ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

ランビエール格好いい[動画]フィギュアNHK杯2016男子FP結果速報

   

フィギュアスケートグランプリシリーズ最終戦(第6戦)、日本大会(NHK杯)2016の男子シングルフリープログラムが、26日に札幌市で行われました。

フリーで久石譲の曲で滑った羽生結弦選手が、今季自己ベストの197.58点、合計301.47点と300点超えで優勝しました。田中刑事選手も自己ベストを大きく更新した248.44点で、3位!表彰台おめでとう。ネイサン・チェン選手も4回転を決めて、2位になりました。

ラトビアのデニス・ヴァシリエフス選手の振り付けとコーチをしているステファン・ランビエールの映像も場内に流れ、その動画が格好良かったので紹介します。

フリーの演技の動画と共に、NHK杯2016の男子シングルフリープログラムの結果速報と総評です。

Sponsored Link

GPSロシア大会2016 男子フリー結果

順位 選手名 総合得点 技術点 演技構成点
1 羽生結弦 197.58 106.06 92.52
2 ネイサン・チェン(アメリカ) 180.97 97.91 84.06
3 田中刑事 167.95 87.79 87.79
4 オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル) 154.74 78.26 76.48
5 デニス・ヴァシリエフス(ラトビア) 153.23 79.09 74.14
6 ミハイル・コリヤダ(ロシア) 147.51 67.99 81.52
7 ジェイソン・ブラウン(アメリカ) 144.14 62.44 82.70
8 ナム・グエン(カナダ) 137.10 64.40 73.70
9 日野龍樹 134.65 66.37 69.28
10 グラント・ホッホスタイン(アメリカ) 123.09 54.07 70.02
11 エラッジ・バルデ(カナダ) 119.03 45.89 74.14

男子シングル総合結果

  1. 羽生結弦 301.47
  2. ネイサン・チェン(アメリカ) 268.91
  3. 田中刑事 248.44
  4. オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル) 229.87
  5. ミハイル・コリヤダ(ロシア) 225.69
  6. デニス・ヴァシリエフス(ラトビア) 223.73
  7. ジェイソン・ブラウン(アメリカ) 218.47
  8. ナム・グエン(カナダ) 212.43
  9. 日野龍樹 207.15
  10. エラッジ・バルデ(カナダ) 195.32
  11. グラント・ホッホスタイン(アメリカ) 191.40

男子フリー総評と動画

羽生結弦選手、今季初の300点超えを達成し、合計301.47点で優勝しました。久石譲の「ヴュー・オブ・サインレンス」の曲の美しい旋律と、羽生結弦選手の繊細な動きがとても合っていましたよね。

冒頭の4回転ループは、膝の柔軟性あってこその着氷でしたよね。だから膝を負傷するんでしょうけど。とにかくこのジャンプを決めて波に乗りました。

この日のミスらしいミスは、演技後半の4回転サルコウでの転倒で、コンビネーションジャンプにできなかったこと。そして3回転半+シングルループ+3回転サルコウの予定が2回転サルコウになってしまったことでしょう。

後半に4回転を跳ぶのはかなり体力的に厳しいでしょうけど、これはまだチャレンジ段階では?と思います。シーズン後半になって徐々に完成度を高めていけばいいかと。4回転2本、3回転半2本も演技後半にあるので、かなりキツいプログラムですが、それでも3回転半を2つとも決めたのは、羽生結弦選手、さすがですね。

もちろんカナダ大会のときより比べ物にならないくらい、今日の演技の方が良かったですが、いつもの羽生結弦選手なら、もうちょっと感情移入できたと思います。もう一歩羽生結弦選手の世界観に引き込まれ切れなかったので、ファイナルでは期待します。

羽生結弦選手のフリーの動画

田中刑事選手、昨日のショートに引き続きフリーでも3位となり、総合3位で、グランプリシリーズ初の表彰台に上がることができました。

4回転トーループの方が4回転サルコウジャンプより難易度は低いのですが、田中刑事選手は、4回転トーループはプログラムに入れず、4回転サルコウを入れています。サルコウジャンプの方が得意なのでしょうね。

冒頭の4回転サルコウは、着氷でバランスを崩しお手付きをしてしまいましたが、続く4回転サルコウ+2回転トーループをしっかり決めました。その後の3回転半でマイナス評価でしたが、演技後半のジャンプは、3回転半からのコンビネーションジャンプを含め、全て成功。フリーを終えた瞬間、田中刑事選手からガッツポーズが出ました。4回転サルコウを降りることができたのは、大きな収穫ですよね。

表現力は、ショートの方が良かった気がしましたが、今日のフリーでは演技構成点が80点を超え、世界レベルで戦える一つのポイントだと思います。ところどころ荒削りな部分も見られるので、一つ一つの動きを丁寧にしていけば、もっと得点は伸びる選手ではないかと。

自己ベストを大きく更新して、248.44点。全日本選手権に期待ですね。

田中刑事のフリーの動画

羽生結弦選手と同じリンクで滑れてとても幸せだと話していた、アメリカのネイサン・チェン選手。この日は4本の4回転ジャンプの内、2本が決まりました。4回転ルッツと4回転フリップという超高難度のジャンプを両方入れていて、今日は4回転フリップジャンプをおりることができました。

4回転ジャンプは4本もプログラムに入れているネイサン・チェン選手ですが、3回転半は一つ。もしかしたら3回転半は、あまり得意ではないのかもしれませんね。

3回転半無しで4回転で戦った選手といえば、トリノ五輪銀メダリストのステファン・ランビエールコーチです。このNHK杯の会場に、ラトビアのデニス・ヴァシリエフス選手の振付師兼コーチとしてリンク脇にいました。

ヴァシリエフス選手の滑りを見守るランビエール先生が、会場のスクリーンに映し出され、それがまた格好いい。

ネットでは、現役時代より格好いいとの声もありました。

羽生結弦のインタビュー動画

インタビューでは、羽生結弦選手、演技はもうちょっとというより、まだまだと話していましたが、300点超えという今シーズンで一番良かった結果に手応えを感じているようでした。

羽生結弦選手のインタビューの動画

ファイナルに進出できて良かったとこぼす羽生結弦選手が、かわいすぎる。

以上、フィギュアスケートグランプリNHK杯2016男子フリーの結果と総評でした。

男子ショートの結果
↓ ↓ ↓
「羽生結弦衣装変更で今季自己ベスト[動画]NHK杯2016男子SP結果速報」

女子シングルの結果
↓ ↓ ↓
「宮原知子樋口新葉[動画]フィギュアNHK杯2016女子SP結果速報」
「ソツコワ厳しい回転不足[動画]フィギュアNHK杯2016女子FP結果」

テレビ放送予定
↓ ↓ ↓
「フィギュアスケートNHK杯2016日程/テレビ放送/出場選手/結果予想」

 - スポーツ