ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

羽生結弦パトリックチャン[動画]スケートカナダ2016男子SP結果速報

      2016/10/29

フィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦、カナダ大会2016の男子シングルショートプログラムが、28日にミシサガで行われました。

地元カナダからパトリック・チャン選手が出場するだけあって、この日のトリとなった男子シングルショート。

結果は、羽生結弦選手が79.65点で4位、無良崇人選手は81.24点で2位、そしてパトリック・チャン選手は90.56点で1位でした。

動画と共に、カナダ大会2016の男子シングルショートプログラムを総評します。

Sponsored Link

GPSスケートカナダ2016 男子ショート結果

順位 選手名 総合得点 技術点 演技構成点
1 パトリック・チャン(カナダ) 90.56 46.06 45.50
2 無良崇人 81.24 41.60 39.64
3 ケビン・レイノルズ(カナダ) 80.57 42.64 37.93
4 羽生結弦 79.65 35.48 44.17
5 ダニエル・サモーヒン(イスラエル) 74.62 37.13 37.49
6 閻涵(中国) 72.86 35.79 38.07
7 ミーシャ・ジー(ウズベキスタン) 72.30 36.52 36.78
8 アレクサンダー・ペトロフ(ロシア) 71.50 35.78 35.72
9 ミハル・ブジェジナ(チェコ) 70.36 31.57 38.79
10 リアン・フィラス(カナダ) 70.09 34.16 37.93
11 ロス・マイナー(アメリカ) 63.92 26.37 37.55
12 グラント・ホッホスタイン(アメリカ) 60.20 25.37 35.83

男子ショート総評と動画

羽生結弦選手、どうしちゃったんでしょう。先日行われたオータムクラシックでは決まった4回転ループでしたが、この日は軸が完全にブレて、高さもありませんでした。完全に回転不足で着氷。続く連続ジャンプでも、最初の4回転トーループで前屈みにバランスを崩し、着氷が大きく乱れて連続にできず、単独ジャンプになってしまうという痛恨のミス。ショートプログラムの規定されたエレメンツである、連続ジャンプが入りませんでした。

決まったジャンプはのはトリプルアクセルのみ。

ショートを終えた後の羽生結弦選手はとても苦しそうで、明らかに調子が悪いようでした。膝の怪我がやはり治っていない中での試合だったのですね。キスアンドクライでは、涙をこらえているように見えました。

羽生結弦選手のショートの演技

見ているこちらも、とても辛いものがありますよね。羽生結弦選手は氷の上では、やはりあの王者の風格を全面に出した表情が似合います。リンクから出ると、あどけなさ残る少年の顔でいてほしい。

ところで羽生結弦選手の今シーズンのショートの衣装、あまり好きじゃないんです。真っ白で、アクセントカラーに欠けるので、白い氷の上ではちっとも映えない。羽生結弦選手の動きがぼやけてしまう、そんな衣装だと思うんですけど、みなさんはどう思いますか?

90.56点でショート1位のパトリック・チャン選手は、地元ということでプレッシャーもあったと思いますが、とても落ち着いた演技でした。冒頭の4回転トーループ+3回転トーループは、見ていて危なげないジャンプでしたね。

次のジャンプはトリプルアクセルでしたが、これがパトリック・チャン選手にとっては一番の難関。この日もパトリック・チャン選手らしく(?)転んでしまいました。

グランプリシリーズ初戦ということで、とりこぼしもちょこちょこありました。スピン、ステップを全てレベル4に上げ、トリプルアクセルを決めれば、100点近くは出ると思います。このままシーズンが深まるにつれて、調子をあげてくるでしょう。

まだ、エレメンツを全てこなすのに精一杯という印象を受けました。つなぎの部分で8.93点と、9点以下だったのは、そのせいかと思います。しかし滑りこなせば、演技構成点はもっと高くなると思います。もともと素晴らしい表現力の持ち主ですし、このショート、パトリック・チャン選手によく合っていると思います。

81.24点で2位につけている無良崇人選手は、試合前は4回転の豊富を語っていましたが、この日のショートは転倒こそ免れましたが、着氷がきれいに決まりませんでした。軸はきれいでしたが、高さが足りないように見えました。しかしさすが得意のトリプルアクセルは、2点の加点がつくほどの素晴らしい大きなジャンプでしたね。これぞ無良崇人選手のトリプルアクセル。

無良崇人選手のショートの演技

ただスピンとステップで大きくとりこぼしが、もったいないです。得にステップの前のチェンジフットキャメルスピンは、何となく曲からずれている印象がありました。レベル2だったので、次回は頑張ってほしいところです。

4回転より、こういう細かいスピンステップのレベルを上げることが、無良崇人選手の課題でしょう。

最後に

明日の男子フリーでは、羽生結弦選手はパトリック・チャン選手を逆転できるでしょうか。どちらも好きなスケーターなので、二人共優勝してほしいくらいです。

あとは無良崇人選手が表彰台なるかどうかです。

以上、フィギュアスケートGPカナダ大会2016、男子シングルショートの結果速報でした。

カナダ大会2016のテレビ放送予定
↓ ↓ ↓
「フィギュアGPカナダ大会2016日程/テレビ放送/出場選手/結果予想」

男子フリー結果と動画
↓ ↓ ↓
「羽生最後よろめく[動画]スケートカナダ2016男子FP結果速報」

女子シングル結果
↓ ↓ ↓
「宮原なぜ衣装変更?[動画]スケートカナダ2016女子SP結果速報」
「宮原知子本郷メドベ[動画]スケートカナダ2016女子FP結果速報」
「宮原知子なぜステップ無得点?GPスケートカナダ2016FP」

 - スポーツ