ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

瀬戸大也の筋肉美!母親の名言や父妹家族の支えと萩野がいてこそ

   

競泳の瀬戸大也選手が、リオオリンピック個人メドレー代表に選ばれた栄光の裏には、やはり家族の支え、特に母親と、強烈なライバルである萩野公介選手の存在がありました。

瀬戸大也選手のあの素晴らしい肉体と筋肉美にウットリ、あるいは羨ましいと思いながら、瀬戸大也選手の家族、母、父、妹についてまとめました。

Sponsored Link

瀬戸大也選手の家族

瀬戸大也選手は1994年5月24日生まれ、埼玉県毛呂山町出身で、現在は早稲田大学に在学しています。

瀬戸大也選手が早稲田に進学したのは、父親瀬戸幹也さんの影響が大きかったそうです。

現在49歳の瀬戸幹也さんはアルペンスキーの選手だったそうで、アスリートとして必要な考え方

「ヤダ、ムリ、ダメなどのマイナス発言はするな」「いいことを口にしろ」

と子供の頃から瀬戸大也選手に伝授してきたというエピソードがあります。

確かに一瞬でもダメかもと思ったら、絶対に勝つことができない、厳しいスポーツの世界です。

スポーツ心理学という分野があるように、心理面はスポーツの結果に大きく左右するのです。

瀬戸幹也さんは、本田航空所属のパイロットではないかという情報があります。

また埼玉県の水泳大会にも出場するなど、アスリートとして未だ現役で頑張るお父さんなのですね。

瀬戸大也選手には山村学園高校に通う妹がいます。

瀬戸美琴さんは現在16歳で、以前は水泳とチアリーディングの両方をしていたそうですが、13歳頃からチアリーディングに専念しています。

全日本選手権での優勝、そして米フロリダ州ディズニーワールドで行われる世界大会に出場した経験があるそうですよ。

全米や世界40ヶ国から選ばれたチームが参加する世界大会で、2004年から始まり毎年4月にフロリダ州オーランドで行われています。

この大会の中継をテレビで見たことがあるので、あの大会に瀬戸美琴さんが出場していたの!!と感激です。

母親の名言とライバル萩野公介

瀬戸大也選手の母親瀬戸一美さんが、瀬戸大也選手が競泳者として成功する上で最も影響を与えた人物ではないでしょうか。

瀬戸大也選手は小学生の頃から全国大会に出場するほどの実力のある競泳者でしたが、萩野公介選手という強烈なライバルに小学校三年生から中学校2年生まで、一度も勝てませんでした。

ライバルといえば、勝ったり負けたりしてお互い高めあっていくのが理想だと思うのですが、瀬戸大也選手のように一度も勝てないともなると、自信が無くなる一方だっとかもしれません。

しかし瀬戸一美さんは息子に、

「強い子がいると、その世代は強くなる。ラッキーだよ」

「負けることで、次に頑張ろうと思わせてくれる。2番手の方がありがたいんだよ」

さらに瀬戸大也選手が2012年のロンドンオリンピック選考で落ちたときも、

「つらい経験をしたから、4年後は強くなる。大也にとってはなくてはならない経験だよ」

そう、言い聞かせていたそうです。

こんなふうに言ってくれる親がいたら、私もオリンピック選手になれたでしょうか。

オリンピアンを育てる秘訣を見たような気がしました。

そしてやはり母親だけでなく、ライバル萩野公介選手の存在も大きかったと思います。

萩野公介選手に勝てなかった経験、ロンドン五輪代表から外れた経験、それらは全て萩野公介選手の糧となり、遂に萩野公介選手はリオ五輪代表に選ばれ、何とメダルが期待されるほどの選手として注目されています。

Sponsored Link

瀬戸大也選手の筋肉美

やはりアスリートの肉体は素晴らしいですよね。萩野公介選手の筋肉美にウットリです。

よく瀬戸大也選手と萩野公介選手が二人並んだ写真がありますが、瀬戸大也選手の少し日焼けした(のか、元々の肌の色なのか)肌の色が、あの素晴らしい肉体を余計立派に見せてくれます。

厳しい練習やトレーニングで鍛え上げられたアスリートの肉体は、とても自分と同じ人間には見えませんよね。

原因不明の疲労感

トップアスリートたるや疲労知らずでスタミナの塊かと思いきや、瀬戸大也選手は今年始め、なぞの疲労感に悩まされたとか。

原因は栄養とエネルギーが不足していたとのこと。

瀬戸大也選手は体重を気にするあまり、一日5000キロカロリーは必要とされるところ、わずか3500キロカロリーしか摂取していなかったとか。

その結果、どんなに練習しても筋肉は作られておらず、逆に減ってきていたという、なんともショックなことが瀬戸大也選手の筋肉に起こっていたのでした。

麺類、魚、サブリメントで補充、など栄養面を改善したところ、「疲れも消え、エネルギーがみなぎってきた」と瀬戸大也選手は実感したそうです。

今年2月頃のことで、リオオリンピックまで半年というところでした。

改善されて何ヨリです。

あの美しい肉体、筋肉美が失われずに済みました。

最後に

リオ五輪での活躍がとても楽しみな瀬戸大也選手です。ついついメダルを期待してしまいますが、余計なプレッシャーをかけず、しっかり応援しましょう。

以上、瀬戸大也選手の母親の名言とライバル萩野公介選手の存在、父や妹の家族の支え、そして素晴らしい肉体と筋肉美が気になる!という話題でした。

 - スポーツ