ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

永作博美が猫になる!?アニメ「ペット」日本語版でクロエの声担当

   

Pet

アニメ「ペット」の日本語吹替版で、姉御肌でちょっと太めの猫のクロエの声を
永作博美が担当することになりました。

Sponsored Link

ペットの日常生活?

この映画「ペット」は、飼い主ケイティが出かて家を留守にしている間、
そこで何が起こっているのか、ペットである動物目線で描かれているCGアニメです。

永作博美が担当するのは、太っていて、なんとなく怠け者で、
でも太っているので食べることが好き(だから太っている?)な猫のクロエ役です。

このクロエ、しっかりとした面も持ち合わせていて、ペットの犬マックスに
あれこれアドバイスしたりします。

クロエとマックスは二人で(?)、飼い主ケイティが新しく保健所から引き取るという
犬を何とかせねばと、あれこれ策を練ります。

そんなことが、ペットの動物目線で描かれているんが、「ペット」です。

永作博美のコメント

永作博美はクロエ役のオファーを受けたことに、

「ペットの世界という異空間を体験できるのかとワクワクしました。
うれしかったです」

とコメントしています。

さらにクロエに関しては、

「無愛想さがかわいいです。おいしいものに目がなく、
いくらでも食べたい気持ちはわかります」

と話しています。

アメリカらしい太った猫で、永作博美はどんな風に噛み砕いて演じるのでしょうか。

「ペット」本編映像を見る限りでは、一瞬これが永作博美?と信じられませんでした。

本当に、太った怠け者で、でも姉御肌で、そんなクロエがそこにいるようでした。

Sponsored Link

動物路線?

ペットとか動物といえば、今公開中の「ズートピア」がありますよね。

こういった動物の世界や動物目線で世の中を描くことがトレンドなのでしょうか。

いつも自分たちが見ている視点とは違った世界が見えてきますから、
こういったアニメは大好きす。

永作博美は、子供に楽しんでもらえそうだと話していますが、
大人でも十分楽しめると思います。

最後に

「ペット」は日本では8月11日より全国で公開です。

夏休みにぜひ、親子で観に行きたい映画ですね。

*ズートピアに関しては、「【ズートピア】観る前に絶対知っておきたい!ポイント9つ」「【ズートピア】なぜ黒幕は、犯罪に手を染めたのか?」

 - 芸能・文化