ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

第1回米大統領討論ヒラリーの弱点発見!トランプ日本批判も

      2016/10/05

9月26日(日本時間27日)に、第1回米大統領テレビ討論が行われ、ヒラリー・クリントン氏とドナルド・トランプ氏が初めて激突しましたが、明暗は明らか過ぎました。

準備万端で余裕のヒラリー・クリントン氏でしたが、弱点も発見、そして感情的になったトランプ氏の日本批判も続々飛び出した、第1回米大統領テレビ討論を総評します。

Sponsored Link

準備万端ヒラリーと感情的トランプ

第1回米大統領テレビ討論が9月26日に行われ、共和党代表トランプ氏と民主党ヒラリー氏が初めて直接ディベートを繰り広げました。

しかし開始からディベートの明暗は明らか過ぎて、ちょっと見ていて興奮するものではありませんでした。

このテレビ討論のために、しっかりと準備をし、どんな質問やお題にも落ち着いて答えているヒラリー氏で、その演説は完璧過ぎるような印象さえもありました。

一方のトランプ氏は、準備をしたのかしていないのかその場主義感が否めませんでした。ヒラリー氏のツッコミや質問に、感情的になってその場しのぎで答えているのが明らかで、話の内容が利論的ではなく、まとまりがないもの。

やっぱり討論や政治的演説に慣れているなと思わせたヒラリー氏に対し、まるで夜のトークショーのゲストとして話したいことを話しているトランプ氏でした。

このテレビ討論はアメリカ3大ネットワークの一つ、NBCで放送されましたが、終了後のNBCによる総括でも、私が感じたことと同じことだったようです。

まあ、この日の討論の結果は言うまでもないのは、私だけではなく、この討論をテレビで見た全ての人が思ったことでしょうが。

ヒラリー・クリントンの弱点発見!

この米大統領テレビ討論は、様々なお題が用意されていて、進行役の司会者がヒラリー氏とトランプ氏に質問をします。

税金や人種問題などのお題には余裕たっぷりでディベートしていたヒラリー氏ですが、コンピューターとかハッカーなどのサイバーアタックのお題については、突然あの滑舌に変化が。

文章と文章、単語と単語の間に”uh ア〜"という、日本語で言ったら「え〜」「えっと・・・」という感じの言葉が、盛んに聞かれて、ヒラリー氏が言葉を選んでいるのが分かりました。

手や腕を使ったジェスチャーが無くなり、何とかやり過ごしているのが見ていて分かりました。

それでも、そこはさすがはヒラリー氏。ハッカーは主に二つあって、オレゴン州にいるようなお金目当てのハッカー、もう一つはロシアに見られる組織ぐるみのもの。で、ロシアのWADAへのハッキングを持ち出して、うまく切り抜けました。アメリカの敵、とまでは言いませんが、それに準ずるような国であるロシアを、自身が苦手な分野であろうコンピューターについての質問に持ってきて、そこからうまく話を広げたのは、ヒラリー氏のディベートの実力だなと思いました。

トランプ、日本はフェアじゃない

トランプ氏は、何度が水を飲んで、唇を舐める様子から、口が乾いているのが分かりました。つまり緊張している証拠。

そんなトランプ氏は、日本についてはしっかり批判。司会者やヒラリー氏を黙らせて、興奮しながら批判する姿が印象的でした。

トランプ氏によると、日本との同盟関係は決してフェアじゃないとか。アメリカは日本にたくさん払ってきたのに、日本は支払っていない、返していない。日本が何を払っていないのか、最初はトランプ氏の言う意味がわかりませんでした。だって第二次世界大戦後、日本はアメリカの国債を必死で買ってきました。もちろんそれが返ってくるわけはないことは明らか。だってそんなことしたら、世界の経済はとんでもないことになるから。日本の経済があまりにも低迷しているとき、何度、そのアメリカ国債を替えようかと思ったと話した総理は誰でしたっけ。

とにかくトランプ氏の日本が払っていないものとは、”フェア”らしい。アメリカは同盟のもと日本を防衛している、しかし日本はアメリカを守っていない。そういうアンフェア。

でも沖縄問題がこんなに日本では騒がれていることを、トランプ氏は知っているのでしょうか。

最後に

トランプ氏は、お題に答えるというよりも、ヒラリー氏の批判に必死だったように見えました。

今回の米大統領テレビ討論終了間際に、トランプ氏がもう一度ダメ出しし、ヒラリー氏はスタミナがないと批判。ヒラリー氏の健康問題を指摘していましたが、この二人、同世代。ヒラリー氏が68歳でトランプ氏は70歳。

アメリカ大統領を務めるには、トランプ氏が言うようにスタミナが必要です。

どうかお二人とも、お体だけはお大事に。

以上、第一回米大統領テレビ討論、ヒラリー氏の弱点発見とトランプ氏が日本批判!という話題でした。

スタミナがない

 - 社会・経済