ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

一押し!「生タイプのふりかけ」みんなが食べたいふりかけな理由

   

みんなが食べたいふりかけランキングで、上下をさ迷っている、友陣一押しの魚の屋販売の「生タイプのふりかけ」。このおいしさとそして普通のふりかけとの違いをご紹介。

Sponsored Link

常温でもOKな生タイプ

しそわかめがメインでそれと一緒に、さけ入り、辛子明太子入り、ちりめん入り、他に何も入っていないベーシックとある。どれもおいしいが、さけ入りが一番のお気に入り。

わかめが生の状態に近いので、要冷蔵かと思いきや、常温でもOKということだ。しかし賞味期限があり、普通の乾燥タイプのふりかけに比べれば、短い命かもしれない。

furikake

少しかけるだけで、風味十分

乾燥タイプのふりかけだと、どうしても1袋どころか2袋は使わないと、なんとなく物足りない。塩分の取り過ぎと叱られそうだが、一杯のご飯にいつも2袋は使い切る。せめて1袋半と思うのだが、一度この小パックを開けると、あとは湿気るだけなので、やはりおいしくいただくためには、どうしても使い切った方がいい。

しかしこの生タイプのふりかけは、袋がジップロックになっていて、必要な分だけ使える。しかもご飯の上に少しふりかけただけで、十分わかめの旨味が出て、そしてご飯の旨味も引き立てて、おいしくいただけるのだ。

食べ方いろいろ

一番お薦めの食べ方は、ご飯に少量を混ぜ込んで、海苔で巻いて食べる。とてもシンプルだけど、これを口に入れた瞬間広がる磯の香りと、ご飯の甘味と、適度な塩加減がたまらない。日本人に生まれて良かったと思う瞬間である。

生タイプのふりかけのパッケージにも表示してアルが、パスタにからめるのもおいしいらしい。友陣はまだ試したことはないが、茹でたスパゲッティの上にさらっとふりかけでいただくのだそうだ。和風スパゲッティのできあがりである。生タイプなので、必要以上にふりかけがパスタの水分を吸い取らず、でも適度に吸い取り、いい感じにパスタにからむのだ。

生タイプだと、従来のふりかけのイメージを越えて色々アイディアが浮かんでくる。食べ方が広がるというものだ。

まとめ

この生タイプのふりかけがあれば、ご飯を何倍でも食べられそうだ。常温保存なので、台所のどこへでもしまっておける。テーブルの上にそのまま置いておくことも可能だ。

一度食べたらきっとその不思議な生わかめに虜になる?お薦めの一品である。

 - 食・グルメ