ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

橋本清?文春炸裂 巨人の内海長野坂本と元組長Aを繋いだ人物

   

今週の週刊文春によると、プロ野球全球団計28選手、巨人では坂本勇人、長野久義、内海哲也を含む8選手に、反社会性力の元組長A氏と関わりがある疑惑が浮上しました。

これら選手と元組長A氏との関係を繋いでいるのが、評論家で元巨人の橋本清ではないかと言われているのです。

橋本清のSNSも参照しながら、詳細をみてみましょう。

Sponsored Link

巨人の選手が多いのはなぜ?

週刊文春によると、6月下旬にNPB(一般社団法人日本野球機構)が全12球団に、暴走族元組長であるA氏に注意するように通達をしたのだとか。

NPBはA氏を反社会性力の元組長だと確信し、顔写真入りで知らせたというので、よっぽどの注意人物なのでしょう。

最近は野球賭博、清原選手の覚醒剤使用所持などでの逮捕劇が続き、なんとか汚名を払拭したいプロ野球界ですから、ここへきて反社会性力の元組長との関係を選手達が持たれては多いに困ります。

ただ週刊文春では、この元組長A氏との関わりのある選手は巨人所属が突起して多く、8人にも上るそうです。

全球団にそれぞれ全部で28選手が接点があるそうで、そのうち8選手が巨人ということです。

これはどういうことなのでしょうか。

橋本清も注意

元組長A氏と接点を持つ選手で巨人の選手が多いということは、やはり元組長A氏と巨人を直接結ぶ誰かがいるのではないでしょうか。

15日に行われた労組・日本プロ野球選手会の臨時会で、巨人のOBで現在は評論家として活躍している橋本清と選手との付き合いを止めるよう各球団に通達することになったとか。

NPBがマークしている暴力団元組長と橋本清が関わっているということで、各球団に通達が回ったのが6月下旬のことでした。

在京球団フロント関係者によると、週刊文春が報じている、NPBが各球団に元組長A氏と関わらないように通達したこととセットであろうということです。

要するに橋本清を通じて、選手は元組長A氏と知り合いになり、橋本清が巨人のOBであることから、これらの選手の内、巨人の選手が多いということになったのではないでしょうか。

Sponsored Link

橋本清と各選手の反応

週刊文春の取材に、巨人の坂本勇人、長野久義、内海哲也は、球団を通すようにと告げ、個人の口からコメントは貰えなかったようです。

橋本清は、

「寝耳に水。どうしてそういうことになったのか知りたい」

と話していましたが、元組長A氏と2〜3回会ったことがあることは認めました。

ただ橋本清はこの人物を紹介してくれた事務所からは芸能関係者だと聞かされていて、反社会勢力だと知らなかったそうです。

「元暴力団だと知っていたら付き合わなかった」

とも話しています。

しかし選手会から裏社会の人間との橋渡し役と認定されたのなら、事実上の球界追放は避けられないでしょう。

橋本清のブログ

橋本清のブログは、上記の通達が球団に出される前の、7月19日に更新されたのが最後です。

オールスターで栗山選手が活躍したことについて書かれてありました。

基本的に2週間おきに更新するようなので、もし橋本清がSNSを更新するなら来月の上旬でしょうが、はたして橋本清は更新するのでしょうか。

ブログを更新するとしたら、橋本清はそこで何を話すのでしょうか。

気になりますね。

まとめ

反社会勢力との交際、金品の授受、餐応などを禁じた野球協約180条に従って、今回の選手と橋本清の交際の禁止通達、元組長A氏についての注意通達が全球団に出されたのでしょう。

スポーツは人に夢を与えるものだと思います。

プロ野球にあこがれる子供や高校生球児たち。

なのに今のプロ野球界の現状は、夢を奪うものではないでしょうか。

関係者は汚名返上にもっともっと躍起になってもらい、各球団と選手達はもっとプロとしての自覚を持ってほしいと願います。

以上、週刊文春が報じた巨人の坂本勇人、長野久義、内海哲也を含む28選手と反社会性力の元組長A氏との接点、そして橋本清がキーパーソン?という話題でした。

 - スポーツ, 芸能・文化