ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

ヒロシ&キーボー山田喜代子万引き逮捕 動機と理由は介護ストレス?

   

「3年目の浮気」で一世を風靡したヒロシ&キーボーのキーボーこと、山田喜代子容疑者が万引きで逮捕されましたが、キーボーはなぜ万引きをしたのでしょうか。

キーボーがたった1600円ほどの化粧用品を万引きした理由や動機を調べました。

Sponsored Link

キーボーこと、山田喜代子

キーボーは、静岡県浜松市の出身で、1957年1月18日生まれの現在59歳です。

地元の飲み屋でカラオケをしていたところを芸能関係者の目に留まり、スカウトされたのが歌手でビューのきっかけでした。

その後上京して黒沢年男(俳優)の弟であるヒロシと組んで、1982年「3年目の浮気」でデビューしました。

デビュー曲である「3年目の浮気」は、オリコン1位を3週連続で獲得して、73万6000枚を売り上げる大ヒットになりました。

今でもカラオケでデュエットで歌う人を見かけます。

この大ヒットの後「5年目の破局」「危険なクラス会(7年目の洒落)」の曲をリリースしますが、あまりパットせず、1984年にコンビを解散。

ソロ活動を続けていましたが、ここ数年は故郷の浜松へ戻っていたようでした。

W介護

浜松へ戻ったキーボーが何をしていたかというと、両親の介護です。

そう、W介護です。

母親は半身まひで、父親は認知症。

そしてキーボーは、顔面を殴ったとして、実父山田四郎を訴え、警察が山田四郎を逮捕しました。

その事件ではキーボーは、山田四郎と口論になり、山田四郎は掃除用の水切りワイパーでキーボーの顔面を殴り、目の上に切り傷を負わせたのでした。

父親が認知症だと分かっての逮捕劇でしたので、この時点でキーボーはよっぽどストレスが溜まっていたのだと思います。

認知症になれば今まで優しかった人が、不平不満が多くなり、介護者と口論になることもあります。

この父親逮捕後は、キーボーは父親と別居しています。

で、今回はキーボー自身が、万引きで逮捕されたのです。

Sponsored Link

万引き動機は介護ストレス?

何を万引きしたかというと、1600円の化粧用品だったそうです。

お金に困って盗みをしたとは思えません。

W介護状態だったキーボーが、毎日の生活に余裕があるようには思えませんが、1600円の品物がどうしても欲しくて、万引きしたのではないと思います。

今回の万引き逮捕に、ヒロシ&キーボーのヒロシも驚いて、介護のストレスからでは、と話しているように、やはり相当のストレスをキーボーは抱えていたと思います。

それが引き金となって、ストレス発散もあって、万引きをしたのでは?と推測します。

親一人の介護でも大変です。
 
私も自分の母親が祖母を介護する様子を見てきました。

介護って、子育てと違って、ゴールや未来がありません。

子育てから解放されるということは、子供が成長したということですが、介護から解放されるって、その人がお亡くなりになられたときです。

チーボーがW介護の重圧やストレスから、一時的にでも解放されたのが、万引きをするときだったのではないでしょうか。

何だかとても悲しいですね。

最後に

キーボーは、万引きしたことを否認しているようです。

万引きしたのかどうか実際のところは本人にしか分かりませんが、キーボーが介護でストレスを抱え、相当疲労困憊しているのは確かでしょう。

キーボーが逮捕されたことにより、介護はどうなるのでしょうか。

以上、ヒロシ&キーボーのキーボーこと、山田喜代子容疑者が万引きで逮捕され、万引きの動機や理由は介護ストレスによるもの?という話題でした。

 - 社会・経済, 芸能・文化