ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

樋口新葉ジャンプなぜ0点?[動画]スケートフランス2016女子SP結果速報

      2016/11/12

フィギュアスケートグランプリシリーズ第4戦、フランス大会(フランス杯)2016の女子シングルショートプログラムが、11日にパリで行われました。

樋口新葉選手のシニアグランプリデビュー戦で、65.02点で5位と大健闘でしたが、一つジャンプが0点となってしまい、大変悔しい内容に。浅田真央選手は8位、永井優香選手は12位と日本勢はふるわず。

首位はロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手で、78.52点は歴代2位という高得点でした。

樋口新葉選手のジャンプがなぜ0点となってしまったのか、その理由、そして動画と共に、フランス杯2016の女子シングルショートプログラムを総評しました。

Sponsored Link

GPSフランス大会2016 女子ショート結果

順位 選手名 総合得点 技術点 演技構成点
1 エフゲニア・メドベージェワ(ロシア) 78.52 42.16 36.36
2 ガブリエル・デールマン (カナダ) 72.70 39.35 33.35
3 マリア・ソツコワ(ロシア) 68.71 38.56 30.15
4 ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス) 66.61 36.14 30.47
5 樋口新葉 65.02 33.96 31.06
6 パク・ソヨン(韓国) 64.89 64.89 30.47
7 アリョーナ・レオノワ(ロシア) 63.87 33.13 30.74
8 浅田真央 61.29 29.12 32.17
9 アナスタシヤ・ガルスチャン(アルメニア) 56.92 30.90 27.02
10 グレイシー・ゴールド(アメリカ) 54.87 23.19 31.68
11 マエ=ベレニス・メイテ(フランス) 52.78 26.67 27.11
12 永井優香 52.41 24.64 27.77

樋口新葉のジャンプが0点の理由

年齢制限が解け、今シーズンからシニアに参戦した樋口新葉選手。フランス大会2016がシニアグランプリデビュー戦です。

そして樋口新葉選手は、ここパリでもあのスピードある演技を見せてくれました。冒頭のダブルアクセルは、いつものすごいスピードたったうえにたった2回転半なので、跳んでから着氷まであっという間でした。そしてショートの演技の後半にもってきた連続ジャンプ。最初の3回転ルッツは、高さも距離もスピードもあり、大きなジャンプで、パワフルということばがぴったりなジャンプ。続く3回転トーループもしっかりつけて、加点を1.2もつく、素晴らしいジャンプでした。

ここまではジャンプは順調だったのですが、最後のジャンプ。3回転フリップを予定していましたが、2回転になってしまい、ノーカウントに。つまり0点。転倒したわけでもなく、着氷が乱れたわけでもありませんが、無得点となってしまったのです。

理由は、ショートのルールでは、3回転ジャンプを一つ入れなければいけません。2回転では規程を満たしていません。なので樋口新葉選手は2回転フリップジャンプを跳んだので、規程に満たさず、0点に。

これなら無理やり3回転フリップでもなんでも3回転ジャンプを跳んで、転んだりステップアウトして出来栄えが悪くても、点はもらえる、ということです。

3回転フリップジャンプの基礎点は5.3ですから、これがそっくりそのまま無くなってしまったのは、樋口新葉選手にとっては痛かったですね。これがあったら、70点は越えていました。

樋口新葉選手の表現力については、まだ15歳という年齢ながら、成熟した滑りでした。ジュニアを卒業したばかりとは思えない、情感のこもった演技、そしてその表情で、しっかり自分の世界観を出していたと思います。

15歳で既にここまで表現力があるわけで、年齢を重ねるにつれ、これがもっともっと磨かれていくのかと思うと、とても楽しみですね。

キスアンドクライでは、あの0点になった2回転ジャンプを悔やんでいたのでしょう。ものすごい悔しそうな表情でした。

樋口新葉選手のショートの動画

浅田真央選手、試合前からトリプルアクセルを跳ばないことを公表していました。その通りトリプルアクセルはありませんでしたが、飛距離のあるダブルアクセルを入れました。浅田真央選手って、高さでジャンプを跳んでくるイメージがありますが、このダブルアクセルは距離もスピードもありましたね。

得意の3回転フリップでは回転不足をとらえ、重そうなジャンプでした。3回転ループもいまいちだったし。

ジャンプより、スピンやステップなど、レベル3止まりで、全体的にキレのない、シャープさがない、演技。調子悪いんだろうな、というのが伝わってきました。

浅田真央選手のショートの動画

ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手は、一人別次元という感じでした。得点も78.52点の歴代2位で、2014年3月27日に世界選手権で浅田真央選手が出した78.66点に次ぐ、高得点でした。

ちなみに歴代2位は、韓国のキム・ヨナ選手がバンクーバー五輪で出した78.50点でしたが、メドベージェワ選手が今回この上をいきましたね。

最後に

明日、メドベージェワ選手はフリーでどこまで点を伸ばすのでしょうか。ちょっと怖いです。

そして何より樋口新葉選手が、今日の悔しさをフリーにぶつけて、あの豪快なガッツポーズが出るといいですね。

以上、フィギュアスケートグランプリフランス大会2016女子ショート結果速報でした。

女子フリーの結果
↓ ↓ ↓
「樋口新葉の表現力が凄い[動画]スケートフランス2016女子FP結果」

男子の結果
↓ ↓ ↓
「ネイサンチェン超高難度4回転2つ[動画]GPフランス2016男子SP結果」
「ネイサン無良崇人[動画]スケートフランス2016男子FP結果速報」

テレビ放送日程
↓ ↓ ↓
「フィギュアスケートフランス2016日程/テレビ放送/出場選手/結果予想」

 - スポーツ