ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

宇野昌磨優勝動画!フィギュアスケートアメリカ2016男子FP結果速報

   

ショート1位の宇野昌磨選手が、23日にシカゴで行われたフィギュアスケートグランプリシリーズ2016アメリカ大会の男子フリーで、190.19点で1位となり、総合優勝しました。

おめでとう宇野昌磨選手!日本人男子シングルに唯一出場した宇野昌磨選手、地元アメリカ勢のアダム・リッポン選手やジェイソン・ブラウン選手も負けずに

GPSアメリカ大会男子シングルフリーと総合結果、そして宇野昌磨選手の演技を動画で振り返ります。

Sponsored Link

アメリカ大会2016男子シングルフリーの結果

順位 選手名 総合得点 技術点 演技構成点
1 宇野昌磨(日本) 190.19 100.11 91.08
2 ジェイソン・ブラウン(アメリカ) 182.63 92.61 90.02
3 アダム・リッポン(アメリカ) 174.11 89.25 85.86
4 金博洋(中国) 172.15 95.15 78.00
5 セルゲイ・ボロノフ(ロシア) 166.60 86.00 80.60
6 マキシム・コフトゥン(ロシア) 163.32 88.40 75.92
7 ナム・ニューエン(カナダ) 159.64 82.70 76.94
8 ティモシー・ドレンスキー(アメリカ) 148.94 74.24 74.70
9 Jorik Hendrickx (ベルギー) 148.29 72.72 75.72
10 ブレンダン・ケリー(オーストラリア) 140.14 70.16 71.98

総合結果

  1. 宇野昌磨(日本)279.34
  2. ジェイソン・ブラウン(アメリカ)268.38
  3. アダム・リッポン(アメリカ)261.43
  4. セルゲイ・ボロノフ(ロシア)245.28
  5. 金博洋(中国)245.08
  6. ナム・ニューエン(カナダ)239.26
  7. マキシム・コフトゥン(ロシア)230.75
  8. ティモシー・ドレンスキー(アメリカ)226.53
  9. Jorik Hendrickx (ベルギー) 244.91
  10. ブレンダン・ケリー(オーストラリア)211.76

総評と動画、海外の評価・反応

アダム・リッポン選手は、成熟した演技で、観ている人を魅了しましたね。冒頭の4回転こそ、外に重心が膨らみすぎて転倒してしまったのと、3連続ジャンプのそれぞれのジャンプが詰まった感がありましたが、その他のジャンプは素晴らしかったです。スピンの一つ一つのポジションがとても綺麗で、軸はブレないし、手の動き一つとっても、本当に美しい。動き全体がなめらかで、美しいという言葉がぴったりの演技。世界ジュニア選手権を2連覇したときは、今の宇野昌磨選手の髪型をもう少し長くしたような髪型でしたが、今は短くし、26歳の、大人のアダム・リッポン選手でした。

宇野昌磨選手は、昨日のショートで完璧に決められなかった4回転フリップを、この日は完璧に着氷できました。あまりに完璧で、一瞬、3回転だった?と思ったほど。続く4回転トーループもいとも簡単に決めてしまいました。NBC中継の解説者、ジョニー・ウィアとタラ・リピンスキーも、宇野昌磨選手の素晴らしい4回転を見た後は、3回転がつまらなく見える、と言うほど素晴らしい出来の4回転でした。さらに宇野昌磨選手の凄いところは、18歳にして既にここまでの表現力を持っていることです。ジョニー・ウィアも宇野昌磨選手はトータルパッケージを持っている、フィギュアスケートに必要な全てを持っている、と絶賛していました。4回転ジャンプ、表現力、スピンやステップなどの技術面など、全てを持っているのです。

終盤の3回転半ジャンプで転んだこと以外は、完璧という演技でした。

宇野昌磨選手の演技終了後は、会場はスタンディングオベーションでした。

グランプリシリーズで4回転フリップを決めたのは、初めてという快挙です。

宇野昌磨選手のフリーの演技

採集滑走者は、地元アメリカからジェイソン・ブラウン選手でした。この選手は本当に観客の心を掴むのがうまいです。氷の上で滑っているジェイソン・ブラウン選手の感情が、こちらに伝わってくる、そんな演技をするからです。一つ一つの動きが洗練されていて、丁寧に表現していました。表情を作るのがうまく、本当に情感こもった演技ができる選手というのは、演技構成点が高いですよね。

そしてこの日はジェイソン・ブラウン選手にとって、忘れられない試合になりました。というのも公式試合で初めてジェイソン・ブラウン選手は、4回転ジャンプをおりたのです。残念ながら回転不足をとられてしまいましたが、今まで試合でおりたことがなかったので、本人は感激していました。インタビューの様子を見ているだけで、ジェイソン・ブラウン選手の魅力に引き込まれていきます。そういう人って、人間性なのかなと思います。

中国の金博洋選手はショートでは得点源の4回転ジャンプが不調でしたが、フリーでもいまいちきれいに決めることができませんでした。しかしフリーの冒頭の4回転ルッツはきちんと決まり、加点ももらっています。フリー4位で、全体5位という成績でした。

最後に

グランプリシリーズのスケートアメリカ男子シングルは過去12回の内、日本人選手が9回優勝しています。昨年はこのアメリカ大会で宇野昌磨選手は2位だったので、今年は一番高い表彰台に登ることができて良かったですね。

さて来週はグランプリシリーズ第2戦カナダ大会2016ですね。宮原知子選手や羽生結弦選手が登場します。

「フィギュアGPカナダ大会2016日程/テレビ放送/出場選手/結果予想」

以上、フィギュアスケートグランプリシリーズ2016アメリカ大会男子シングルの速報、評価、動画、についてでした。

ショートの結果は
↓ ↓ ↓
「宇野昌磨[動画]フィギュアアメリカ大会2016男子SP結果速報」

女子の結果は
↓ ↓ ↓
「[動画]三原・浅田に海外の反応は?スケートアメリカ女子2016FP結果速報」
「三原舞依 海外の反応は?フィギュアアメリカ大会2016女子SP動画」

テレビ放送日程は
↓ ↓ ↓
「フィギュアGPS2016アメリカ大会日程/テレビ放送/出場選手」

 - スポーツ