ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

三原3位本郷なぜ得点伸びず?[動画]スケート中国杯2016女子SP結果

      2016/11/19

フィギュアスケートグランプリシリーズ第5戦、中国大会(中国杯)2016の女子シングルショートプログラムが、18日に北京で行われました。

首位に立ったのは、カナダのケイトリン・オズモンド選手。三原舞依選手はミス無しで滑り3位に、本郷理華選手は決して悪い内容ではなかったのですが、特に演技構成点が伸びず6位です。

動画と共に、中国杯2016の女子シングルショートプログラムを総評し、本郷理華選手の得点が伸びなかった原因を分析しました。

Sponsored Link

GPS中国大会2016 女子ショート結果

順位 選手名 総合得点 技術点 演技構成点
1 ケイトリン・オズモンド(カナダ) 72.20 38.87 33.33
2 エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 70.75 36.81 33.94
3 三原舞依 68.48 37.37 31.11
4 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 64.88 33.88 31.00
5 アシュリー・ワグナー(アメリカ) 64.36 31.10 33.26
6 本郷理華 63.63 33.20 30.43
7 李子君(中国) 61.32 31.35 29.97
8 コートニー・ヒックス(アメリカ) 59.86 31.48 28.38
9 カレン・チェン(アメリカ) 58.28 29.48 29.80
10 李香凝(中国) 54.55 27.66 26.89
11 趙子荃(中国) 58.20 29.46 28.74
12 ヨシ・ヘルゲソン(スウェーデン) 49.25 22.01 27.24

女子ショート総評と動画

本郷理華選手、スケートカナダのときとは別人のように、いつものダイナミックな演技を、ここ北京で披露してくれました。

スピードもあって、特に長い手足を活かしたスピンはどれもレベル4でした。

ミスらしいミスというのはありませんでしたが、演技後半の3回転トーループ+3回転トーループの2つ目のジャンプが回転不足をとられてしまい、基礎点が下がってマイナス評価に。このジャンプがショートの大きな得点源だっただけに、残念ですね。

やはり見せ場はスピードのあるステップでした。首の振りをうまく使いながら、音楽の破滅的な世界観を表現していました。本郷理華選手の首の振りって、本当に音楽のコーラスにぴったり合っているんです。

こういった躍動感ある曲は、166センチある本郷理華選手が、その身長をうまく活かすことができると思います。

しかし演技構成点が伸びず、総合得点が63.63点という結果に。本郷理華選手の演技構成点が三原舞依選手のより下というのは、正直納得がいきません。確かに一つ一つのエレメントの加点が低いことも、ショートの総合点が伸びなかった原因の一つですが、演技構成点って、いまいち理解できませんよね。

ただ本郷理華選手は、動きが大きくとても見応えがある分、一つ一つの動きに丁寧さが欠ける印象もあります。特に速いテンポの音楽だと、速い大きな動きと丁寧さ、両方を揃えるのって、とても難しいことだと思います。

もう一つ気になったのは、本郷理華選手の演技構成点の中でもスケーティング力が低い評価だったことです。スケーティング力の高い選手の演技は、深いエッジ使いで、スケート靴とリンクがくっついているように見えます。小塚崇彦さんとかパトリック・チャン選手がただ滑っているだけで華になるのは、このスケーティング力が高いから。あと、エッジだけでなく、膝が深いと滑りがさらに滑らかに見えますよね。

スケーティングって、スケーターにとって基本中の基本です。そういうことを徹底させるといえば、佐藤信夫コーチを思い浮かべます。

それにしても、イギリスの解説者も、もっと得点が伸びるだろうと評価していた本郷理華選手のショートでしたが、意外に点が低く驚いていました。

本郷理華選手のショートの動画

三原舞依選手は、この中国杯の前に、ミスなく滑りたいと抱負を述べていましたが、この日のショートはまさにミスなく滑りきりましたね。伸び伸びと楽しんで滑っているのが、見ている方にも伝わるような演技でした。

三原舞依選手のショートの動画

ジャンプも高さがあり、最初のコンビネーションジャンプ、3回転ツッル+3回転トーループは加点が1.1もついた、素晴らしいジャンプでした。三原舞依選手はルッツとフリップのジャンプで、アウトとインをしっかり踏み分けているので、ショートでルッツとフリップを入れることが出きるのは、大きな得点源で、強みですよね。

若さ溢れる軽快な滑りは、見ている方も楽しくなりました。使用した音楽はフィギュアスケートではお馴染みのカミーユ・サン=サーンスのバイオリン曲で、そんなに明るい曲ではないのですが、三原舞依選手が滑ると元気溢れる曲になってしまいました。

三原舞依選手がもう少し大人になって、曲の憂い感も出せるようになると、演技に幅が出るのだと思います。

最後に

本郷理華選手も三原舞依選手も、グランプリシリーズ1戦目より、今回の方が良い演技ができたのは良かったです。

明日のフリー、期待ですね。

以上、フィギュアスケートグランプリ中国杯女子ショート結果速報、本郷理華選手と三原舞依選手についてでした。

女子フリーの結果
↓ ↓ ↓
「三原・本郷・ラジオノワ[動画]スケート中国杯2016女子FP結果」

テレビ放送予定
↓ ↓ ↓
「スケートGP中国杯2016日程/テレビ放送/出場選手/結果予想」

男子の結果
↓ ↓ ↓
「金博洋パトリックチャン[動画]スケート中国杯2016男子SP結果」
「パトリックチャン金博洋に逆転[動画]スケート中国杯2016男子FP結果」

 - スポーツ