ほのかりん未成年でキャバクラ嬢だった?ゲス川谷は知ってた?文春

   

ほのかりんとの交際が続いているゲス川谷絵音ですが、12月28日発売の週刊文春では、ほのかりんがキャバクラ勤めをしていたことを、知っていた?との記事が掲載されます。

ほのかりんと川谷絵音の熱愛交際が順調な様子を示す画像が、ツイッターにも最近アップされていましたが、惚れた弱み、キャバクラ勤めでも何でも認めるのでしょうかね。

ところでほのかりんはつい最近20歳になったばかりですが、いつキャバクラ勤めをしていて、当時未成年だったのでしょうか。しかもキャバ嬢しながら、NHKに出演していたということなのでしょうか。

Sponsored Link

ほのかりんがキャバクラ勤め!

12月28日発売の週刊文春によると、

ゲス川谷は知っていた!?ほのかりんキャバクラ勤め

という記事タイトルで、ほのかりんがキャバクラで働いていたこという内容の記事が掲載されます。

キャバクラで働くには、日本の法律上18歳からです。18歳であっても、まだ高校生であるなら、学校が許可しないでしょうね。

ほのかりんは、1996年10月4日生まれで、現在20歳。未成年ではなりませんが、川谷絵音との交際が発覚した時はまだ未成年だったので、未成年者と飲酒していたことが問題視されました。

今は20歳以上で、お酒を飲むことは法律上問題ないほのかりんですが、18歳以上でキャバクラで働いていたということは、法律上問題無いにせよ、これを彼氏としてどう受け止めるのかは、人それぞれでしょうね。

おそらく出会った時点で、キャバクラ嬢なのか、元キャバクラ嬢なのか、過去のことなのか、現在でもそうなのか、結構相手の反応としては分かれ目だとすると、川谷絵音がほのかりんがキャバクラで働いていたことを知っていても、過去のことであれば、受け入れるのではないでしょうか。

未成年でキャバクラ嬢で、NHK出演していた?

いつほのかりんはキャバクラで働いていたのか、気になります。

ほのかりんは、2009年13歳でデビューしています。そして2011年12月から、NHKのEテレ「Rの法則」にレギュラー出演しています。このとき15歳で、今年9月に週刊文春で川谷絵音との交際が発覚するまで、「Rの法則」に出演していました。

「川谷の彼女ほのかりんのツイッター画像 19歳で三軒茶屋Proof up?」

つまりほのかりんは「Rの法則」には15歳から19歳まで出演していたことになりますが、キャバクラで働いていた時期と重なる、ということでしょうか。

今年10月4日に「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End」が、12月3日をもって活動を休止するという報道が流れたとき、ネットには、

「数年後キャバクラで働いてそうだな」

という書き込みがなされていました。

この報道及び書き込みがされたのは、ほのかりんの20歳の誕生日である今年10月4日です。

この書き込みが本当なら、ほのかりんは未成年でキャバクラで働いていた。一応法律を守ったとして、18歳以上で働いたとするなら、2014年10月4日以上。で、ほのかりんの高校卒業後とするなら、2015年4月以降となります。

そう考えると、ほのかりんはNHKのEテレに出演していたとき、キャバクラに勤めていた、ということになります。

別にキャバクラがいい悪いではなく、NHKってクリーンなイメージを保とうとしている気がするので、キャバクラ嬢をレギュラー出演させていた、ということに驚きです。

もちろん上記の書き込みが本当であればの話ですが。

ほのかりんがキャバクラで働いていたのが過去のことだったとしても、ほのかりんの年齢からそんなに昔の話ではないですし、また現在も働いているのかどうかというと、はっきりしません。

もし現在ほのかりんがキャバクラで働いていようが、そこでお酒を飲んでいようが、20歳なのですから法律上は問題ないです。あとは川谷絵音がそれをどう受け止めるか、ですよね。

最後に

今年2016年は、実に不倫報道が多い年でしたが、全ては川谷絵音とベッキーとの不倫から始まった一年だったと言ってもいいでしょう。

今年は残すところあと4日。

まだ何かあるのでしょうか。

以上、ほのかりんはキャバクラ嬢だった?週刊文春報じる、という話題でした。

 - 芸能・文化