ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

その原因、腸にあり!手軽に腸活!腸内細菌を増やす食材7選

      2016/03/30

フジテレビ「その原因、腸にあり!」。これはまさにその通りである。何となく分かりそうなのだが、もっとすごいのは、この腸が私たちの性格だとかメンタリティなことにまで、影響を及ぼしていることである。そんな凄いことを成し遂げてくれるのは、腸内細菌。今回は身近で簡単に手に入り、かつ腸内環境を整えたり、腸内細菌を増やす食材を選んでみた。

Sponsored Link

代表格ヨーグルト

どんなヨーグルトでもいいというわけではない。「生きたまま腸まで届く菌」とか「プロバイオティクス」の表示があるものを選ぼう。そのようなヨーグルトは、生きたまま腸に届いて体に良い影響を与える菌があるのだそうだ。

しかし、このプロバイオティクスのヨーグルトは、お値段が高い。

乳酸菌飲料

たくさんの乳酸菌飲料がスーパーには並んでいる。パックを開けたらすぐ飲めるので、手軽に摂取できるところがいい。

植物系の発酵食品

flora

こちらもお薦め「腸内環境のため、ヨーグルトとその他発酵食品6品食べ比べ」

チーズとかの動物系ではなく、キムチとかキャベツのサワークラウトとか、そういった植物系の発酵食品が、腸内細菌の育成にはいいらしい。

ブルーベリー

目にもいいと聞いたことがある、ブルーベリー。ヨーグルトに入れて食べてもおいしい。

ブロッコリー、カリフラワー、キャベツのような土の上系の野菜

ブロッコリーは食べやすく、毎日食べても飽きない野菜だ。こういった系統の野菜がいいらしい。

flora

バナナ

バナナとはちょっと意外だったが、本来お腹をこわしたときに腸の調子を整えてくれたりするなど、腸内環境を静に穏やかに平和にしてくれるんだとか。

日本人の大豆文化は、腸の為に良い食材というわけである。さすが日本食!

まとめ

今回傷害した食材は、どれも簡単に手に入り、気軽に摂取できるものばかりである。プロバイオティクスのサプリも出回っているが、サプリに頼る前に、ぜひ普段の食事から腸活を始めていきたいものである。

 - 健康・ダイエット