ヒストリア・ワーク

読んだらちょっと幸せな気持ちになる

フィギュアGPS2016アメリカ大会日程/テレビ放送/出場選手

      2016/10/23

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2016の初戦、アメリカ大会(スケートアメリカ)がシカゴで10月21日(現地時間)から始まり、いきなり浅田真央選手が試合に出場します。

ジュニアグランプリも熱かったですが、やはりシニアグランプリが始まると、本格的に今年2016年もフィギュアシーズンが始まったなという気がします。

グランプリシリーズ第1戦のアメリカ大会の試合日程スケジュール、出場選手、そしてテレビ放送予定をまとめました。

Sponsored Link

グランプリシリーズ2016アメリカ大会の試合日程

今年のスケートアメリカは、シカゴで開催されます。試合が行われる第4週末は、あいにくの雨のようですが、気温は最低10度最高16〜17度と、とても過ごしやすいですね。あまり暖かいと、本格的なフィギュアシーズンという感じがしませんが。

シカゴはアメリカの中央時間になり、日本との時差は14時間ですから、試合時間は日本では深夜とか早朝ですね。

種目別での試合日程を日本時間でまとめました。

【男子シングル】
ショート: 10月23日(日)午前3時5分〜4時38分 → 結果
フリー: 10月24日(月)午前1時30分〜3時25分 → 結果

【女子シングル】
ショート: 10月22日(土)午前9時5分〜10時38分 → 結果
フリー: 10月23日(日)午前5時30分〜6時51分 → 結果

【ペア】
ショート: 10月22日(土)午前11時5分〜午後12時7分
フリー: 10月23日(日)午前10時40分〜午後12時1分

【アイスダンス】
ショート: 10月23日(日)午前9時〜10時19分
フリー: 10月24日(月)午前3時45分〜5時16分

グランプリシリーズ2016アメリカ大会の出場選手一覧

日本人の出場選手は、

- 村上大輔
- 宇野昌麿
- 浅田真央
- 村上佳奈子
- 三原舞依
- 村元哉中&クリス・リード(アイスダンス)

男女シングルの出場選手一覧をまとめました。

【男子シングル】

  1. ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
  2. Jorik Hendrickx (ベルギー)
  3. ナム・ニューエン(カナダ)
  4. 金 博洋(中国)
  5. 村上大介
  6. 宇野昌麿
  7. デニス・テン(カザフスタン)
  8. マキシム・コフトゥン(ロシア)
  9. セルゲイ・ボロノフ(ロシア)
  10. ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
  11. ティモシー・ドレンスキー(アメリカ)
  12. アダム・リッポン(アメリカ)

【女子シングル】

  1. ガブリエラ・デールマン(カナダ)
  2. Roberta Rodeghero (イタリア)
  3. 浅田真央
  4. 三原舞依
  5. 村上佳奈子
  6. アンジェリーナ・Kuchvalska(ラトビア)
  7. パク・ソヨン(韓国)
  8. ユリア・リプニツカヤ(ロシア)
  9. セラフィマ・サハノヴィッチ(ロシア)
  10. グレイシー・ゴールド(アメリカ)
  11. アシュリー・ワグナー(アメリカ)
  12. アンジェラ・ワング(アメリカ)

テレビ放送

BS朝日とテレビ朝日で、アメリカ大会を放送予定です。

テレビ朝日系列
10月22日(土)夜6時56分~ 女子ショート
10月23日(日)夜6時57分~ 男子ショート、女子フリー
10月24日(月)午前2時55分~ 男子フリー

この放送予定を見ると、男子フリーは第2グループからの生中継かもしれません。10月24日(月)午前2時55分とは、10月23日(日)の深夜2時55分です。お間違えのないように。

みどころと結果予想

女子シングルでの注目出場選手は、やはり浅田真央選手ですよね。

他にもアメリカ大会ということで、現在のアメリカ女子のトップ2、グレイシー・ゴールド選手とアシュリー・ワグナー選手が出場します。10年ぶりにアメリカに世界選手権のメダルをもたらしたワグナー選手。地元の試合ということもあり、一層の期待が寄せられます。

ロシアからはユリア・リプニツカヤ選手が注目ですが、シニアに入って2年め以降は、あまりパッとしませんよね。今シーズンは復活なるでしょうか。そして今年シニアグランプリ初参戦のセラフィマ・サハノヴィッチ選手が出場します。私はこの選手がどこまでシニアでやれるのか、注目したいところです。一番の番狂わせになったりして。

男子シングルではデニス・テンが、どこまで復活できるか注目したいです。ソチオリンピックで銅メダルに輝いて以来、何だかすっかり燃え尽きた感があるデニス・テンですが、今年はピョンチャンオリンピックのプレシーズン。頑張ってもらいたいところです。

私はジェイソン・ブラウンのファンなんですが、新プログラムが楽しみです。観客の心を掴むのが上手な選手ですから、これで高難度のジャンプが決まれば、かなり日本人選手にとって怖い存在になるのでは?

また金博洋選手が一体何回4回転を跳ぶのか、そして今年は表現力を上げてくるのか、気になります。

ともあれ日本人にとって男子シングルでの一番のみどころは、宇野昌麿選手が4回転フリップを決めることができるかどうかです。同じ年の金博洋選手に表現力では負けていませんから、後は4回転ジャンプが勝敗の鍵となるでしょうね。

個人的には村上大介選手を応援しています。昨シーズンはファイナルに進みましたから、2年連続で今シーズンもファイナルへ行けるよう、頑張ってほしいです。

最後に

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016の第1戦アメリカ大会について、試合日程、出場選手、テレビ放送予定、そしてみどころと結果予想をまとめました。

 - スポーツ