ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

草なぎ剛の決断「木村を孤立させる意図はなかった」Oggiで語る

      2016/10/05

9月28日発売の雑誌「Oggi(オッジ)」11月号にある草彅剛くんの連載記事が、一連のSMAP解散騒動を連想させるもので、「木村を孤立させる意図はなかった」と発言。

SMAP解散騒動で、あまり表立つことは無かった草彅剛くんが、一般論としながらも「迷い」や「自分の決断」について語った言葉から、SMAP解散について、草彅剛くん胸の内が読み取れます。

Sponsored Link

連載内容「迷い」

「Oggi(オッジ)」11月号では、「迷い」というテーマで草彅剛くんの話を掲載しています。

そこには、SMAPの中ではいつも大人し目の草彅剛くん、そのままの姿がありました。

「曖昧な態度を取ることがある。自分の中で答えは決まっていても、決められないふりをして、その結果、人に左右され、自分で決まっていた答えが変わってしまう。やはり決断力があるとは言い難い。」

おそらくファンが思っている草彅剛くん、ファンから見た草彅剛くん像と、草彅剛くんが思っている自分について、ギャップがありません。そのままです。こういう人も珍しい。

でも草彅剛くんのすごいところは、どんなに人に流された結果の答えで、自分の中で決まっていた答えと違っていても、最終的に出した答えは自分のものであり、結果がどうなっても人のせいにはしないと決めているところ。

よく、結果が悪かったりすると、それは自分が考えていたものではなかったからだと責任逃れし、挙句の果てには他人のせいにしたりする人がいますが、草彅剛くんは決してそうではない。

草彅剛くんの性格や人物像がよく分かる「Oggi(オッジ)」の記事内容ですよね。

草彅剛の決断とSMAP解散

さらに「Oggi(オッジ)」11月号では、SMAP解散発表後に初めて、草彅剛くんが「自分の決断」について振り返っています。

これは特にSMAP解散についての「自分の決断」ではなく、あくまで一般論だとしたうえで、草彅剛くんは語っています。しかしタイミングや内容から、やはりSMAP解散のことも含んでいるのだろうと思われます。

「解散報道も落ち着いてきて、ずいぶん客観的に自分を見ているなと感じます。最近は“自分は流されていた部分もあったかもしれない”と漏らすこともあるそうです」(草なぎを知る音楽関係者)
---女性セブンより

香取慎吾くんと草彅剛くんが仲がいいことは有名ですから、SMAP存続に消極的かと思われた草彅剛くんですが、だからといって、自分から強くSMAP解散を願い出たり主張したりするようなことはなかったようです。そんなキャラではないことは、ファンが一番よく分かっています。

解散するという香取慎吾くんに賛同したのは確かのようですが、

「新聞各紙を見て“おれは解散強硬派とかじゃないのになぁ”とつぶやいていたこともあったといいます。“木村くんを孤立させる意図はなかった”とも。」(草なぎを知る音楽関係者)
---女性セブンより

これって、草彅剛くんの人柄と考えがよく表れていると思うんです。

SMAPがこのまま解散していいのかな、何もせずに12月を迎えていいのかな、という草彅剛くんの迷いや複雑な心境が伝わってきます。

まさに「Oggi(オッジ)」での草彅剛くん連載の11月号のテーマ「迷い」、そのままですね。迷わない方がおかしいのかもしれませんが。

変わりつつある?

しかし草彅剛くんに迷いがあるということは、SMAP解散ということに100%納得しているというわけではない、とも捕らえられるのではないでしょうか。

12月にSMAP解散という決定が、必ずしも自分の中にあったもともとの答えとは違っていたのでは?このことを「Oggi(オッジ)」の連載は示唆するために、記事の前半の「草彅剛は曖昧な態度を取ることがある」という部分を掲載したのではないでしょうか。

12月にSMAPが解散するということに、多くのファンが残念がっている、その声を聞いて草彅剛くんは、「今までは、結論として出た答えが、自分の中にあった答えと違っていても受け入れてきたけれど、今回ばかりはそれでいいのか?」という疑問が浮かんでいるのでは?と思います。そういった意味では、変わりつつある草彅剛くん。

SMAPが12月に解散するのは決定事項で、今更変えられないのなら、せめて後残り3ヶ月、草彅剛くんが自分の中の答えに、つまり自分の気持ちに正直に行動し、悔いの残らないようにしてほしいです。

最後に

草彅剛くんの、SMAPでの立ち位置って、個人的に好きなんです。どちらかというといじられキャラで、突っ込まれ役で。草彅剛くんにとってSMAPのメンバーは、ライバルではなく仲間なんだとか。そういうふうにメンバー全員がもう一度再認識してくれたら、もしかしたら解散は・・・、何て期待し過ぎですね。

以上、草彅剛くんが「Oggi」で語った決断、「木村くんを孤立させる意図はなかった」発言の真意は?という話題でした。

 - 芸能・文化