ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

ネイサン神業4回転!羽生結弦4連覇・宇野昌麿[動画]GPファイナル2016男子FP結果

   

フィギュアスケートのグランプリファイナルGPF2016の男子シングルフリープログラムが、10日にフランスのマルセイユで行われました。

羽生結弦選手は優勝こそしましたが、演技後半でミスが目立ったフリーでした。しかしグランプリファイナル4連覇です!

4回転が決まりに決まったネイサン・チェン選手がフリーではトップ。逆転で2位と大健闘でした。宇野昌麿選手も3位で、出場した日本人選手2人とも表彰台に立つことができ、良かったですね。

ネイサン・チェン選手の4回転、ハビエル・フェルナンデス選手、パトリック・チャン選手などの動画と共に、グランプリファイナル2016男子フリーの結果と総評をします。

Sponsored Link

GPF2016男子フリー結果

順位 選手名 総合得点 技術点 演技構成点
1 羽生結弦 187.37 96.01 92.36
2 パトリック・チャン(カナダ) 166.99 80.21 90.78
3 ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 177.01 86.17 91.84
4 宇野昌麿 195.69 104.75 90.94
5 ネイサン・チェン(アメリカ) 197.55 113.13 84.42
6 アダム・リッポン(アメリカ) 149.17 67.97 83.20

GPF2016男子総合結果

  1. 羽生結弦 293.90点
  2. ネイサン・チェン(アメリカ) 266.75点
  3. 宇野昌麿 268.77点
  4. ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 282.51点
  5. パトリック・チャン(カナダ) 282.85点
  6. アダム・リッポン(アメリカ) 233.10点

GPF2016男子フリー総評と動画

1番滑走の宇野昌麿選手。素晴らしい演技であっという間に会場を熱狂に包み込みました。

冒頭の4回転フリップは決めましたが、続く4回転トーループは着氷で乱れてしまいました。しかしミスらしいミスはそれだけで、あとのジャンプ、特に後半の4回転トーループ+2回転トーループは跳んだ瞬間に、その質の高さが分かるような、素晴らしいジャンプでした。

演技が後半になるにつれ音楽も盛り上がり、クライマックスへ。

2つのトリプルアクセルが後半にあるのですが、注目すべきは2つ目のトリプルアクセル。3回転半+シングルループ+3回転フリップというちょっと珍しい3連続ジャンプなんです。3番目のジャンプが3回転サルコウならよく見るのですが、フリップなんです。

4回転フリップを跳ぶなど、フリップジャンプを得意とする、宇野昌麿選手ならではの3連続ジャンプなんでしょうね。

後半に跳ぶので基礎点が1.1倍になり、フリー全体で一番の得点源のジャンプです。

宇野昌麿選手ってスピンもすごいんですよね。演技最後のチェンジフットコンビネーションスピン。まるで軸足が氷に突き刺さっているのかと思うほど、全くブレません。氷に支柱が立っているかのよう。ジャッジ全員が最高評価をくだしたほど、素晴らしいスピンでした。このスピンだけで5点も稼いでいます。凄すぎます。

4回転ジャンプばかりに目がいきますが、こういったスピンなどの点も、決してとりこぼさず取ることが、高得点につながります。

宇野昌麿選手のフリーの動画

今日のネイサン・チェン選手、4度の4回転を含む全てのジャンプが決まり、全てのエレメンツをノーミス。自己ベストで、フリーでは1位でした。

4回転ルッツと4回転フリップを決めると、後は後半もスピードが落ちることなく、最後まで滑りきりましたね。割と速いテンポの曲で、全く失速しないのは、よほどの体力があるんでしょう。

成功する確率が上がるように、4度の4回転全てを演技前半にもってきた構成でした。

トリプルルッツは演技後半に1つだけ入れ、確実にそれを決めましたね。

表現力に関しては、一つ一つの動きを体全体を使い伸びやかに行うと、可動域が広がり、見応えのある演技になるでしょう。動きにメリハリがないので、得点源はやはり今のところはジャンプが全てになってしまいます。

ですので今日のようにジャンプが決まると、ネイサン・チェン選手はとてもこわい選手ですね。

ネイサン・チェン選手のフリーの動画

今日もリンク中央に向かうとき、「できる、できる」と自分に言い聞かせていた羽生結弦選手。

最初の4回転ループは、綺麗とは言えませんでしたが、決めました。次の4回転サルコウジャンプは見事でしたね。

このように前半は良かったのですが、後半で疲れたなというのが、演技に出ていましたね。

後半最初のジャンプ、4回転サルコウで転倒し、コンビネーションにしなけれあいけないジャンプでしたが、連続ジャンプにできませんでした。後半に4回転ジャンプのコンビネーションをもってくるというリスクは、こういったところに出ますよね。決まれば高得点になりますが。

演技後半でジャンプミスが続き、羽生結弦選手はとても悔しがっていましたね。

久石譲さんの音楽が盛り上がる頃に、ミスを連発したので、見ていていまいち感情的に盛り上がり切りませんでした。

羽生結弦選手、このファイナルで4連覇を達成しましたが、納得行かない演技内容だったのではないでしょうか。

スタミナ切れが明らかだった今日のフリー。どうしたのかなと心配になってしまいました。

羽生結弦選手のフリーの動画

ハビエル・フェルナンデス選手、パトリック・チャン選手と、ベテラン勢が今日はいまいちでしたね。

パトリック・チャン選手のフリーの動画

最後に

羽生結弦選手、史上初のグランプリファイナル4連覇達成です。ですが今日のフリーで、たくさん課題が見つかったことでしょう。次は全日本選手権で、羽生結弦選手と宇野昌麿選手の姿を見るのが楽しみですね。

ネイサン・チェン選手、シニアグランプリファイナル初出場で2位。きっと日本勢の手強い相手となるんでしょう。

以上、フィギュアスケートグランプリファイナルGPF2016男子フリーの結果と総評でした。

男子ショートの結果
↓ ↓ ↓
「タラソワブラボー羽生結弦[動画]GPファイナル2016男子SP結果」

テレビ放送日程
↓ ↓ ↓
「フィギュアGPファイナル2016日程/テレビ放送/出場選手/結果予想」

女子シングルの結果
↓ ↓ ↓
「宮原知子メドベ・オズモンド・ポゴリラヤ[動画]GPファイナル2016女子SP結果」
「メドベ優勝宮原知子ソツコワ・ポゴ[動画]GPファイナル2016女子FP結果」

ジュニア女子シングルの結果
↓ ↓ ↓
「坂本3位紀平梨花3A転倒[動画]JGPファイナル2016Jr女子FP結果」
「坂本3位紀平梨花3A転倒[動画]JGPファイナル2016Jr女子FP結果」

 - スポーツ