ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

ロペス岸英明とキンタロー 社交ダンス動画に感動!金スマから世界へ

   

10月7日放送の「金スマ」では、ロペス岸英明とキンタロー。(田中志保)の社交ダンスペアが、世界選手権への切符をかけて、日本代表の座を争う様子を特集していました。大会に優勝した瞬間、思わず涙した視聴者も。

ロペス岸英明とキンタロー。の社交ダンス動画を観ると、その凄さ、キレの良さにに圧倒されてしまいます。やはりロペス岸英明の筋肉は本物だ、なんてつぶやいてしまったり。

今回は、ロペス岸英明に焦点を当て、経歴wikiプロフィール、筋肉画像、そしてキンタロー。との社交ダンス動画を紹介します。

Sponsored Link

実は高学歴だったロペスwiki風プロフィール

ロペスこと岸英明さんは、1987年2月14日生まれ、静岡県藤枝市出身の現在29歳です。お誕生日がバレンタインなんですね。

現職は芸人で、山口隼人と「ぱいんはうす」を結成し2014年5月から活動しています。

岸英明さんは、最近の芸人さんに多い”意外と高学歴”に当てはまり、千葉大学院物理コース修士課終了と、修士学を取得しているのです。しかも物理なんて、私が一番苦手な分野です。高校1年生の1学期に習って、もう2度と物理なんて勉強するもんか、と思いました。やはり自分が苦手なことを得意としている人を見ると、素直にすごいと思いますよね。

岸英明さんは、芸人になる前職は、NTTの関連のIT会社に勤務していたエリート社員だったそうです。3年間そこで働きますが、やはり芸人になる夢が忘れられなかったとのだとか。

そのままエリート社員として働いていれば、お給料は安定し、昇進して収入も増えていったかもしれないのに、それを捨てて自分のやりたいことへ進むなんて、すごい決断です。

筋肉が凄い画像

岸英明さんはボディービルダーの大会で上位入賞を果たすなど、その筋肉に惚れ惚れしてしまいます。ベストボディジャパン水戸大会に出場し、3位だったとか。そして11月に行われる日本大会に出場するとか。

趣味が筋トレというほど、熱の入れようで、きっと筋トレした後は、プロテインを飲んでいるんだろうなと想像します。私も筋トレを週に数回しますが、プロテインを飲むことは欠かせません。

岸英明さんの筋肉画像を調べると、

以前の岸英明さん
↓ ↓ ↓
ropesu2

8年後
↓ ↓ ↓
ropesu2

凄いですよね。

この画像を見て思ったのは、岸英明さんはきっとステロイドを使わず、純粋に筋トレなどのトレーニングにプロテインを飲んで、その他栄養のある物を食べて、つけた筋肉とその体なんだろうということです。

ボディービルダーの界大会を見ると、人間の体ってあそこまで筋肉が育つの?と疑問に思ってしまいます。あまりにも不自然過ぎて。

でも岸英明さんの筋肉って、とても自然に見えますから、気持ち悪いという感じは全くしませんよね。

キンタロー。とのダンス

岸英明さんはダンス歴もすごいんです。

大学生時代に「全日本学生競技ダンス選手権」チャチャチャの部準優勝、関東大会優勝、そして「ラテン」でアマチュアA級(E-JBDF)を持っているという実力です。

フィギュアスケートのアイスダンスでチャチャチャをよく見ますが、陸上でのチャチャチャって、氷上とは違うんでしょうね。

そんな素晴らしいダンス経歴を持っている岸英明さん。ロペスとしてキンタロー。と社交ダンスペアを組みます。

キンタロー。は以前金スマで取り上げられたとき、社交ダンスで全国四位になったことがあると話していました。キンタロー。もまた全日本学生競技ダンス連盟の主催の日本戦サンバの部で、好成績を残しているんですね。

ちなみにキンタロー。はロペスとペアを組む前、TBS山本アナと組んでいたんです。しかし山本アナが本格的に社交ダンスに取り組みたいと思うようになり、それには若い子とペアを組みたいということで、キンタロー。とのコンビを解消。元乃木坂46の市来玲奈に乗り換えたのでした。

キンタロー。は1981年10月24日生まれの現在34歳で、市来玲奈は1996年1月22日生まれで現在20歳です。

年齢で切られたキンタロー。はきっとリベンジに燃えていたでしょうし、ペアの相手も27歳とまだ若いロペスを選んだことも、きっと山本アナに対する当てつけかもしれません。

7月15日放送の「金スマ」で、キンタロー。はきっちりそのリベンジを果たして、山本アナ組に勝利しています。ロペスとキンタロー。がペアを組んで、まだわずか3週間ということでしたが、息のぴったりあったダンスは、さすがですね。

ロペスとキンタロー。が踊る動画、12:08から、タンゴを踊るのが視聴できます。

この放送後、2017年に行われる世界選手権出場を目指し、日本大会に挑みました。世界選手権出場枠は2枠あるのですが、1組既に決定していて、残りの1枠を争っていたわけです。

ロペスとキンタロー。は連日深夜まで練習に続く練習だったそうで、立ったまま寝ていたこともあったくらい。その努力が実り、見事優勝が決まった瞬間、本人たちはどんな気持ちだったのでしょうね。

最後に

既に来年の世界大会が楽しみになってきました。世界でも通用するのかが見どころです。

社交ダンスといえば、映画「Shall We Dance?」を思い出します。ロペスとキンタロー。の社交ダンスストーリーは、この映画とは異なりますが、ペアを組んで一生懸命になるのは、似ていますよね。

以上、ロペス岸英明とキンタローの社交ダンス動画に感動!金スマから世界選手権へ、という話題でした。

 - スポーツ, 芸能・文化