ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

慶応ミスコン広告研究会加害者はオラオラ系別働隊!画像は昨年の物?

   

慶応ミスコン不祥事問題で、今回暴行事件を起こしたのは、広告学研究会の中でも、ミスコンを担当している学生ではなく、オラオラ系の学生で別働隊であったと、スポニチが報じています。

さらには広告学研究会が神奈川県葉山の海の家で撮った画像も、昨年のものであるということです。

今回問題を起こした加害者を、遂に切り離す作戦に出たのでしょうか。

Sponsored Link

加害者はオラオラ系別働隊?

スポニチによると、慶応ミスコンの中止騒動の真相である、暴行事件を起こした6人の男子学生は、ミスコン担当学生とは別の、オラオラ系の別働隊の学生であったとか。

慶応ミスコンを主催しているのは広告学研究会ですが、その中でも、ミスコン担当学生と、別のことを担当する学生がいるということです。

事件を起こしたのは、オラオラ系別働隊の1年生6人。というのも夏の間設置されている海の家の解体作業は、1年生の担当で、事件のあった9月2日に、この6人は作業後合宿所で飲み会を開いたのでした。

スポニチの報道内容からは、広告学研究会のミスコン担当学生についてはあまり多く触れられていませんが、

「ミス慶応」の運営をしていたのは、広研の1924年(大13)から続く92年の歴史を継承し活動していた学生たち。別動隊の人数が多くなる中で現在は少数派だ。ファイナリスト6人も決まっていた「ミス慶応」が別動隊の不祥事で中止になり、学内からは同情の声も上がる。

これらの文章からは、いかにもミスコン担当学生は、広告学研究会の中でも、その長い歴史を先輩から受け継いだ、真面目な学生というイメージが伝わってきます。

同じ広告学研究会でも、問題を起こしたのはオラオラ系別働隊で、ミスコン担当学生は別もの。そういうふうに、スポニチ読者は解釈するのではないでしょうか。

オラつきが凄い画像は、昨年のもの?

今回の騒動で明るみになりましたが、今までも広告学研究会による問題は数多く報告されているそうで、海の家や合宿所がある葉山町の大浜海岸では、住民からの苦情も寄せられていたんだとか。

オラつきが凄くイカついた風貌から、海岸に来る一般客は避けていたようです。

前列に椅子に座って構えている4天王は、ワンピースに出て来るキャラ「海軍大将」にそっくりと、ネットでは盛り上がっているとか。

確かにそっくり。

この中に今回の問題を起こした6人がいるのでは、あるいは被害者までも写っているのはと噂されていますが、現在は削除されています。

しかしもっと凄いのは、スポニチはこの画像を昨年海の家で記念撮影されたものと報じているんです。

昨年、海の家で撮られた広研の記念写真には、いかつい風貌をした学生が足を組んだり股を開いたりして写っている。

現在広告学研究会のフェイスブックは閲覧できません。私はまだ閲覧状態にあるときに閲覧しましたが、昨年のものだったかどうかは定かではありません。てっきり今年の夏、写されたのだったと記憶しています。なぜならその画像の投稿が投稿されたのは、最近だったからです。ただ投稿日を確認したわけではありません。最後の更新日はずっと前だったかもしれませんし、写真が写されたのは昨年だったかもしれません。

ただ普通に考えて、イベント情報や活動状況を載せるSNSに、1年も前の画像を投稿するとは考えられません。

しかし広告学研究会のフェイスブックは現在閲覧できないので、確認のしようがありません。

もしスポニチの言うように、この画像が昨年のものなら、今年4月に入学した6人の学生も被害者の学生も、そこには写っていません。

なぜ切り離し作戦に?

今回問題を起こした6人の学生が、ミスコン担当学生ではなく、オラオラ系別働隊であったとしても、同じ広告学研究会です。大きなサークルやでれば、担当が分かれることもあるでしょう。私たち一般人からすれば、同じ広告学研究会であることに過ぎません。それなのに、なぜわざわざ、それを強調するように報道されたのか、疑問に思いました。

慶応大学のイメージやブランド力を、これ以上落とさないためでしょうか。

慶応ミスコンは、女子アナの登竜門と言われ、ファイナリストにとっては将来自分のキャリアにも影響するかもしれないわけです。つまりそれなりの格のあるイベントということです。

「今年度ミス慶応コンテストは、いかなる団体を通じても開催する予定は一切ございません」と公表している慶応大学は、来年は開催されるかもしれないことを示唆しています。

来年ミスコン復活に向けても、今回の問題は、ミスコン担当者とは切り離す必要があるのでしょう。

最後に

被害者の女子学生からの被害届が警察で受理されたようです。加害者の親は有力者だと言われますが、圧力に負けず、泣き寝入りをせず、被害届を提出したのは、とても勇気あることだったと思います。

また政治アイドル町田彩夏さんは、叩かれることを覚悟で慶応ミスコン面接の実態を告白しました。

「町田彩夏ブスだから?慶応ミスコン面接実態明かすもツイッター炎上」

大学生の不祥事は慶応大学だけではありません。

「【画像】久保田和真告発逮捕?青学大エースで箱根駅伝優勝メンバー」

「青学駅伝久保田和真 暴行事件直後にTwitter止めていた」

しかしほとんどの学生は、大きな問題を起こすことなく、普通に学生生活を送っているのも確かです。

以上、慶応広告学研究会加害者はオラオラ系、ミスコン担当とは別働隊で、画像は昨年のもの!という話題でした。

 - 社会・経済