ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

リオバド日本人対決山口茜の涙に感動!奥原希望と同じ部屋に帰るの?

   

無情の日本人対決となってしまったリオオリンピックバドミントン女子シングルス、山口茜選手vs奥原希望選手の準々決勝。

逆転負けをした山口茜選手の試合後のインタビューで見せた涙に、見ている方も思わずもらい泣きをしてしまいました。

ところで気になったのは、山口茜選手と奥原希望選手は準々決勝の試合の後、選手村で同じ部屋に帰るのでしょうか。そんな疑問を考えつつ、準々決勝戦を振り返りました。

Sponsored Link

逆転負け山口茜

本当に無情の日本人対決です。奥原希望選手の実力は周知の通りですが、それに負けないくらいこのリオ五輪で活躍していた山口茜選手。バドミントン女子シングルスで準々決勝まで勝ち進んだことが、山口茜選手の実力を証明しています。

正直奥原希望選手は順調に勝ち進むだろうと思っていましたが、山口茜選手がここまで大健闘するとは、まさに感動ものでした。

そして日本人対決が実現となった準々決勝戦。

先にセットを取ったのは山口茜選手でした。

余裕っぽい奥原希望選手に比べ、少し硬い表情緊張しているのかなと思いましたが、割と落ち着いてプレーをしていた印象の第1セットで、21-11という大差でこのセットを奪います。

しかしその後第2セットで健闘するも、徐々に実力の差が出始めたように思え、17-21でこのセットを落としてしまいました。

ここからもう流れは奥原希望選手でしたね。緊張の糸がぷっつり切れたような山口茜選手がコートに立っている感じで、第1セットの勢いが無くなっていました。

インターネット中継で見ていましたが、解説者もため息をつくくらいの素晴らしいショットを繰り返す奥原希望選手が、危なげなく連取。第3セットは10-21で、奥原希望選手が山口茜選手を下し、日本人初の準決勝へコマを進めました。

山口茜選手といえば、マレーシア戦とタイ戦で見せた、驚異的な逆転劇が印象的ですが、この日はそういったドラマはなく、何となく大人しい試合、という印象を持ちました。

しかし山口茜選手は1997年6月6日生まれで、まだ19歳。4年後の東京オリンピックで23歳となり、経験も積んで、リオオリンピックよりもっと活躍してくれるでしょう。

インタビューで見せた涙にもらい泣き

準々決勝戦の後のインタビューで山口茜選手は涙を流しながら答えていた姿に、思わずもらい泣きをした人も多いのではないでしょうか。

試合後しばらく涙が止まらなく、号泣していた山口茜選手。

「これが今の実力」と負けを潔く認め、「この経験を生かしてもっと強くなりたい」と、拭いてもすぐ溢れ出す山口茜選手の涙は本物。

やはり第1セットを先取するなど、好調なスタートを切っただけに、余計悔しさが込み上げたのでしょうね。

きっとこの経験をかてに、4年後はもっともっと強くなってくれることを確信しています。

Sponsored Link

選手村で同じ部屋に帰るの?

準々決勝で破れた山口茜選手と、準決勝へ進んだ奥原希望選手は、選手村では同じ部屋だそうで、準々決勝後、同じ部屋へ帰るのかな、しかも一緒に帰るのでしょうか。

オリンピックの選手村は、一部屋2人で使用し、同じ種目の選手が共有するので、山口茜選手と奥原希望選手は同じ部屋を使っています。

山口茜選手は19歳で、21歳の奥原希望選手より年下ですので、「同じ部屋で気も使わせちゃったと思う」と奥原希望選手が話しているように、同室だといろいろあるんだろうなと想像します。

2006年のトリノオリンピックで金メダルを獲得したフィギュアスケートの荒川静香さんは、仲が悪い村主章枝さんと同室で、あまり話はしなかったようなことを当時報道されていました。この二人の不和はトリノオリンピックで始まったことではないのに、なぜ同室にしたのか不思議でした。メンタル面がパフォーマンスに影響しかねません。トリノオリンピックで金メダルを取得したから、結果オーライということで、特に表沙汰にされることはありませんでしたが。

ですから、山口茜選手と奥原希望選手が普段からどれほど仲が良いのか分かりませんが、私は山口茜選手より奥原希望選手の方が、少し気まずい思いをするのではと思います。山口茜選手のリオオリンピックはこれで終わったわけで、終わらせたのは自分が試合に勝ったから、みたいに思ったりして。

しかし準決勝へ進んだ奥原希望選手は、負けた山口茜選手のためにも、この後の試合を勝ちまくってほしいと思います。

最後に

山口茜選手と奥原希望選手の日本人対決を見るのは、どちらが勝手も日本人が準決勝進出ですが、やはり複雑な思いでした。

もし山口茜選手が決勝トーナメントの別のヤマから勝ち進んでいたら、と想像して、とても残念な気がします。

これで益々奥原希望選手への金メダルの期待が高まりますね。

以上、リオオリンピックバドミントン女子シングルス準々決勝日本人対決、山口茜選手の涙が感動!奥原希望選手と同じ部屋へ帰るのか?という話題でした。

 - スポーツ