ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

パトリックチャン金博洋に逆転[動画]スケート中国杯2016男子FP結果

   

フィギュアスケートグランプリシリーズ第5戦、中国大会(中国杯)2016の男子シングルフリープログラムが、19日に北京で行われました。

パトリック・チャン選手が、ショートの13点差から大逆転し、優勝しました。2位は地元中国の金博洋選手。中国の観客の前でシニアグランプリ初優勝はなりませんでした。

今回気づいたことが、パトリック・チャン選手のタトゥーです。画像で見るとある文字が・・・。

動画と共に、中国杯2016の男子シングルフリープログラムを総評しました。

Sponsored Link

GPS中国大会2016 男子フリー結果

順位 選手名 総合得点 技術点 演技構成点
1 パトリック・チャン(カナダ) 196.31 104.31 93.00
2 金博洋(中国) 182.37 104.57 78.80
3 マックス・アーロン(アメリカ) 161.07 84.79 76.28
4 セルゲイ・ボロノフ(ロシア) 160.83 81.89 78.94
5 閻涵(中国) 155.15 76.43 78.72
6 アレクサンドル・ペトロフ(ロシア) 154.23 79.85 74.38
7 マキシム・コフトゥン(ロシア) 151.33 76.33 75.00
8 ロス・マイナー(アメリカ) 136.61 61.75 74.86
9 ミハル・ブジェジナ(チェコ) 135.91 60.49 76.42
10 ダニエル・サモーヒン(イスラエル) 130.04 58.98 73.06

男子総合結果

  1. パトリック・チャン(カナダ) 279.72
  2. 金博洋(中国) 278.54
  3. セルゲイ・ボロノフ(ロシア) 243.76
  4. マックス・アーロン(アメリカ) 242.74
  5. 閻涵(中国) 230.19
  6. アレクサンドル・ペトロフ(ロシア) 228.44
  7. マキシム・コフトゥン(ロシア) 221.43
  8. ダニエル・サモーヒン(イスラエル) 213.51
  9. ロス・マイナー(アメリカ) 213.34
  10. ミハル・ブジェジナ(チェコ) 211.77

男子フリー総評と動画

前日のショートで13点差で1位にだった中国の金博洋選手。最大の武器である4回転ジャンプを4度跳んで半分が綺麗に決まり、182.37点。それでも基礎点の高い4回転ですから、ステップアウトなどして完璧に決まらなくても、結構な点を稼ぐことはできますので、金博洋選手の技術点は104.57点でした。

本当に難度のものすごく高いジャンプ構成で、これが全て決まれば、とてつもない高い技術点になるでしょう。

しかし金博洋選手のエレメンツを見ると、難しい内容でも加点が少なめ。今回のフリーでは基礎点の合計が100.17点で、付いた加点はわずか4.40点でした。技の質を高めることで、もっと高い技術点が出るようになります。

演技後半はスピードが落ちたように見えましたが、滑りきりましたね。地元で優勝というプレッシャーもあったと思いますが、よくやったと思います。演技後、金博洋選手もやり切ったという達成感のある笑顔でした。

金博洋選手のフリーの動画

今日のパトリック・チャン選手は冴えていました。すっかり魅せられてしまいました。

冒頭の4回転トーループ+3回転トーループは文句なしの連続ジャンプで、続く3回転半ジャンプは、ジャッジ9人中4人が最高評価をくだすほど。4回転サルコウはまだ挑戦中の段階ですが、転倒しても4回転サルコウの基礎点10.50点から、転倒した分4点の減点でしたので、マイナスは最小限に抑えたというところですね。

演技後半にもってきた4回転トーループが決まり、これで完全に波に乗りましたね。鬼門の演技後半の3回転半ジャンプ。ちゃんと降りて2回転トーループをつけ、連続ジャンプに。これは大きかったです。後半の3回転半ジャンプを決めることは、パトリック・チャン選手にとっての最大の難関ですから。

4回転サルコウの転倒は想定内だったと思います。しかし残りのジャンプは全て成功。美しい弧を描くパトリック・チャン選手のジャンプは、加点もたくさんつく、質の良いジャンプです。

表現力では中国杯2016において、パトリック・チャン選手の上を行く選手はいません。

演技構成点を見ると、音楽の解釈という項目が、他の項目より高い点で、パトリック・チャン選手の演技が音楽と一体化しているのが分かります。

エリック・ラドフォードの「A Journey」という曲、パトリック・チャン選手にめちゃくちゃマッチしていますね。グレーのシャツに黒のボトムというこの上ないシンプルな衣装。曲の刹那の部分をうまく引き出しています。そしてパトリック・チャン選手のあの視点がどことなく定まっていない表情も、音楽にぴったりで、憂いをうまく表現しています。

金博洋選手とはショートで13点の差をつけられていたので、パトリック・チャン選手本人もまさか逆転するとは思わず、思わぬ逆転優勝に笑顔がこぼれていました。優勝して素直に嬉しそうな笑顔のパトリック・チャン選手は、久しぶりに見ました。

グランプリシリーズ2勝し、文句なしでファイナル進出ですね。

選手のフリーの動画

パトリック・チャンのタトゥー

キスアンドクライで得点が出るのを待つパトリック・チャン選手の左の首筋から肩にかけて、タトゥーが見えました。襟からチラッと見えていたんですが、

XX

しか見えず、後は衣装の下に隠れて見えませんでした。

パトリック・チャンのタトゥー

なんか気になる。

パトリック・チャンのタトゥー

21世紀といことで「XXI」とか、パトリック・チャン選手は25歳なので「XXV」とか。

ご存じの方、いらっしゃいませんか?

最後に

シニアグランプリ初優勝を逃した金博洋選手ですが、私はやはりパトリック・チャン選手を応援していたので、パトリック・チャン選手が優勝して良かったです。

以前のような圧倒的強さは感じられませんが、それでもグランプリシリーズ2勝しているパトリック・チャン選手。常に上位にいることができるのは、もの凄いことだと思います。

ファイナルでパトリック・チャン選手が見られるのは楽しみですね。

以上、フィギュアスケートグランプリ中国大会2016、男子フリー結果と総評でした。

男子ショートの結果
↓ ↓ ↓
「金博洋パトリックチャン[動画]スケート中国杯2016男子SP結果」

女子の結果
↓ ↓ ↓
「三原3位本郷なぜ得点伸びず?[動画]スケート中国杯2016女子SP結果」
「三原・本郷・ラジオノワ[動画]スケート中国杯2016女子FP結果」

テレビ放送日程
↓ ↓ ↓
「スケートGP中国杯2016日程/テレビ放送/出場選手/結果予想」

 - スポーツ