ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

メドベージェワのセーラームーンにファン激増 世界フィギュア優勝で

      2016/04/05

ロシアの新星エフゲニア・メドベージェワの優勝で幕を閉じた今年の世界フィギュアスケート選手権。世界最高得点を叩き出したフリーの演技は圧巻でした。しかも優勝後のインタビューでは、日本のファンを喜ばそうとセーラームーンのムーンライト伝説を歌ってくれるというサービス精神旺盛な選手です。そんなエフゲニア・メドベージェワ選手のフリーの演技を振り返りつつ、彼女についてまとめてみました。

Sponsored Link

圧巻の演技

なぜそんなにトリプルジャンプが決まるのか。しかも跳ぶときに手を上げて、難度を高めています。エフゲニア・メドベージェワ選手は、どの3回転ジャンプにも手を上げて跳ぶことができるらしく、ものすごい加点を貰っています。ただでさえ手足が長く、さらに手を上げることで、ジャンプがより大きく見えます。長野オリンピック金メダリストのタラ・リピンスキーも、エフゲニア・メドベージェワ選手は3回転ジャンプを跳ぶために生まれてきた、と彼女の質と難度ともに高レベルな3回転ジャンプを絶賛しています。

今回はエフゲニア・メドベージェワ選手が苦手なダブルアクセルも決まりました。ショートではこのジャンプが完璧に決まらなかったので、グレイシー・ゴールド選手にリードを許しましたが、フリーではちゃんと決めてくるあたり、さすがですね。

あわせて読みたい「宮原知子vs強豪ロシア 世界フィギュアを予想!」

手足が長いと特?

エフゲニア・メドベージェワ選手を見ていると、やはり手足が長いと表現力の評価にプラスに動くのだな、と思ってしまいます。生まれもったものなので、個人ではどうしようもないですし、ジャッジは公正だ、と言いたいところですが、やっぱりエフゲニア・メドベージェワ選手を見ていると、恵まれた肢体は有利なんだなと思ってしまいます。

個人的にはもっとエッジを深く使ったスケーティングが出来れば、演技に深みが出るのでは、と思います。エッジの深さと感情の深さって比例するような気がするので。そうすれば、スケーティングの項目の点が伸びることでしょう。

まだ16歳で、女性の体の変化はこれからと思います。この避けられない変化に対して、エフゲニア・メドベージェワ選手がどう対処していくのか、見守りたいところです。

愛嬌もありでも気配りもできる

16歳のエフゲニア・メドベージェワ選手は愛嬌とサービス精神旺盛な女の子です。フリーのフィニッシュポーズを決めると、完璧な出来に感情を表わ、そして演技得点が出るとまたここでも口を大きく開けて、本当に感情豊かなその表情は、見ているこちらも嬉しくなりますね。今回の世界選手権優勝インタビューでも、大きな笑顔で質問に答えながら、時折口に手をあてる仕草はとってもキュートでした。ほんの一年前まではジュニアで戦っていたので、シニアの世界チャンピオンになったと実感が沸かなかったとか。笑顔一杯でインタビューに答えるエフゲニア・メドベージェワ選手に、インタビューをしていた男性も顔が緩んでいました。

日本向けインタビューでは、自ら日本のファンを喜ばすことをしたいと申し出たエフゲニア・メドベージェワ選手。なんとセーラームーンのムーンライト伝説を歌ってくれました。セーラームーンを4シーズンも見ていて、とても好きなんだとか。これで日本のファンが急増することは間違いないですね。

コーチに感謝と尊敬の念を表すエフゲニア・メドベージェワ選手に、好印象を持った人も多いでしょう。

世界選手権初出場で優勝したエフゲニア・メドベージェワ選手。ロシアからまた新しいスターの誕生ですね。益々恐ろしくなるロシア勢です。

 - スポーツ