ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

「阿部祝子」の読み方は?碑文谷公園事件被害者

   

先月に起きた目黒区碑文谷公園弁天池の事件の被害者、阿部祝子さんの名前は何と読むのでしょうか。

Sponsored Link

「阿部祝子」の読み方

事件の被害者である阿部祝子さんの名字は「あべ」で間違いないですが、下の名前「祝子」が、何と読むのか不思議でした。

答えからすると、「ときこ」と読むそうです。

そんな読み方が「祝う」という漢字にあったとは驚きです。

「祝」の読み方

「祝」を辞書で調べると、

音読み: シュク、シュウ、シウ
訓読み: いわう、はふり、ほぐ

とあり、小学校4年生で習う漢字だそうです。

人名のときには、

  • い、
  • いわい、
  • とき、
  • のり、
  • はじめ、
  • ほう、
  • よし

とも読むそうで、この中に碑文谷公園事件の被害である、阿部祝子さんの名前である「ときこ」、つまり「とき」が含まれています。

「祝子」と書いて「よしこ」という名前の人は、過去に何人か見たことがあります。

祝い事は良いことですから、「よしこ」となるのは分かるような気がします。

あと「はじめ」と読むのも何となく分かります。

事の始まりは新たな、嬉しいことですし、新入生、新卒、新入社員、など新しく始まるときは、祝ったりするものですから。始まりと祝いは、関係性があるのだろうことが分かります。

しかし「とき」とはいったいどこから来た読み方なのでしょうか。

阿部祝子さんの名前の読み方が「ときこ」だとは、想像だにしませんでした。

池田徳信容疑者と事件の続報

池田徳信容疑者は、阿部祝子さんの自宅に6月20日と21日の2回ベランダから侵入し、金銭目的だったと供述しています。

弁天池から見つかった遺体には、目立った外傷が無かったことから、やはり阿部祝子さんが就寝中だったようで、抵抗する間もなく殺害されたのでしょう。

池田徳信容疑者は20日に殺害し、一旦帰宅。

翌日にまた阿部祝子さんのアパートへ戻り、浴室で遺体をバラバラに切断して、スポーツバッグに入れて弁天池へ持ち運んだようです。

しかし阿部祝子さんの部屋は荒らされた様子もなく、財布もそのままでしたが、タンスにあったであろう現金が見つかっていません。

部屋を荒らさず、財布にも目をくれず、タンスの中に現金があったとして、それを真っ先に狙うのは、少し不可解な気もしますが、これからの追加情報を待つしかないですね。

Sponsored Link

最後に

以上、目黒区碑文谷公園弁天池の事件の被害者、阿部祝子さんの名前の読み方についてでした。

関連記事
↓ ↓ ↓
「【顔画像】碑文谷事件池田徳信の犯行動機とバラバラにした理由」

「目黒区碑文谷弁天地 亀が咥えたバラバラ遺体の身元は誰?」

 - 社会・経済