ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

坊主姿の夏目雅子が美し過ぎる、ドラマ西遊記[動画リンク有]

   

China, Mountain

「西遊記」と言えば、坊主姿で演じた夏目雅子さんのドラマ代表作と言えるでしょう。堺正章が演じる孫悟空やその他の共を連れて、天竺への取経の旅をするという物語です。「西遊記」の中の夏目雅子さんの、群を抜いた美しさについて書きたいと思います。

Sponsored Link

丸坊主の夏目雅子

「西遊記」で夏目雅子さんは三蔵法師、つまりお坊さんの役でした。

そう、丸坊主だったのです。

これにはとてもショックでした。なにしろ売れっ子女優が、丸坊主でしたから。

流行りのヘアスタイル、なんてことはありません。髪型で見た目を整えたり、可愛く見せる、なんてこともできません。

「素」で勝負しかありませんでした。

それでも夏目雅子さんは十分に美しかったのです。彼女の美しさは、髪なんて無くても十分美しいのです。「素」が美しい。

「素」で勝負できる女性だったのです。

「素」の美しさに勝てる美しさはないと思います。

品のある三蔵法師

三蔵法師は教養があります。内なる強さがあります。品もあります。

それらが夏目雅子さん自身にぴったりと重なって、彼女をより美しく見せました。

つまり外見だけでなく、内面からも美しさがにじみ出てくるのでした。

外見だけごまかしても、やっぱり内面はごまかしが効きません。しかしこの三蔵法師を演じる夏目雅子さんは、その両方を揃えていて、非の打ち所がないほど、美しかったのでした。

Sponsored Link

お供の者とは対照的に

三蔵法師のお供は孫悟空、沙悟浄、猪八戒でした。
ドラマでは堺正章さん、岸部シローさん、左とん平さんが演じていて、それぞれ猿、カッパ、猪(豚だったかも)の姿だったので、何となく彼らが夏目雅子さんの美しさを一層引き立てているように見えました。

そういう意味も込めて、そのような動物の姿をしていたのかもしれません。

とにかくお供の者たちがそんな恰好でしたから、坊主姿の夏目雅子さんが本当に美しく、際立って見えました。

最後に

ここまで三蔵法師の夏目雅子さんの美しさについてでした。

ぜひ
西遊記 第01話「石猿誕生す」 by tv-files

 - 芸能・文化