やwikiプロフィールもまとめました。

Sponsored Link

石井健雄のwikiプロフィール

石井健雄さんは、1947年5月3日生まれ、東京出身で、現在69歳のヨーデル歌手です。

ヨーデル歌手というだけあって、音楽家の家系なのかなと思いきや、父親は町工場を営んでいて、石井健雄さんは高校卒業後、父親の後を継ぐため機械工学を学ばれたそうです。

機械工業とヨーデル歌手というこのギャップに驚きですね。

子供の頃はひっこみじあんで、クラスでは孤立していたとか。しかし高校ではコーラス部に入部。これがヨーデル歌手になる礎だったのかもしれません。

高校時代に耳にしたドイツのヨーデルキングであるフランツル・ラングさんのレコードにはまり、それを聴きながら、独学でヨーデルを学んだという石井健雄さん。

ドイツ語が分からないので紙にカタカナ書きにして、歌詞を書き起こしていたそうです。

くる日もくる日も練習する石井健雄さんでしたが、兄からはうるさいと、父親から泣いているのか?と言われながらも諦めず続けたそうです。

しかしなんせ東京の密集した住宅街で歌えば、確かにその歌声はうるさいという他ありませんから、石井健雄さんは掃除機をつけっぱなしにして、歌声を消して、練習したんだとか。

そして高校の学園祭でそのヨーデルの歌声を披露すると、これが拍手喝采大ウケ。このとき一生をヨーデルに捧げると決心したとか。

26歳の時、ドイツの機械技術を学ぶためと父親に嘘をついて、単身ドイツへ渡ります。

すぐにチャンスが訪れるはずがなく、それでも自らドイツに馴染むためと、ソーセージを食べまくり、朝からビールをがぶ飲みしたとか。

レストランで歌う機会を得ると、すぐにその実力が認められ、ドイツの国営放送をはじめ、テレビ出演依頼が殺到。

カセットやレコードを出すほどまでになり、やがてドイツの音楽功労者に贈られるヘルマンレンス・メダルをも受賞しています。

1985年には、10歳年下のオーストラリア人女性と結婚し、4人の子供に恵まれるも、その内一人は既に他界されています。

ちなみにドイツで、「有名な日本人は?」と尋くと、タケオ・イシイと答える人は多く、ドイツで一番有名な日本人だそうです。

海外表記では、Takeo Ischiとなり、名字がIshiiでないのは、おそらくドイツ語の影響でしょう。

「Chicken Attack チキンアタック」YouTube動画と歌詞

話題となっている「Chicken Attack(チキンアタック)鶏攻撃の術」では、石井健雄さんは鶏を操り、困った人を助ける仙人(?)という設定。

全ての動物を操ることができるが、鶏が一番なんだとか。

ちなみになぜ鶏なのかというと、今年が酉年だからでしょうか。

YouTube動画の中では、ドイツ語ではなく英語でヨーデルを歌う石井健雄さん。

その歌詞が、

You should know that a man with the power of nature
Can you bring you to the end of your luck
And you should know by my stride
and look in my eyes
And you're about to be massively forced to give up

Chicken attack, Chicken attack
Watch your back before it fades to black
they might look harmless
but they'll kick your non-chicken a●●

Go chicken go! Go chicken go!
Now go, now fly
You own the sky

With the power of nature
You're never alone
And you can't let evil run amok
every beast, every tree, follows me to the end
And you're abaout to be massively
F●c●ed!

Chicken attack, Chicken attack
Watch your back before it fades to black
they might look harmless
but they'll kick your non-chicken a●●

Go chicken go! Go chicken go!
Now go, now fly
You own the sky

You're young and you're hungry
Perhaps short on money
I give you this chicken today
Its eggs for your dinner
Its legs for next winter
You won't have to steal again

鶏を操り、盗みを働く奴を懲らしめるも、最後はその鶏を差しだし、卵を夕食に、次の冬にはその肉を食べるとよい、と促します。
そうすれば、盗みを働く必要はないだろうと。

鶏は強そうに見えないけど、実はとっても強いんだ、
行け!鶏、空をも飛べる!
この空はお前のものだ

と、そんな感じの歌詞内容です。

海外・世界の反応や評判・評価は?

さて「Chicken Attack(チキンアタック)鶏攻撃の術」のYouTube動画は、250万回も再生されていて、1時間バージョン、10時間バージョンもあります。

10時間バージョンも20万回以上も再生されているというから、驚き。本当に10時間ぶっ通しで見た人がいるんでしょうか。

とにかくこのYouTube動画に対する海外の反応や世界の評価・評判はというと、

「これを見るために、月25ユーロのインターネット代を払っているんだ」

「これ見るの止められない!」

「チキンが今、私の一番のスピリチュアルな動物ね」

「このビデオ見た後、絶対鶏を殺したりしないって自分自身に約束したわ」

「誰か教えて、どうやったら鶏を忍者にすることができるのか」

YouTube動画を見た人たちの反応から、とても楽しかった様子が分かります。

また、マスメディアがどう伝えているかというと、「エリートリーダーズ」では、石井健雄さんのことを、

「ドイツにおける偉大なるセレブ」

と表現し、また「Chicken Attack(チキンアタック)鶏攻撃の術」を歌詞付きで紹介しています。

もちろん10時間バージョンがあることにも触れていて、

「本当に興味深い」

と評しています。

海外でも概ね好評なようで、日本人としては誇らしいですね。

最後に

「Chicken Attack(チキンアタック)鶏攻撃の術」の4分バージョンを見ましたが、さすがに1時間と10時間バージョンは見ていません。

しかしこの曲にハマってしまう人が続出で、耳に残るメロディですよね。

この勢いがどこまで行くのか、楽しみです。

以上、ヨーデル歌手石井健雄さんのwikiプロフィールや経歴、そして「Chicken Attack(チキンアタック)鶏攻撃の術」のYouTube動画と歌詞内容、海外や世界の反応、評価評判についてでした。

 - 芸能・文化