宇多田ヒカル「光」動画全米2位の凄さ!海外の反応とautomaticの意味

   

PUNPEEがリミックスした、宇多田ヒカルさんの最新曲「光 -Ray Of Hope MIX-」が、なんと全米iTunesで2位を記録しました。

「光 -Ray Of Hope MIX-」は、アメリカだけでなく世界で1月11日に世界同時配信がスタートされ、日本を含む9ヶ国で1位を獲得していて、あらためて宇多田ヒカルさんの凄さを痛感しました。

この快挙ついて、「光 -Ray Of Hope MIX-」の動画と共に、海外の反応や世界での評価・評判をまとめました。

そしてもう一つ気になったのは、小室哲哉さんが話していた、宇多田ヒカルさんのデビュー曲「オートマチックautomatic」の意味とは何だったのでしょう。

「オートマチックautomatic」の意味が分かれば、宇多田ヒカルさんの本当の凄さが分かるのかもしれません。

Sponsored Link

宇多田ヒカル「光」の動画

宇多田ヒカルさんの復帰後の活躍が凄いですね。

昨年末の紅白歌合戦のロンドン中継では、生で宇多田ヒカルさんの姿を久しぶりに見たような気がしました。

宇多田ヒカルさんの一番凄いところは、デビュー以来、その歌唱力が全く衰えることがない、ということですよね。

この変化無いということは、凄いことで、かつての歌姫浜崎あゆみさんも、最近ではその歌唱力の衰えを指摘されています。

「浜崎あゆみMステウルトラフェス2016動画で歌声劣化と痛い評価」

さて、今回全米iTuneチャートで2位となった、宇多田ヒカルさんの「光 -Ray Of Hope MIX-」は、2002年に発売された「光」を、PUNPEEがリミックスしたものです。

12日に発売されるゲームソフト「キングダム ハーツHD2・8 ファイナルチャプター プロローグ」のテーマソングになっています。

オリジナルバージョンは、どちらかというと切ないメロディで、女性の心の響く曲というイメージですが、PUNPEEによるリミックスバージョンは、ダンスナンバーに仕上がっていて、軽快なテンポです。

「キングダム ハーツHD2・8 ファイナルチャプター プロローグ」の動画

何が凄いの?海外の反応や評価・評判

アメリカのみならず、世界9ヶ国で1位を記録している宇多田ヒカルさんの「光 -Ray Of Hope MIX-」。

海外の反応や世界の評価・評判をまとめました。

”I love”
大好き

”Welcome back Utada-san, Happy Hollidays”
おかえり宇多田さん、良い年末年始を

”this remix gave me anti gravity feels lol. Idk how to feel about this remix though”
このリミックスバージョンは、反重力っぽく感じる。なんでか分からないけど

”the original mix used in the op of KH is the best one!”
オリジナルのは最高だね。

"Hikaru's songs are the only good thing about this game ❤"
ヒカルの歌は、このゲームにおいて唯一のいい点。

”This new remix is amazing. I love PUNPEE.”
このリミックス凄いね。PUNPEEって好きだな。

概ね好評のようです。

そしてゲーム発売が待てないという声が多数。

ゲームソフトとのコラボは、注目度が高いですね。

宇多田の凄さとオートマチックの意味

宇多田ヒカルさんについて、小室哲哉さんが語った「オートマチックautomatic」意味とは何だったのでしょうか。

90年代の音楽業界を独占した小室哲哉さんですが、宇多田ヒカルさんが1998年に「オートマチックautomatic」でデビューしたとき、衝撃を受け、それと同時に敗北を認めたそうです。

やはり自分にはない新しい何か凄いものを感じたんでしょうが、この「オートマチックautomatic」を聴いても、歌詞を何度読んでも、何がオートマチックなのか、automaticの意味が分からない。

直訳すると「自動」なんでしょうが、この曲が意味することとは。

私なりの解釈ですが、この曲が発売されたのはITブームが到来する90年代後半です。コンピューターという、それまでは企業とか、会社でしか使うことがなかった物が、一般庶民まで、庶民の生活の中に浸透し始めた頃。庶民の生活さえ、コンピューターと切りはなせなくなり、それは人の感情とか、ものの考え方とかまでに影響を及ぼした。そういうコンピューターによる影響や変化を一番感じる世代だった、当時15歳の宇多田ヒカルさん世代だったのではないでしょうか。

automaticって、そういう時代背景をうまく反映した言葉で、「オートマチックautomatic」という曲、その歌詞は、その時代を取り入れた内容、意味だったと思います。

これはあくまでも私の主観ですが。

最後に

同じ日本人として、世界で活躍し評価される宇多田ヒカルさんを、とても誇りに思います。

全米iTunes2位とは、日本人アーティストとしては初の快挙だそうで、本当に凄いですよね。

以上、宇多田ヒカル「光-Ray Of Hope MIX-」全米iTunes2位!海外の反応や世界の評価・評判は?「オートマチックAutomatic」の意味は何だったの?という話題でした。

 - 芸能・文化