ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

宇野昌磨[動画]フィギュアアメリカ大会2016男子SP結果速報

      2016/10/23

フィギュアスケートのグランプリシリーズ初戦、アメリカ大会2016男子シングルのショートプログラムが、22日にシカゴで行われました。

日本から唯一の出場となった宇野昌磨選手は、地元アメリカ勢、アダム・リッポン選手やジェイソン・ブラウン選手を抑えて89.15点で1位です。

GPSスケートアメリカ男子シングルショートの結果と、宇野昌磨選手の演技を動画で振り返ります。

Sponsored Link

アメリカ大会2016男子シングルのショート結果

グランプリシリーズアメリカ大会男子シングルは、計10名が出場し、日本からは宇野昌磨選手のみです。

地元アメリカからは、アダム・リッポン選手やジェイソン・ブラウン選手などが出場。私、ジェイソン・ブラウン選手の演技好きなんです。ジェイソン・ブラウン選手は観客の心を掴む演技が素晴らしいのですが、高難度のジャンプが苦手なんですよね。

これはコーチの指導法で、まずは徹底的に表現も含むフィギュアスケートの基礎を教えられ、ジャンプは後から習ったんだとか。今でこそ3Aを習得し、4回転にも挑戦していますけど、なかなか試合で決まりませんね。

一方で、宇野昌磨選手と同じ年で、ライバルとされている中国の金博洋選手は、今回は4回転ジャンプが決まらず、得点は72.93点で8位。金博洋選手の自己ベストは98.45点ですから、遠く及ばずでした。ジャンプが全ての選手は、ジャンプが決まらないと、得点は悲しい結果になります。

 順位 選手名  総合得点 技術点 演技構成点
 1  宇野昌磨(日本)  89.15  46.87  43.28
 2  アダム・リッポン(アメリカ)  87.32  44.42  42.90
 3  ジェイソン・ブラウン(アメリカ)  85.75  43.32  43.43
 4  ナム・ニューエン(カナダ)  79.62  42.18  37.44
 5  セルゲイ・ボロノフ(ロシア)  78.68  42.08  37.60
 6  ティモシー・ドレンスキー(アメリカ)  77.59  39.98  37.61
 7  Jorik Hendrickx (ベルギー)  76.62  38.61  38.01
 8  金博洋(中国)  72.93  37.89  37.04
 9  ブレンダン・ケリー(オーストラリア)  71.62  37.81  34.81
10  マキシム・コフトゥン(ロシア)  67.43  36.99  36.99

宇野昌磨のショート動画

宇野昌磨選手は、ジャンプが全体的に怪しかったんですが、2つの4回転に挑戦しました。先に行われたジャパンオープンで見事に決めた、4回転フリップは、着地でなんとか持ちこたえ、出来栄え点の減点されてしまいましたが、ジャンプとしては認定はされたようですね。ローテーション不足は取られず良かったです。

悔やまれるのは連続ジャンプです。4回転トーループからの3回転トーループで着氷が乱れ、両手を前へついてしまいました。最初の4回転トーループが良かっただけに、悔しいです。

演技が終わった後は、とてもほっとしているようで、安堵の笑顔がかわいかったです。

今年で19歳になる宇野昌磨選手。顔がシャープになって、大人になってる。その分演技も大人の域に近づいているのでしょうね。

最後に

日本人として、男子シングルに唯一出場となった宇野昌磨選手。プレッシャーもあったでしょう。決して満足のいく内容ではなかったと思いますが、ショートはまずまずの結果では?フリーへの課題は、はっきりしましたね。

以上、フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会2016男子シングルショート結果、宇野昌磨選手の演技を動画で振り返る、でした。

男子フリーの結果は
↓ ↓ ↓
「宇野昌磨優勝動画!フィギュアスケートアメリカ2016男子FP結果速報」

女子の結果は
↓ ↓ ↓
「[動画]三原・浅田に海外の反応は?スケートアメリカ女子2016FP結果速報」
「三原舞依 海外の反応は?フィギュアアメリカ大会2016女子SP動画」

テレビ放送日程は
↓ ↓ ↓
「フィギュアGPS2016アメリカ大会日程/テレビ放送/出場選手」

 - スポーツ