ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

伊調馨リオ女子レスリング金!他に五輪で4連覇したのは誰?

   

リオオリンピック女子レスリング58キロ級で、決勝戦の相手ロシアのワレリア・コブロワゾロボワ選手を残り5秒で破り、金メダルに輝いた伊調馨(いちょうかおり)選手は、五輪4連覇という偉業を成し遂げました。

女子では初ですが、男子では既に4人の選手が達成しているそうです。その4人とは誰か、調べました。

Sponsored Link

伊調馨、金メダルの戦い

1984年6月13日生まれ、現在32歳の伊調馨選手は、2004年のんアテネオリンピックから連続出場で、このリオオリンピックが4回目となります。

強い強い伊調馨選手は、これまでオリンピックで勝ち続け、負けなし。

連勝記録も凄くて、今年1月にロシアで行われたヤリギン国際大会の決勝で、モンゴルの選手に敗れるまで、実に13年間負けなし、189連勝でした。

リオオリンピックでも金メダルが確実視されていました。

勝って当たり前、金メダルの期待マックスの中、伊調馨選手はリオオリンピック女子レスリング58キロ級に出場。順調に決勝まで勝ち進み、危なげない試合運びを続けていました。

決勝戦の相手はで、まだ23歳のロシアのワレリア・コブロワゾロボワ選手。コブロワゾロボワ選手は準々決勝で、銅メダルに輝いたインドのサクシ・マリク選手を後半大量得点で逆転した、爆発力のある選手です。大人しそうな顔をしていて、伊調馨選手との決勝の直前は、泣きそうな表情でした。もちろん相手はあの伊調馨選手ですから、チャレンジャーとして挑んだのでしょうが、コブロワゾロボワ選手の不安そうな顔がとても印象的でした。

緊張しているのは伊調馨選手の方では?と思いました。経験は豊富といえど、オリンピックは他の大会とは違いますし、4連覇という記録がかかっています。期待度もマックス。もちろん経験が豊富な分、気持ちをコントロールする方法を得ているでしょうけど。

試合が始まってからは、伊調馨選手もコブロワゾロボワ選手も戦いの顔でしたが、コブロワゾロボワ選手の逃げ腰の姿勢に何度か指導が入りました。伊調馨選手の髪を掴む場面もあり、ひたすらディフェンスに回っていて、決勝戦らしからぬ試合運びをしているコブロワゾロボワ選手に、会場からはブーイングがあがることもありました。

しかし前半が終わるときはコブロワゾロボワ選手が1-2でリードしていた分、緊張がとれた表情でした。一方の伊調馨選手は落ち着いた様子で、試合は後半へ。

後半は中々ポイントが入りませんでしたが、1ポイント差ですから、伊調馨選手ならすぐひっくり返せると信じながらも、手に汗握る展開に。

残り時間わずかのとき、試合が動きました。伊調馨選手が必死でコブロワゾロボワ選手を抑え、ひっくり返せばサヨナラ勝ちなのですが、コブロワゾロボワ選手も必死で伊調馨選手の片足を掴みます。

オンライン中継で見ていましたが、解説者も「ひっくり返せば、ひっくり返せば」を繰り替えしていました。

そして最後の5秒、あったでしょうか、5秒以下だったかもしれません、レフリーの手が動き「あ、得点だ」と思わず口から出た瞬間、伊調馨選手の金メダルが決まりました。

伊調馨選手の前の、レスリングフリースタイル女子48kg級登坂絵莉選手の決勝戦でもそうでしたが、本当に最後の最後での逆転劇。心臓に悪かっです。

母親の遺影を胸に

決勝戦が終わって観客席に走った伊調馨選手に、女性の写真を渡す男性がいました。2014年に亡くなった伊調馨選手の母親の遺影だと思われます。伊調馨選手はその写真を渡されるやいなや、直ぐに胸に抱えました。そのシーンに、見ているこちらもジーンと来ました。

伊調馨選手は試合後のインタビューで、「内容があまりよくなかった」と反省点をあげながらも「最後はお母さんが助けてくれた」と、母親のことにふれていました。

益々ジーンと来ました。

伊調馨選手のお母さんの遺言が、死んでも勝て、ということだったそうで、伊調馨選手が五輪4連覇に輝いたことを、誰よりも喜んでいることでしょうね。

オリンピック4連覇を達成したのは誰?

伊調馨選手がオリンピック4連覇を達成し、個人種目の五輪4連覇は女性では初めての偉業だそうですが、男性では既に4人が成し遂げているそうです。

個人種目の夏季五輪4連覇

  • パウル・エルブストローム(デンマーク)ヨット男子フィン級
    1948年ロンドン
    1952年ヘルシンキ
    1956年メルボルン
    1960年ローマ
  • アル・オーター(米国)陸上男子円盤投げ
    1956年メルボルン
    1960年ローマ
    1964年東京
    1968年メキシコシティ
  • カール・ルイス(米国)陸上男子走り幅跳び
    1984年ロス
    1988年ソウル
    1992年バルセロナ
    1996年アトランタ
  • マイケル・フェルプス(米国)競泳男子200m個人メドレー
    2004年アテネ
    2008年北京
    2012年ロンドン
    2016年リオ

競泳のマイケル・フェルプス選手が、このリオオリンピックで4連覇を達成していたとは驚きです。23個の金メダルをオリンピックで獲得していても、4連覇したのは200m個人メドレーの1種目のみなのですね。

4連覇ということが、いかに偉業かが分かりますね。

Sponsored Link

最後に

伊調馨選手の最後まで諦めない姿勢、そして最後の最後まで何が起こるか分からない、そんなことを今日の決勝戦で学んだ気がします。

伊調馨選手は今後どうするのか、引退なのか続行なのか明言を避けましたが、今は緊張から解き放されて、明日の女子レスリング、チームメイトの活躍を応援して、このリオオリンピックを満喫してほしいです。

以上、伊調馨選手がリオオリンピックで金メダル!五輪4連覇した他の4人は誰?という話題でした。

 - スポーツ