ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

松本潤「ナラタージュ」にファン衝撃!有村架純と禁断の愛?

   

嵐松本潤が、映画「ナラタージュ」で有村架純と”禁断の愛”そして”大人の愛”を演じるということに、松潤のファンは耐えられるのでしょうか。

松潤ファンにはショックが大き過ぎる「ナラタージュ」とは、どんな映画なのか、また一番衝撃的過ぎて、ファンが失神しそうなシーンもまとめました。

嵐ファンの皆さん、松本潤ファンの皆さん、覚悟はいいですか?

Sponsored Link

「ナラタージュ」とは?

「ナラタージュ」の原作者島本理生は、2003年の高校在学中に「リトル・バイ・リトル」で芥川賞候補になりました。

そして2005年に「ナラタージュ」は各界で絶賛され、23万部を売り上げるベストセラーとなり、2006年版「この恋愛小説がすごい!」で1位を獲得しました。

「ナラタージュ」は、「お願いだから私を壊して」ととても衝撃的なコピーが添えられていますが、そのコピーの通りな内容です。

風景描写とか情景描写がとても上手い文章だと評判ですが、その細かすぎる言い回しで返って感情移入しにくいというレビューもありました。

あらすじ

20歳の大学生・工藤泉(有村架純)が高校生のとき、10歳年上の教師である葉山先生(松本潤)と出会い、演劇部に誘われます。

クラスでは孤独にしていた泉に対して特別扱いをする葉山先生を、泉は好きになっていき、高校の卒業式にはまさかのキス。

そして大学2年生になった泉の元に、葉山先生から電話がかかってきます。

そして会うことになった泉と葉山先生は、当時の回想を重ねていくうちに、その時の感情までも蘇るのでした。

松本潤ファンショックのシーン

「ナラタージュ」は、禁断の愛、大人の愛を描くということです。

で、何が松本潤ファンにとって耐えられないシーンまたは内容かというと、

  • 映画版が原作通りなら、有村架純とキスシーンがある
  • 大人の愛ということで、ベッドシーンがある
  • 松本潤が演じる葉山先生は奥さんがいるのに、高校生にちょっかいを出すこと
  • 離婚は出来ないでいるのに、有村架純と不倫する
  • 要するに松本潤は有村架純と浮気する

線の細いイメージがある松本潤に葉山先生はぴったりだと思います。

ネット上では、葉山先生って、

「地に足がついていない」

「驚くほど類型的」

とちょっと否定的なコメントが多いです。

そんな葉山先生を松本潤はどのように演じるのでしょうか。

そこが映画「ナラタージュ」の一番の楽しみであり、見どころかもしれません。

Sponsored Link

松本潤のコメント

要するにこの「ナラタージュ」とは、不倫物語なのですね。

松本潤はこの原作に強く共感したそうで、

「有村さんと一緒に、清らかであるのと同じほど、苦しい心模様を表現していきたいです」

とコメントしています。

え〜〜〜〜、松潤、不倫に共感したの?

とてもショックです。

松潤ファンは今頃どんな心境なのでしょうか。

最後に

映画「ナラタージュ」は既に撮影は始まっていて、今秋に公開予定です。

以上、松本潤ファン大ショックな映画「ナラタージュ」についてでした。

 - 芸能・文化