ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

日焼け対策をもっと簡単にするアイテムがコレ!

   

4月に入り外は暖かくなって、外出する機会も多くなったのでは?そこでしっかり行いたい、日焼け対策。でも日焼け対策って、大事だった分かってはいるものの、結構面倒だったりしますよね。毎日毎日のこととなると余計に。そんな面倒な日焼け対策を間単にしてしまうアイテムをご紹介します。

Sponsored Link

シュッとするだけ、日焼け止めスプレー

塗るタイプの日焼け止めだと、結構時間がかかったりしませんか?腕に、首に、顔に、手に。容器から中身を出しては塗り広げ、出しては塗り広げ・・・。ありがちな失敗は、容器を押したら中身が出すぎたり、腕に塗ったらすぐ使うからとキャップをしなかったら、中身が出ていたとか。その周りも汚れるし、中身が出ちゃってもったいないし。

でもスプレータイプなら、そんなこととはおさらば。ノズルを押すだけ。でもここでちょっとコツが。スプレータイプをさらに簡単に、でも効果的に使う方法がこちら。

1. まずはよく振る

2. 腕、肩や首、顔の順番で

腕や肩・首には直接スプレーをし、その表面をもみ込むように広げます。顔につけるときは、手にスプレーをして、それを顔に広げます。直接手にするので、かなり液がつくので、顔を最後にします。顔を先して、液がたっぷりついた手で容器を触ると、滑って上手くノズルが押せなかったり、容器が液でヌルヌル状態に。ですから顔は最後にします。

3. 耳も

意外と忘れがちなのが、耳とその周り。髪に被われていても、帽子で隠れていても、やっぱり塗っておきたい部分です。顔に塗るときに、塗り残しがないよう耳にも。

4. スプレーする時はさっと。長くノズルを押しつづけない

ノズルを長く押しつづけると、液垂れの原因になります。さっと、が基本です。

男性にもお薦めなワケ

クリームタイムの日焼け止めだと、それを塗るのが面倒だという理由だけでなく、何となくその行為に抵抗を感じる男性もいたりしますよね。顔や首にクリームを塗るのは、女性っぽいということなのでしょうか。とにかくそんな男性でも、割と抵抗無くこのスプレーなら使用できるのではないでしょうか。さっと、パッと、というのがポイントです。「忙しくてそんなことしてられない」という男性に、「スプレーなら、ほら簡単」と差し出して、思い切ってふっかけてしまう。相手が何か言い返す前にしてしまうことがコツです。もしあなたの夫が日焼け対策に興味なく、何のケアもしないのであれば、こういった強硬手段にでることができるのも、スプレーだからこそです。

使い道は色々あるというわけですね。

まとめ

本当にスプレーだとあっという間に準備ができます。これから益々日差しが強くなる季節。しっかり日焼け対策、でも毎日のことなので、やっぱり簡単がいいですよね。

 - 季節のイベント