ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

香取慎吾 ビストロで太った有酸素運動マンが痛過ぎの激太り画像

   

11月14日放送の「スマスマ」ビストロで有酸素運動マン扮する香取慎吾さんの、激太りした姿に、思わず絶句でした。

目は死んで、お腹は出て、アイドルとは程遠い、変わり果てた姿・体系の香取慎吾さんの画像にショックを受けたのは、私だけではないでしょう。

ライザップで減量した香取慎吾さんですが、一体なのがあったのか、太った原因や理由もまとめました。

Sponsored Link

激太りの有酸素運動マン

11月14日放送のビストロSMAPのゲストは、サバンナ・八木真澄さんでした。

八木真澄さんの持ちネタで、マラソンランナーの恰好をしてマラソンなどスポーツに関する一発ギャクを披露する、有酸素運動マンというキャラクターがあります。

この日の香取慎吾さんの仮装はこの有酸素運動マンを真似て、赤いレオタードのよう姿で登場しました。腕や肩が露出し、お腹などの体の線がはっきり分かる衣装だったため、香取慎吾さんの激太りが一目瞭然だったのです。

そして体だけでなく、驚いたのは香取慎吾さんのその顔。太った顔、という意味ではなく、目が完全に死んでいて、何だか焦点が合っていない感じがしました。前夜のお酒が抜けていないのか、番組収録前にも少し呑んだのか、目が正気じゃないような印象を受けました。

それに肌も汚い、これは内蔵の調子や、生活習慣がボロボロだろうことが容易に伺えます。だからこそ、こんなに太ったのでしょうけどね。

ライザップ後のリバウンド

香取慎吾さんは9月頃から顎や頬のラインが丸く、ふっくらというよりたるんでいたことから、激太りを指摘されていました。

香取慎吾さんといえば昨年ライザップで15キロの減量に成功し、その鍛え上げられた肉体をCMで披露していました。わけもなく体にオイルを塗り、筋肉を動かしていたり。ビフォーアフターの変化が凄かったので、余程努力したのかなと思いました。

しかしその後確実にリバウンドしたのでしょうね。しかも一度痩せた体はリバウンドしやすいわけですし、生活習慣全体を変えず、元の生活に戻れば、リバウンドは確実でしょう。

11月14日放送のビストロを見る限り、ライザップで痩せた15キロ分以上は、リバウンドしていると思います。

激太りの原因は?

香取慎吾さんは、もともとそんなに外向的ではなく、芸能人の友達も多いわけではないようで、以前共演したことのある天野ひろゆきさんやスタッフと定期的に行っていた飲み会も、今は断わるようになったとか。

そうやって一人で飲むお酒の量がどんどん増えているそうです。

一人で飲むと、誰からも飲むことを強要されませんが、同時に誰も飲むのを止めてくれません。ましてや人生に悩んでいたりして現実から逃れるために飲むお酒なら、一人で飲んでいるときって、ものすごい量になりそうですよね。香取慎吾さんって、今まさにそんな時なんでしょうね。

さらに「芸能界に未練は無い」と香取慎吾さんの引退説も流れています。つまりアイドルでいる必要はなく、それなら暴飲暴食をしてもかまわないと、自暴自棄になっているのでは。

「一部スポーツ紙で香取が引退を考えていると報じられましたが、もしそれが本当ならもうどうなってもいいとばかりに、暴飲暴食を繰り返している可能性があります。」
アサ芸プラスより

見ていてとても痛々しいですね。

最後に

有酸素運動マンの香取慎吾さんの姿を見て、一瞬誰だが分かりませんでした。自分の目を疑ったというか。

それほど変わり果てた姿に、もう芸能界から引退させてあげて、解放させてあげて、とつぶやきました。

SMAP解散まで1ヶ月半もありません。来年から香取慎吾さんはどうするんでしょうかね。報道にあったようにアメリカに行って、自分の好きな絵を描くんでしょうか。

以上、香取慎吾、ビストロで激太り有酸素運動マンが衝撃!という話題でした。

 - 芸能・文化