ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

選挙人て何?簡単に分かる!アメリカ大統領選の仕組みを図解で解説

      2016/11/09

11月8日はいよいよ米大統領選挙2016の投票日です。

しかしイマイチこのアメリカ大統領選挙の仕組みって、分かりずらいですよね。一見直接選挙のようで間接選挙。

今回は米大統領選挙の仕組みについて簡単に理解してもらえるよう、分かりやすく説明します。

Sponsored Link

11月8日は米大統領本選

11月8日(火)は、アメリカ大統領選挙において本選と呼ばれる選挙が行われます。

日本でも自民党とか民主党などとあるように、アメリカでも民主党、共和党があります。他にもありますが、事実上この2つの党が政治を動かしている、2大政党です。

で、各党から選出された候補者、今回は、

共和党から、トランプ氏
民主党から、クリントン氏

が、選ばれました。党の代表に選ばれる選挙を予備選挙と言いますが、ここでは11月8日の本選と呼ばれる大統領選挙一般投票と12月に行われる選挙人投票について説明します。

各党の代表であるトランプ氏とクリントン氏が、11月8日の一般投票で、事実上どちらになるのかが決まるのが、一般投票なのです。

本選の仕組み

アメリカには全50州の各州ごとに、選挙人の数が割り当てられています。アメリカ全州の選挙人の合計は538です。

選挙人とは、12月の大統領選挙選挙人投票に投票しに行く人のことです。

この選挙人の数は、その州の上院下院の人数と同じです。そして上院下院の人数は、その州の人口によって決まるので、要するに選挙人の数は、その州の人口によって決まります。人口の多い州は、選挙人の数も多い。

一般投票は、この選挙人を選ぶための選挙です。ここがアメリカ大統領選挙が直接選挙ではなく間接選挙と言われる理由です。

例えば私がハワイ州に住んでいたとします。ハワイ州に割り当てられた選挙人の数は4です。

11月8日に私は投票所に行き、選挙用紙に指示する候補者(と副大統領候補者)の ◯ をペンで塗りつぶします。

投票用紙を日本語で表すと、こんな感じ
↓ ↓ ↓

[[ 投票用紙 ]]

【大統領公認候補者】

● 共和党: ドナルド・トランプ & マイク・ペンス
◯ 民主党: ヒラリー・クリントン & ベニー・サンダー

トランプ氏の◯を塗りつぶして、トランプ氏に投票。

そしてハワイ州の投票結果が出て、トランプ氏が勝利したとします。

で、ハワイ州では予め、トランプ氏を指示する共和党の選挙人4名が選出されていて、

ネイサン・パイカイ
デイビッド・ヨナン
ジャニス・ヘルレイチ
ジーン・ワード

という、共和党から選ばれた4名が、12月に形だけ行われる大統領選挙選挙人投票へ投票しにいき、この結果で、正式に大統領が決まるのです。この12月の大統領選挙選挙人投票で、この4人はトランプ氏に投票するのは確実なため、11月8日の本選の結果が事実上の大統領選挙争いになるのです。

もしハワイ州でクリントン氏が勝利したら、クリントン氏を指示する民主党の4名、

ジョーン・ビッケル
ジャニス・ボンド
マリー・ストレイザー
デイビッド・マリニックス

という、民主党から予め選ばれていた4人が、12月の大統領選挙選挙人投票へ投票しに行きます。

ただここで、例えばクリントン氏が25%、トランプ氏が75%の投票数を獲得したとしても、選挙人の数は、「クリントン氏1:トランプ氏3」というふうにはならず、とにかく勝った方が4つ全部獲得します。

all or nothing 全てか0かの総獲り戦です。

カルフォルニア州は人口も多いので、選挙人の数も55もあります。ハワイ州と同じ要領で選挙が行われ、勝った方が55全部獲ることができます。

こうやって選挙人の数が、アメリカ全州の合計538の過半数270に達した方が、大統領ということです。

なので、ハワイ州で獲得した選挙人の数4の他に、他の州でも選挙人の数を次々と増やしていって、270以上になったら勝ち。

12月の大統領選挙選挙人投票で、その選挙人たちは、約束した候補者に投票するはずですから、事実上、11月8日の一般投票での勝利者が、大統領なのです。

もっと簡単に解説

よく11月8日の一般投票では、「選挙人を選ぶ」と言いますが、これは正しいのですが、よく理解できませんよね。

実際の投票用紙は、上記のように大統領候補者と副大統領候補の名前があり、◯ をペンで塗りつぶしてどの候補者を指示するのか選びます。

別に選挙人と呼ばれる人たちの名前を記入するわけではありません。

要するに、

11月8日に各州で選挙があり、有権者は指示する大統領候補者の ◯ を塗りつぶす。
州ごとに割り当てられた選挙人の数を、その州で勝った候補者が総奪り。
その獲得した選挙人の数の合計が、270に達した方が大統領。

一番簡単に言うと、以上です。

アメリカの大学の政治学部研究室で3年間、研究助手として働いていた私が言うので、大丈夫です。

最後に

次期アメリカ大統領が誰になるのか、結果が分かるのは日本時間9日お昼過ぎです。

「アメリカ大統領選2016決まるのはいつ?日本時間9日昼結果が分かる」

以上、アメリカ大統領選の仕組みについて解説しました。

トランプ氏、なぜ当選?勝因は田舎の白人
↓ ↓ ↓
「トランプはなぜ米大統領当選したのか?勝因理由は田舎の白人」

討論会はクリントン氏の勝利?
↓ ↓ ↓
「第1回米大統領討論ヒラリーの弱点発見!トランプ日本批判も」

 - 社会・経済