ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

がっちりマンデーでサトウ食品?勝手にCMベスト5

      2016/04/02

今週のがっちりマンデーはサトウ食品が登場する!あの歴史のあるCMで有名なサトウ食品である。嬉しくてたまらない。昔と変わらないもの、新たに加わったもの、改良されたもの、日本の米の近代史である。今回はあのインパクトのあるサトウ食品のCMをランキング方式で選んでみた。

Sponsored Link

ベスト5: ちゃんとエコを考えて、「らくポイ容器」

鏡餅の形をした容器の中にお餅が入っていて、お正月らしく着物姿のnegicco3人娘。中身を食べたら、容器は潰したり引き裂いたりしてポイと捨てられる。ゴミは小さくして捨てるなんて、とってもエコ。時代をしっかり反映してる。

ベスト4: インパクトは強し「ダンス餅」

相川結が織りなすインパクトのある切り餅のCM。メインの商品である切り餅は、特に美味しそうに映し出されているわけではないが、3人のダンスパフォーマンスが強烈で、脳裏に焼き付く。少し憂いを含んだ表情で踊っているところも、意味あり気でマル。

ベスト3; 食べ方いろいろ「切り餅いっぽん」

韓国のトッポキからヒントを得ているのか、スティック状で形状がよく似ている。切り餅一本の方が長い。このCMが提案しているこの切り餅の食べ方が斬新だった。海苔を巻いて昔ながらの磯辺風、ハムやチーズを巻いておしゃれな洋風、そしてチョコレートにディップしてチョコレートフォンデュで北欧風?とでもいうのか?韓国のトッポキファンもさすがにチョコ風でいただくことは、夢にも思っていないだろう。スバラシイではないか。日本のお餅が北欧の冷たい風に包まれた瞬間だ。

ベスト2: これまた斬新で賞「もちポンクッキング」

既に切り分けられている切り餅が、さらに4つに分割できるようになっている、スプリットタイプである。4分割すると一粒が丁度カレーのルーくらいの大きさになって、それをカレーやシチュー、お味噌汁やスープにもちポンするのだ。小さいのですぐ火が通り、柔らかくなる。いいアイディアではないか。通常の大きさにこだわる必要は全くない。考えがこれまた斬新だ。多角的に物事をみるサトウ食品に、学ぶことは大きい。

ベスト1: やっぱりこれでしょ「玄関開けたら・・・!」

会社から疲れて帰ってきて夕食の準備をする気力がなくても、レンジでチンするだけで美味しいご飯が食べられる。こんな幸せなことはない。玄関を開けたらサトウのご飯がある。忙しい現代人の生活にマッチしている。そう、これが必要なのだ、と思わせてくれるCM。

個人的にはnegiccoがサトウ食品のCMをするようになって複雑になったような気がする。以前は玄関を開けたらのCMに代表されるように、もう少しシンプルだったような。

日本人の米文化にしっかり根付いたサトウ食品である。

 - 芸能・文化, 食・グルメ