ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

宮原知子本郷メドベ[動画]スケートカナダ2016女子FP結果速報

   

フィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦、カナダ大会2016の女子シングルフリープログラムが、29日にミシサガで行われました。

宮原知子選手はフリー126.84点で総合192.08点3位、本郷理華選手は105.44点で総合171.19点6位、そしてショート11位で出遅れた永井優香選手は107.17点で総合147.56点の11位という結果。144.41点という脅威の得点を叩きだした世界女王、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手が、昨日のショート1位に続いてフリーも1位、総合220.65点で優勝しました。

動画と共に女子フリーを総評しました。

Sponsored Link

GPSスケートカナダ2016 女子フリー結果

順位 選手名 総合得点 技術点 演技構成点
1 エフゲニア・メドベージェワ(ロシア) 144.41 72.86 71.55
2 ケイトリン・オズモンド(カナダ) 132.12 65.37 67.75
3 宮原知子 126.84 59.42 67.42
4 アレーヌ・シャルトラン(カナダ) 55.30 59.98 63.43
5 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 121.20 60.18 61.02
6 チェ・ダビン(韓国) 112.49 60.76 51.73
7 永井優香 107.17 51.87 55.30
8 本郷理華 105.44 47.08 58.36
9 キム・ナヒョン(韓国) 104.02 51.27 52.75
10 ヨシ・ヘルゲソン(スウェーデン) 100.05 47.14 52.91
11 長洲未来(アメリカ) 98.23 42.10 56.13

女子総合結果

  1. エフゲニア・メドベージェワ(ロシア) 220.65
  2. ケイトリン・オズモンド(カナダ) 206.45
  3. 宮原知子 192.08
  4. エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 187.99
  5. アレーヌ・シャルトラン(カナダ) 185.56
  6. 本郷理華 171.19
  7. チェ・ダビン(韓国) 165.78
  8. キム・ナヒョン(韓国) 164.48
  9. 長洲未来(アメリカ) 151.42
  10. ヨシ・ヘルゲソン(スウェーデン) 149.77
  11. 永井優香 147.56

女子フリー総評と動画

宮原知子選手のフリー、とてもゴージャス!衣装もフリーの曲、グスターヴ・ホルスト 『惑星』より「木星」に合わせて、まるで木星でした。

得点では、US インターナショナルクラシックのときの方が高かったですが、今回の方が宮原知子選手の表情がとても良かったです。昨日のショートよりずっと落ち着いていて、動きが柔らかくも、強弱がはっきりしているので、見ていて飽きません。演技構成点は、67.42点ですから、ジャッジからも表現力を認められていますね。

それに手足を大きく広げたスパイラルでは、150センチの小柄な宮原知子選手が大きく見えてました。一瞬、あれ身長伸びて、手足が伸びた?と思いましたが、18歳の女性の身長が伸びることはそうそうないでしょう。あの大きく見えたスパイラルは、やはり宮原知子選手が見せた技、だったのでしょうね。

今日も回転不足をたくさんとられてしまいましたが、冒頭の2つのジャンプ、3ループ、3ルッツ+3トーループは、高さがありましたね。加点も0.9点つきました。いきなり大きな3ループから演技が始まり、昨日のショートで課題だった低空ジャンプ対策をしてきたのか、と思いました。宮原知子選手って、ふわっと跳んで低空でそのままクルクルっと回る、そんなジャンプですが、この冒頭の2つのジャンプには、力強ささえ感じました。

しかし演技後半に入ってすぐの3連続ジャンプの最後の2ループジャンプは、テレビで肉眼で見ていても分かるほど、回転不足でしたね。演技後半のジャンプは回転不足を厳しくとられまくりました。

しかし、最後の逆回転スピンは、試合を重ねるごとに回転が速くなっているように見え、会場を沸かせました。

会場に来ていた日本人の観客は、スタンディングオベーションでした。私もテレビの前で、スタンディングオベーションでした。

ただ、今回のフリーで、ステップがカウントされていません。つまり4.5~5.0点は失っています。これが今回のフリーの得点が130点に届かなかった原因ですね。

宮原知子選手のステップがノーカウントになった理由については、「宮原知子なぜステップ無得点?GPスケートカナダ2016FP」をご覧ください。

宮原知子選手のフリー演技動画

メドベージェワ選手は、昨日のショートに引き続き、今日のフリーでも圧巻でしたね。

エフゲニア・メドベージェワ選手のフリー演技動画

基礎点が1.1倍になる演技後半に5つのジャンプを集めて、しかもその内2つが連続ジャンプです。そしてその内の一つが3サルコー+3トーループ。メドベージェワ選手のフリーは、3回転+3回転のジャンプが2つ入っていて、高得点を狙える構成になっています。またそれを決めてしまうところがすごい。複数の種類のジャンプで、手を上げて跳ぶので、加点も期待できます。

昨シーズンと比べて、今シーズンのフリーは、何だか力強さみたいものが加わったと思います。昨シーズンは、ジュニアから上がったばかりで、まだ体が子供の女の子でした。もちろん今でも細身のメドベージェワ選手ですが、この一年で体が一歩大人の女性に近づいた感じ。この年齢の女性の体の変化って、著しいですからね。

ところでメドベージェワ選手の衣装って、代わり映えがしないように見えます。デザインが同じ人なのでしょうか。同じように見えます。髪型も同じなので、余計そう見えるのかも。

最後に

今シーズンもメドベージェワ選手のタイトル総なめでしょうか。シーズン序盤ですでにこの得点です。世界選手権の頃には、一体何点まで出るのか、ちょっと想像がつきません。

以上、フィギュアスケートグランプリカナダ大会2016女子フリーについてでした。

カナダ大会2016のテレビ放送予定
↓ ↓ ↓
「フィギュアGPカナダ大会2016日程/テレビ放送/出場選手/結果予想」

女子ショートの結果
↓ ↓ ↓
「宮原なぜ衣装変更?[動画]スケートカナダ2016女子SP結果速報」

羽生、パトリック、男子ショートの結果
↓ ↓ ↓
「羽生結弦パトリックチャン[動画]スケートカナダ2016男子SP結果速報」

 - スポーツ