ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

1000万ルピアいくら?インドネシア通貨で8万!M2グランプリ

   

12月4日放送の「ロンドンハーツ」での企画、「M-2グランプリ」では、劇団ひとりが優勝し、賞金1000万ルピアを獲得しましたが、一体日本円でいくらなのでしょうか。

ルピアはどこの通貨というとインドネシアで、12月4日現在で1ルピア=0.008427円となり、賞金1千万ルピアは8万4270円になります。

「M-2グランプリ」の結果をまとめました。

Sponsored Link

ロンハーM-2グランプリ

さて今夜の「ロンドンハーツ」の直前に放送された、「M-1グランプリ2016」では、銀シャリが優勝し、賞金1000万円を獲得しました。

「和牛が上?なぜ銀シャリM1グランプリ2016優勝?漫才としてどうか」

それを受けて、ロンハーでは、「M-2グランプリ」という内容に。体を張った企画に司会者芸人達が挑戦しました。

その中で優勝は、劇団ひとり。

私は劇団ひとりのファンなので、テレビで見られただけでも嬉しいのですが、こうやって何かのレースで優勝してさらに嬉しいです。まあ「M-1グランプリ」はちゃんとしたコンペですが、この「M-2グランプリ」はあくまでもそのパロディ。格が違いますが。

劇団ひとりは、スタッフにダンボール箱を被るよう指示され、すっかり目隠し状態に。

そして企画内容がようやく知らされます。

「小屋の中身は何でしょう?」

2メートル四方の小さな部屋に、ダンボール箱を被って全く周りが見えない劇団ひとりが入ります。その部屋にいるのは何か、当てます。

まずはハイハイしてくださいと言われ、四つんば状態で小部屋に入る劇団ひとり。そこにはニシキヘビが何匹もいます。

不安になりながらも恐る恐る進む劇団ひとりは、「犬」「カエル」と叫びますが違います。

ニシキヘビが劇団ひとりの足元に。劇団ひとりの顔がこわばって、本当に怖いんでしょうね。よだれまで出しながらも、勇気を振り絞って手で触ってみることに。

そこでようやく「へび」と叫んで正解でした。

続いてはアルパカ。小部屋も5メートル四方に拡大されて、恐怖心も倍増。

「犬」「やぎ」「羊」と叫びますが、不正解。柔らかい物体だと気づいて、アルパかと正解を叫びます。

最後はでかいもので、曙が登場。劇団ひとりを強くつついたり、技を賭けたりします。

「像」「ガチョウ」「ポニー」と叫びますが、不正解。

「やばいやつだよ」を連発後、人だと分かりますが、スタッフから個人名を言い当てるよう指示。しかし劇団ひとりは、無茶する挌闘家は曙だと、言い当てたのでした。

結果、5人の審査員は、

トレンディ斎藤 100点
ノンスタ井上 100点
カズレーザー 99点
小宮 99点
狩野 99点

劇団ひとりは、497点という高得点を獲得したのでした。

劇団ひとり優勝!M-2グランプリ総合結果

M-2グランプリ総合結果がこちら

1位 劇団ひとり 497点
2位 淳&フジモン 474点
3位 チュート徳井 465点
4位 サキヤマ 462点
5位 おさやはぎ 458点
6位 カンニング竹山 421点
7位 有吉&バカリズム 361点

劇団ひとりが2位と23点差をつけて、ダントツの1位ですね。

賞金1000万ルピアっていくら?

「M-2グランプリ」に優勝し、劇団ひとりに賞金1000万ルピアが渡されました。

「M-1グランプリ」では賞金1000万円なんでけどね。

このルピアとは、インドネシアの通貨です。

12月4日現在で1ルピア=0.008427円なので、1千万ルピアというと、

0.008427 x 10,000,000 = 84,270

日本円では8万4270円になります。

悪くないのでは?

劇団ひとりは、

「こういう賞をもらったことがなく、初めての賞がM-2ということで、すごく複雑です」

と涙目でコメントしていました。

劇団ひとりのファンの私も嬉しかったです。

最後に

ロンハーの企画は、結構当たり外れがあるなと思うのですが、今夜の「M-2グランプリ」は、「M-1グランプリ2016」の後だっただけに、面白かったです。

劇団ひとりもそうですが、あんなに売れている芸人でも、芸人であれば体当たり企画に参加するわけですね。芸人って大変。

以上、ロンハー企画「M-2グランプリ」優勝の劇団ひとりが獲得した1000万ルピアっていくら?という話題でした。

 - 芸能・文化