ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

岡田准一宮崎あおい 手つなぎ伊勢神宮参拝で結婚?不倫略奪成就か

   

V6の岡田准一さんと宮崎あおいさんの手つなぎデートで、三重県の伊勢神宮を参拝した様子がFLASHで掲載されましたが、12月23日発売のフライデーもまた、この二人を結婚間近だと報じています。

ジャニーズの方針変換なのか、40代前後あるいはそれ以上のジャニーズの結婚が増えているように見えます。

事務所は容認しつつあるようですが、岡田准一さんのファンは、宮崎あおいさんとの結婚に大反対。理由はやはりこの二人の馴れ初めが不倫略奪だったからでしょうか。

今回は岡田准一さんと宮崎あおいさんの熱愛、手つなぎデートで伊勢神宮を参拝、結婚目前?というテーマです。

Sponsored Link

手つなぎで伊勢神宮参拝

12月11日日曜日の早朝に岡田准一さんと宮崎あおいさんが揃って伊勢神宮に姿を現し、手つなぎでデートする様子を、FLASHが報じています。

大安である12月11日に伊勢神宮を参拝したというのは、やはり結婚を意識したということなんでしょうか。

忙しい芸能人である岡田准一さんと宮崎あおいさんでしょうから、たまたま休みが重なったのがこの日だったと、考えられなくもないですが、わざわざこの日に三重県まで遠出するあたり、やはり何か意味があるのでしょう。

岡田准一さんと宮崎あおいさんは参拝すると、周辺を散策したり、写真撮影をしたり、おかげ横丁でシイタケ串を一本だけ買い、それを分け合う姿などが目撃されています。

今年3月には週刊文春が岡田准一さんと宮崎あおいさんの同姓生活をスクープしていますし、伊勢神宮への手つなぎデートでも二人のあつあつぶりが伝わってきます。結婚へ秒読み段階なのでしょうね。

二人の熱愛交際は、ちょくちょく報道されて、結婚間近?なんて噂は今年何度もありましたね。

ジャニーズは容認!?

ここで問題になるのは、やはりジャニーズ事務所でしょうが、最近ジャニーズメンバーにある都市伝説、グループに結婚は一人まで、というのが崩れつつあります。

V6においては、2007年の井ノ原快彦さんと瀬戸朝香さんとの結婚、そして今年11月には長野博さんと白石美帆さんが結婚しました。

また嵐においては、松岡昌宏が来年早々に結婚へと週刊実話が報じています。

このように最近は40代前後のジャニーズメンバーの結婚を、事務所は容認しつつあるように見えます。

確かに事務所の圧力で、彼女と別れたジャニーズアイドルはたくさんいますが、やはりいつまでも独身にさせておくわけにもいかず、ある程度の年齢、つまり40代前後であれば、結婚OKなのでしょうか。

というわけで、岡田准一さんと宮崎あおいさんの熱愛交際、そして結婚に事務所の壁が立ちはだかるようなことはないようですね。

ファンは大反対!理由は不倫略奪

ジャニーズ事務所は反対していなくても、岡田准一さんのファンは大反対です。

ただ岡田准一さんが女性と熱愛することや結婚することそのものに反対しているわけではなく、交際相手が宮崎あおいさんということに反対しているわけです。

理由はやはり、この熱愛の馴れ初めが不倫略奪だったからでしょう。

宮崎あおいさんは離婚歴がります。

2007年に高岡奏輔さんと結婚しましたが、2011月頃から夫婦仲に亀裂が入り始め、同年末に離婚しました。

岡田准一さんとは2008年の映画「陰日向に咲く」で、夫婦役で共演したのがきっかけで知り合い、宮崎あおいさんの離婚成立前に交際が始まっています。

つまり岡田准一さんと宮崎あおいさんは不倫関係にあった、ということなのです。

岡田准一さんと宮崎あおいさんの関係がバレたのは、高岡奏輔さんが契約し宮崎あおいさんに渡していた携帯電話の通話記録からでした。

こんな決定的な証拠を握られては、逃れようがありませんよね。旦那が契約した携帯を使って、浮気相手と連絡をやりとりするなんて。

その証拠を手に、高岡奏輔さんは岡田准一さんを呼び出し、岡田准一さんは不倫を認め土下座したとか。

やはりそんな不倫で始まった関係である岡田准一さんと宮崎あおいさんの熱愛を、ファンが歓迎するはずはないですよね。

宮崎あおいさんとの不倫が始まってからもう随分経ちますが、結婚も目前かと囁かれるほど、交際は順調のようです。

不倫略奪で始まった交際なんて、所詮長続きしない、という期待(?)を裏切って、ファンとしては尚更二人の結婚には反対ですよね。

最後に

個人的には不倫略奪婚が成就するのは、はやり気持ちのいいものではありません。

しかしそこは男女の仲。他人には分からないこともあるのでしょうか。

以上、岡田准一さんと宮崎あおいさん、手つなぎで伊勢神宮参拝で結婚目前?遂に略奪婚成就する?という話題でした。

 - 芸能・文化